傳寶慶子建築研究所Blog

設計事務所としての仕事や趣味の話など
          気ままに綴ったブログです

先日、親戚の結婚式があり、東京へ行ってきました。せっかくの機会なので、美術館巡り♪目黒にある『東京都庭園美術館』ここは、旧皇族、朝香宮の邸宅として、昭和8年に建てられたアール・デコ様式の建物。展示物もさることながら、建物自体がスゴイ!!「幻の建築」「アール…
>>続きを読む

京の2世帯住宅。外廻りの仕上げに結構、手間ヒマかかっています。1階部分の軒裏は、すべて杉板張りとしたのですが、場所場所に応じて材料や納め方を変えています。こちらは、子世帯の玄関ポーチ。子世帯側は面積が広いため、材料の選定によって、値段が大きく上下します。
>>続きを読む

京の2世帯住宅-新築工事。8月の終わりに上棟してから、台風直撃、毎日のように雨・・・ということもあり外回りの工事が思うように進まず、少しスローペース気味です。といっても、先日、無事に中間検査(金物検査)に合格し、屋根工事も始まりました。板金屋のおっちゃん
>>続きを読む

最近、図面&現場通いへと大忙しの毎日です。たつの市での大型リフォーム案件は、9月半ばあたりから解体が始まり、現在、新しく床を組んでいっている段階です。メインのLDKからは、庭が一望でき、明るく広々とした空間となる予定。それにしても、立派なお庭です。解体前も、
>>続きを読む

先日、お客さまと神戸にあるショールームへ行き、その帰りに『組子』の展示をしているお店へと足を運びました。『組子』とは、日本の木工技術の1つで、薄く挽き割られた木片を、釘を使わずに1枚1枚組んでいくという手法。こんな小さな大量にある木のピースを、1枚1枚丁
>>続きを読む

建築・インテリアデザインの記事を掲載している「homify」サイトに『無垢材の魅力と注意点』というタイトルで、当事務所の作品が掲載されました。https://www.homify.jp/ideabooks/5812272/無垢材の魅力と注意点築30年の戸建て住宅を、スケルトン状態から全面リノベーション
>>続きを読む

最近事務所に引きこもり、ひたすら図面を描いています。この図面作成中に、どういう音楽を聴くか?というのが昔から私のテーマとなっており、時期によってマイブームが訪れます。仕事中なので、歌謡曲・ラジオなど、声や歌の入ったものは集中力が途切れてしまうため、もっぱ
>>続きを読む

昨日、8月27日大安の日。京の2世帯住宅、無事に上棟しました。祝 本当におめでとうございます。夕方から現場に行っていたのですが、気温なんと38℃!何もせず、日影で立っているだけでも、汗がとまりませんでした。大工さんは本当に大変だったと思います。京都といえ
>>続きを読む

先日、京都のお客さまに、外壁の色味を確認してもらうため当事務所が過去に建てたお家を、見ていただきました。黒い格子が特徴的な『野間の家』(竣工後3年)和風のお家『日野の家』(竣工後7年)同じ色の外壁なのですが、木部の色が違うだけで、随分と印象が変わります。ま
>>続きを読む

兵庫県たつの市で、リフォームの設計・監理をさせていただくこととなり、昨日、無事に設計監理契約をさせていただきました。リフォームといっても、高級な新築住宅1軒が建つぐらいの大掛かりな工事内容です。思った以上にトントン拍子に話が進み、デザイン・色・素材等の選
>>続きを読む

昨日、プレカット(構造材の加工)担当の方から化粧柱に割れが出てきたという、衝撃的な連絡を受けました。キャーー写真では、そこまで大きな割れは見えないのですが、実際見ると結構目立つらしく、今後さらに割れが広がっていく可能性があるのでは、という見解でした。拡大
>>続きを読む