クロニクルデッキも発売前ですが早速改造例から。「天門ゼニス」です。




img





4 x 星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート
4 x 真実の名 タイガー・レジェンド
4 x 「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト
4 x ヘブンズ・ゲート
4 x 「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード
4 x トライガード・チャージャー
4 x エンジェル・フェザー
3 x 創世と終焉のゼニスパーク
3 x 極頂秘伝ゼニス・シンフォニー
3 x 懐疑の虎狼 ミラーズホロウ/「汝は偽名なりや?」
2 x グローリー・スノー
1 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン


デッキ収録の新カードを中心にチューンした「天門ゼニス」です。
ヘブンズ・ゲートからの2面展開ののちゼニスシンフォニーからシュート、相手の打点を超えるシールド及びブロッカーでの多打点盤面の生成を目指します。


フィニッシュはアルファリオンやラフルルによらず、ゼニスシンフォニーで踏み倒されたセーブロードのcipによるコンシードプランを想定しています。
メタカードはなるべく終焉で弾きつつ立ち回れるとよいでしょう。


従来のドラグナー系白単天門より手札要求が厳しく、セーブロードがそれぞれ引けなければゲーム展開が苦しくなるため3コストのドローソースは7枚を投入しました。8枚でないのは今回の構成では「汝~」の2ドローを望むには苦しく、終盤では創世の置きドローで事足りるケースも少なくなかったためです。
それに合わせ、3コストドローソースと相性の悪いクルスタは放棄しトライガード・チャージャー(+グローリー・スノー)に切り替えています。
また同時に、白単天門で採用されることも多かったホーリー+ジェイルハウスロックもそれぞれドローソースから手札に加えることができないため、これらの受けカードの代用としてゼニスパークを採用しました。マスタースパークに追加効果としてフリーズが付属したようなカードで、盤面勝負でのコンシードプランの後押しを期待しています。


ゼニスを手札でキープする都合上、マナチャージがタイトになる傾向がみられたためアケルナル、ヘブンズゲート、タイガーレジェンドはすべて各4枚ずつの採用です。
アケルナルとタイガーレジェンドはそれぞれプレイヤーに攻撃できるブロッカーでもありながらゼニスの頭数合わせにも使用できる利便性の高いカードで、デッキ全体のバリューを引き上げています。


ダイアモンドエイヴンはヘブンズゲートからゼニスと同時に出すことでゼニスシンフォニーを即座にプレイできる点を買っての採用です。ただこのリストでは攻撃制限の付属したブロッカーはほかに採用されておらず、光のコマンドではありますがシナジーの噛み合いも薄いことから今回は1枚の採用にとどまっています。







以後の改造ポイント
4・5コスト帯を埋めるカードがすくなく、とくに5のムーブは怪しいことから、5コストのカードまたは3とくっつきでプレイできる2コストのカードを投入するとよりよいでしょう。
求められるおもな条件はドローカードにかかるコマンドまたは呪文(コマンドはアンノウンだとなおよし)、コンセプトの方向としてブロッカー・ドローソースであることで、なかでも神門の精霊 エールフリートは条件に合致する中でもっともパワーのあるカードでしょう。十分に採用が検討できます。



出典:
以上のリストに搭載されたカード群は2018/07/27発売の「双極篇フルコンプリートBOOK」にて確認できます。皆様、ぜひ。