更新のお知らせ

ASL-SK#3の和訳が公開されました。
これでついにSKルールの翻訳が完成ですね。
きょうも6ゾロ様をはじめとして、この偉業にたずさわってこられた方々に、深く感謝を申し上げます。
どうもありがとうございました。大切に使わせていただきます。

A Grove of ASLで2008年度SKトーナメントは、ふるきゅさんが優勝なさいました。
おめでとうございました。
熱戦のログの公開を楽しみにしています。

****

12月31日 : 12月20日に「08年12月20日 千葉会 参加報告」を登録しました。

12月08日 : 12月08日に「08年12月07日 ちはら会 参加報告」を登録しました。
11月29日 : 11月29日に「ふたたび 買っただけ〜」を登録しました。
11月16日 : 11月16日に「08年11月16日 千葉会 参加報告」を登録しました。
10月20日 : 10月18日に「08年10月18日 千葉会 参加報告」を登録しました。
09月22日 : 09月22日に「買っただけ〜」を登録しました。
09月15日 : 09月15日に「名作を入手しました / The Russian Campaign (AH)」を登録しました。
07月25日 : 07月25日に「ほかのホビーに考える」を登録しました。
06月02日 : 06月02日に「最近のお気に入り / GJ#04 激マン」を登録しました。
05月11日 : 05月11日に「とりあえず動かせ / CMJ79 「成吉思征西記」」を登録しました。
04月29日 : 04月29日に「グルメなあなたに?」を登録しました。
03月22日 : 03月22日に「あしたは3月の小猿遊会です」を登録しました。
03月15日 : 03月15日に「続いてドン! / いっぱい買った」を登録しました。
03月11日 : 03月11日に「2008年の一発目 / 「失われた勝利」(サンセットゲームズ)」を登録しました。
02月24日 : 02月24日に「08年02月24日 小猿遊会」を登録しました。
02月23日 : 02月23日に「あしたは2月の小猿遊会です」を登録しました。
02月20日 : ルセロさんのサイト「まぁ、なんとかなるでしょう」をリンクに追加しました。
02月16日 : 02月16日に「もうすぐ小猿遊会だぜ」を登録しました。
01月22日 : 01月19日に「08年01月19日 千葉会 / ベルリン市街戦」を登録しました。
01月20日 : 01月19日に「08年01月19日 千葉会」を登録しました。
01月20日 : 01月19日に「AAR S6 Released from the East / 1月19日千葉会」を登録しました。
01月13日 : 01月13日に「赤軍記者グロースマン」を登録しました。
01月12日 : 01月12日に「08年01月12日 ちはら会 カラオケオフ会」を登録しました。


このBlogへのご意見・ご指摘などありましたら、ぜひ掲示板に、ぜひご自由に書き込みをお願いします。
入り口はこちらです。
または、uop2004jp@ yahoo.co.jpまでメールをお送りください。
またリンクの際は、ご面倒でも事前にご一報ください。

08年12月20日 千葉会 参加報告

12月の千葉会に参加して来ましたのでご報告いたします。
全体のプレイの様子は、千葉会ブログをご覧ください。



この日は、ルセロさんが胸を貸して下さったので、先日のちはら会で内容がよくなかったSK4 / Welcome Backを、改めて独軍側でプレイしました。

ルセロ米軍の初期配置は総戦力8個分隊のうち、左右両翼を厚く配置しますが、中央部にはわずかな分隊がいるだけです。 こちらは15個分隊相当の兵力がありますし、勝利条件はマップを横に突破するだけ。
この薄い中央部を蹴散らしてしまえば、ゴールまではまさにひとっ走りじゃありませんか。

そんな甘い考えをルセロさんが許してくれるはずはない、とわかっちゃいます。
わかっちゃあいますが、このマップの横幅の、わずか10ヘクスという長さが、「ひょっとしたら」という気にさせるのです。

(10ヘクスを「わずか」と感じるようでは、寸土を争う戦いを描いたASLの本質をまったく理解していませんね。我ながら、情けないです。)

よし、進め。
勝利に向かって走れ!

しかし、ASLに「そんなバカな!」はありますが、「ひょっとしたら」はありません。
ましてや、実力の違いすぎる対戦です。

さらに悪いことに独軍は、第1ターンは「走り」に徹することをせず、ヘンな色気を出して米軍に一撃与えることを考えてしまいます。
しかし中途半端な火力で、有効射をさっぱり与えられません。
両翼部隊の足止めに出した分隊も、米軍の巧みな防御射撃で、逆にこちらの足が止まります。

その裏の米軍は両翼を一部下げて、中央部を挟み込むように機銃を配置し、ここを走る独軍をガントレットで迎える形になります。
こうなったらもう、どうにもなりません。あとはルセロ米軍の思うがまま。
優秀な10-2指揮官とスタックした機銃がにらみをきかせ、それを避けると他の部隊から鮮やかな射線で射すくめられてしまい、独軍は損害を重ねていきます。

最終ターンに盤端めざして突破を図りますが、1個分隊がDMを受けた時点でVPが足りないことが確定し、だめだめ独軍の敗北で終了しました。

プレイ後にルセロさんに聞いたところ、独軍が中央部を主攻としたことはもちろん想定済みだったようです。
ただ、なぜそういう配置になったのか、そして独軍はどう攻めるべきだったのか、を丁寧にレクチャーいただいて、大変に勉強になりました。



続いて「じゃ今度は、独軍の攻めを受けてみてください。」というルセロさんのお誘いで、攻守交替してのプレイ。

いつも思うのは、守備側の初期配置にあたって、上級者は懐の深い防衛線を敷くのですが、自分のラインは横一線です。
バックアップ、予備、縦深配置という言葉は知っていても、いざ守る段になると、盤端をすべて射線に収めようとしますので、どうしてもこうなってしまいます。
よい防衛ラインを敷くには、「ゲーム全体の展開を組み立てる」という視点がベースになるので、一長一短に改善できるものではありませんが、経験を積んでいきたいと思います。

プレイのほうは、ルセロ独軍が手練の攻めで寄せ上がります。
米軍はじりじりと下げられながら、「なるほど、独軍はこう攻めるのか」と感心しているばかり。
I2-J1-K2の建物群の守り方をだめだめ米軍が誤ったところで、タイムアップとなりました。

このまま続けていても勝ち目は完全にゼロでしたが、一年最後の対戦はいい経験になりました。



この日はYagi師匠の研究誌「Club千葉」の第8・9号も入手しました。

第8号は「激闘!マンシュタイン軍集団」(GJ)の完全リプレイ記録。
相変わらず写真が豊富ですし、プレイしたYagi師匠とMMさんのそれぞれの視点からの考え方・コメントが入っていますので、一味違うリプレイになっていると思います。

第9号は「Turning the Tables」・「Drive on Stalingrad」・「Shifting Sands」の作戦研究です。
メインは「Shifting Sands」ですが、「Turning the Tables」は巷で不利と言われている赤軍側の作戦研究を、また「Drive on Stalingrad」は「Club千葉」第7号の作戦研究の補足が掲載されています。

これらは冬コミ用に製作されたものですが、まだ残部が若干あるようです。
もし入手を希望される方がいらしたら、千葉会ブログ千葉会掲示板(各級指揮官殿へ)に書き込んでみてください。(無責任ですみません。)




プレイの後は、おまちかねの忘年会に参加。

去年の忘年会に参加したのは、ついこの間だとばかり思っていたのに、一年が経つのは早いものです。
特に今年は中盤までほとんど例会に参加できませんでしたので、そのせいもあるんでしょうね。

お酒の席では、例会中の会話とはまた違った話が聞けるので、楽しいだけでなく、いろいろと参考になります。
と言っても、聞いた事の半分も覚えていないんだろうなぁと思うと、非常にもったいない気がするのは小生だけでしょうか。
かといって、何かで録音して後で聞いても、それはそれで興醒めですし、悩ましいところです。

結局は二次会まで行って、ご機嫌で帰宅しました。



今年は仕事や家族の事情で、プレイ数が非常に少なかったのが、たいへんに残念でした。

それでもASLでは良質のテキストを見つけて、なんとなく開眼しつつある気がしています。
これを読み込んだら、来年はもう少しは上達するのではないか、と考えています。

またプレイ数とはうらはらに、今年は例会で、そしてネット上で、多くの方とお知り合いになることができました。
おひとりおひとりに、心からお礼申し上げます。

来年はASLにもっと注力すると同時に、他の東部戦線モノも点数を絞ってやり込んでみたいのですが、あまり欲張らずにやって行きたいと思います。



本年の活動はこれで終了いたしますが多くの先輩方にご指導をいただきありがとうございました
皆様にとって新しい年が公私共に一層充実したものでありますことを心よりお祈り申し上げます
2009年も変わらぬお付き合いを賜りますよう謹んでお願い申し上げます

08年12月07日 ちはら会 参加報告

ひさしぶりにちはら会へ。
いつもなら1時間かかる道のりですが、家を出た時間がよかったのか、40分程度で会場へ着きました。



他の参加者がプレイ中のゲームをのぞいたり、OMEGA7さんが作った「Operation Compass」を拝見したりと、まったりと過ごした後で、まずはvon_RotensteinさんとASL-SK S4 / Welcome Backをプレイです。

うおP独軍は、左翼からの攻勢を計画し、ほぼ半数の分隊を林道に迂回させます。
しかし米軍が手早くFT 2丁を展開して、林の出口でにらみ合いに。

まだ開始直後ですので、じっくり攻める余裕があったのですが、なぜか慌てた独軍は助攻の部隊を次々に開豁地に晒してしまいます。
牙をむいて襲いかかる米軍の高火力に、ばたばたと倒れる独軍部隊。
はじまってわずか2ターン目で、様子を見にきたYagi師匠が「独軍?ありゃ・・・」と絶句してしまうほどの敗勢になってしまいました。

こういう時は、こちらの射撃は当たりませんし、ようやく当たっても、米軍は見事なLow Rollで受け流すばかり。
あとは、独軍があがけばあがくほど悪手・見落としの連発です。

勝利条件は10 VPの盤外退出なので、独軍は最終ターンに「逃げ込み」狙いで分隊を次々と走らせましたが、米軍の厚い弾幕で遮られてしまいます。
5つ目の分隊がFTの(文字通り)「火力」で除去された時点で、独軍のVPが足りないことが確定し、敗北となりました。

残りターンを頭に入れて、盤面全体で協調を保った攻撃を行うことが不可欠なのですが、今回はちぐはぐになったところを、米軍の火力でねじふせられてしまいました。
こういうプレイをしているようでは、まだまだだめですね。
3時間半の熱戦でした。



続いて、Gomaさんがお持ちになった「Waterloo 20」(Victory Point)を、基本ルールだけを使ってお試しプレイ。

ルールは平易ですし、移動・攻撃に及ぼす地形の影響も簡潔ですので、「どう動いて、どれと戦闘するか」を直感的(?)に考えることができます。
小生ははじめてのナポレオニックだったのですが、当然のことながらASL-SKとは「頭の遣う部分」が違いますので、非常に新鮮でした。
本当はダミーユニットなども使うようですが、これだけでも充分に楽しかったです。
2戦(?)プレイして、最初は2ターン目(10分)で士気崩壊のサドンデス、2回目は1時間ほどのプレイで、やはり同じサドンデスでした。



きょうはデジカメを忘れたので、写真はありません。
ごめんなさい。



この日は全部で15名ほどの参加だったでしょうか。
本家「千葉会」に並ぶほどの盛況ぶりでした。
他の方の対戦や、全体の雰囲気などは、ちはら会HPでの報告をご覧下さい。

今年のちはら会はこれでお終い。
ありゃまー、みなさんに「よいお歳を!」ってご挨拶するのを忘れちゃいました・・・


Recent Comments
  • ライブドアブログ