皆さまこんにちは
初めましての方は初めまして 徐放と申します。

今回は「超CSⅢ in 山形」で自分が使用し、ベスト128となったデッキ、
【オーロラパラスキング 】について解説させていただきます。

(Twitter上でリストはアップさせていただいたのですが、リストを見ただけでは動きが伝わりづらいデッキですので、併せて本記事も読んでいただけますと理解しやすいかと思います。)


デッキレシピ

オーロラパラスリスト
『オーロラパラスキング』
4 x トレジャー・マップ
4 x 幻緑の双月/母なる星域
4 x 再生妖精スズラン
4 x 雪精 ジャーベル
4 x ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ
4 x 龍覇少女隊ハラグロX
4 x 革命類侵略目 パラスキング
3 x バロン・ゴーヤマ
2 x 侵革目 パラスラプト
1 x アラゴト・ムスビ
1 x クリクリ・イガラーズ
1 x 掘師の銀
1 x 霊騎ラグマール
1 x 陰陽の舞
1 x 逆転のオーロラ
1 x 無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース

1 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
2 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
4 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ


逆転のオーロラと母なる星域でパラスキングの革命2を発動、ハラグロXやバロンゴーヤマを駆使して、4軽減以上で成立するアラゴトムスビ+ラグマール系のブーストループを起動します(ジャックループと異なり、アンタップマナの総数は増えません)。
ブーストループによりマナゾーンにパーツを揃えたあとは、ジュダイナやボアロ効果でパラスラプトをプレイ、その効果でマナからユニバースを召喚し、EXwinとなります。

従来の緑単ループと異なり、軽減やパゴスの事前設置を必要とせず、4〜5ターン目にはソリティアが成立します。
そのため、自分よりキルターンが遅いデッキに対して滅法強く、何もさせないまま勝利することが可能です。



採用カード解説

特筆すべきものについてのみ書いていきます。

《4 x 再生妖精スズラン》

初動。オーロラプレイ後にはマナから召喚して星域の種にすることができます。
同様の役割を持てるカードとしてタルタホルやステップルも考えましたが、どちらも場持ちに不安が残ることから、スズランがベストと判断しました。



《4 x 雪精 ジャーベル》

パーツを探しに行くカードであり、星域の種その2です。
この枠は種族選別も候補でしたが、星域の種になること、パラスキングの革命2発動中に1コストでループパーツを探しにいけることを重く見てジャーベルを選択しました。



《4 x ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》
《1 x 逆転のオーロラ》

革命2を能動的に発動させる、本デッキのキーパーツです。
非ツインパクトのオーロラまで採用しているのは、3t目にズーネヨマ設置→4t目にオーロラプレイで10マナ加速する動きの再現性を高めるためです。10マナブーストが成立すれば、ハンド0であっても同一ターンにソリティアに入れる動きが存在するため、この動きは勝利に直結します(小技解説の欄で後述)。しかし、非ツインパクトのオーロラは各種サーチで拾うことができず、スロットを多く割いたとしても引く確率の上昇率が鈍いことから、1枚まで抑えています。

また、オーロラを使う際には、「盾を何枚までマナに置いてもターンが帰ってくるか」を考えながら使いましょう。
このデッキでは、アンタップマナが多ければ多いほど、安定してソリティアまで繋げられます。そのため、相手の次の動きを見極め、負けないギリギリのラインまでオーロラでブーストするのがこのデッキのコツです



《4 x 龍覇少女隊ハラグロX》

ループに入るためのカード①
5軽減下でマナから1コストで召喚し、ボアロアックスからバロンやラグマ系をプレイすることで、ハンドに頼らずループを始動することができます。
さらに、ジュダイナを装備できることも重要であり、パラスラプトをマナから召喚できるようになるため、ボアロをすでに場のハラグロが装備してしまっている時でも、ジュダイナ→パラスラプトの動きから各種パーツをマナから召喚することが可能になります。
また、先述したように本デッキのブーストループはアンタップマナを増やせないことから、ユニバースの進化元を10体並べる際もマナにはそこまで余裕がありません。そのため、ハラグロからグリーネをプレイすることで実質0マナで頭数を増やす動きも重要になってきます。
オーロラプレイ後にマナに1枚は見えて欲しいカードであり、マナに落ちた分だけ動きの幅が広がるカードなので、最大枚数採用しています。

余談ですが、超CS決勝トーナメント出場者のデッキタイプを確認したところ、ハラグロXという分類になってました。ボアロパゴス建設してそう。



《3 x バロン・ゴーヤマ》

ループに入るためのカード②
主にハラグロボアロからプレイし、アラゴトなど各種パーツをサーチしていきます。
ちなみにハラグロからバロンを出した時点で、マナにラグマ系列が1枚あった場合、以下の手順でブーストループが成立します。
  1.  《ハラグロ》→《ボアロ》→《バロン》。
  2.  《バロン》→《アラゴト》サーチ、そのままプレイ。
  3.  《アラゴト》で《ハラグロ》をバウンス。
  4.  《ハラグロ》を再召喚、《ハラグロ》→《ボアロ》→《ラグマ系》、《アラゴト》をマナへ。
  5.  自身の能力で《アラゴト》をマナ爆誕、《ラグマ系》をバウンス。
また、バロンの効果でマナから墓地に置いたカードは、パラスラプトの効果でアンタップマナとなるため、ソリティア中にアンタップマナを増やす役割も兼ねています。
革命2発動中は強力なカードなのですが、発動前にほぼプレイしないカードであること、サーチカードで引き込みやすいことを考え、3枚としています。



《2 x 侵革目 パラスラプト》

ループに入るためのカード③であり、フィニッシュにつなげるカード。
ツインパクト呪文やバロン効果で墓地に落としたカードをマナに置くことで、アンタップマナを複数枚生成できます。
盾が2枚以下の時に発動するマナ召喚能力も重要であり、フィニッシュ時にはこの能力によりユニバース自身をマナから召喚します。
アンタップマナが残り1枚の状態でブーストループを行うと、ユニバースが落ちてループが止まってしまうことがありますが、先にパラスラプトをプレイすることでそういった事態も回避できます。

また、パラスラプトをプレイする際は極力ボアロ効果を使わず、ジュダイナの効果でプレイしましょう。
ボアロアックスを温存しておかないと、ループに入る前にマナからクリーチャーを出す効果が足りなくなる場合があります。(マナにハラグロ2枚、バロン、パラスラプトがあり、2マナ以上自然アンタップマナがあった場合など)



《1 x 陰陽の舞》

0コストで出せる星域の種。
盤面に何も無い状態であっても、オーロラスズランヒッポで星域につなげられます。
また、0コストでマナを墓地に送ることもできるため、パラスラプトと組み合わせることでアンタップマナを1つ増やすことが可能です。



《1 x 無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》

フィニッシュカード。
事前に光マナをタップしてしまっていても星域から出せること、単体で完結すること。この2点を考えると、このカード以外の選択肢はないと思います。



《2 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ》

主にパラスラプトをマナから召喚するために使います。
パーツが足りずにループまでたどり着けなかった時でも、パラスキング+パラスラプト+@でザウルピオに龍解させて1tしのぐことがたまにあります。



《4 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》

5軽減下のハラグロから出すことで、0マナでユニバースの進化元を増やせます。
圧倒的な超次元ブラフ臭を放ちますが、ちゃんと使います。



小技解説

デッキを回す際の小技を紹介します。(後から追記していきます)

・ハンド0からパラスキング 
オーロラをプレイして一度ターンを返した場合や、ズーネヨマオーロラを決めた場合など、大量のアンタップマナがある場面で使います。

前提条件
11マナ以上かつアンタップマナが最低9マナ、マナに《ハラグロ》、《バロン》があり、《クリクリ》or《パラスキンング》or《星域》のうち2種が揃っていること
  1. 《ハラグロ》→《ボアロ》→《バロン》
  2. 《バロン》で3種のうち揃っていないパーツをマナに置き、《クリクリ》を場に
  3. 《クリクリ》で《星域》を回収
  4. 《星域》で《ハラグロ》をマナに送り、パラスキングを場に


・初動として使った
幻緑の双月が場に残っていれば、アラゴトをマナ爆誕させて双月をバウンス、そのまま星域として使うことができます。


主要対面解説

筆者の体感になりますので、参考程度にお読みください。

vs デッドダムド
先手後手で大きく有利不利が変わります。
先手ならオーロラで盾を4枚マナに置きつつ、ラグマ系で盤面を消すことでほぼ確実に1tもらえるため、返しでループに入って勝ちです。
逆に後手を取ってしまうと、ダムドからのリバイヴリュウセイ、シャッフ5宣言などが間に合ってしまうため、かなり分の悪い勝負となります。


vs 青魔道具
こちらの方がキルターンが早いため、基本的には有利です。
先手をとった場合、4tオーロラで5枚ともマナに送り、一度ターンを返して次のターンにソリティアを開始するプランも視野に入れておきましょう。


vs ロマノフワンショット
こちらも基本的には有利ですが、ドゴンギヨスがあることを頭の片隅に入れておきましょう(1敗)。
この対面も先手を取れた場合、オーロラで4〜5枚マナに送ってから、一度ターンを返すことが可能です。



vs 赤白サンマックス、ミッツァイルジョーカーズ
完全に不利です。
先手をとってズーネヨマ→オーロラからソリティアに入る以外ほぼ勝ち筋がありません。


vs モルトNEXT
キルターンがほぼ同じであるため、じゃんけんゲーです。
相手のネクストが早いか、こちらのソリティアが早いかの勝負になります。
ユニバースまでたどり着けなくとも、盾0の状態でザウルピオに龍解できればほぼ勝ちになります。


終わりに

超CSという大型大会で、自作デッキで結果を残せたことが素直に嬉しいです。
構築についてアドバイスをくださったルビスコさん、ジョ・レさんに、この場を借りて改めて感謝の意を表したいと思います。