マホロバです。もうすぐ店舗予選がスタートする2ブロック構築。
今回は活躍が予想されるアーキタイプ・そのサンプルリストをお届けします。
dmrp05-0001


前回
http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/2block2.html








サンプルデッキレシピ


ジョーカーズ

dmrp05-0001
4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
4 x ヤッタレマン
4 x パーリ騎士
4 x ガヨウ神
4 x ジョット・ガン・ジョラゴン
4 x キング・ザ・スロットン7/7777777
4 x アイアン・マンハッタン
3 x ポクチンちん
3 x サイコロプス
3 x ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート
1 x バイナラドア
1 x ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
1 x 波乗りザブンプル
殿堂環境と構築方針はほぼ同一のジョーカーズです。
メタカードの優位は健在で、デ・スザークに対してはサイコロプス+ポクチンちん、ミラー等に対しては波乗りザブンプルとそれぞれ回答を持てるのが特長です。
最終的にジョット・ガン・ジョラゴンからアイアン・マンハッタンをシュートしワンショットを目指します。また、複数体のジョラゴンを擁立できればジョラゴンビッグ1を適当な回数ストックさせた上で7777777を続く限りプレイできる半ループも可能で、確実なフィニッシュパターンも持ち合わせます。メタゲームの中心となるのは間違いないでしょう。
調整カード:サンダイオー





トリガービート

card100063147_1
4 x 煌龍 サッヴァーク
4 x サッヴァーク ~正義ノ裁キ~
3 x 天ニ煌メク龍終ノ裁キ
2 x ルクショップ・チェサイズ
3 x プロテクション・サークル
4 x 次元波導魔法 HAL
3 x あたりポンの助
2 x ポクチンちん
3 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x ドラゴンズ・サイン
4 x 唸る鉄腕 ギリガザミ
概要:煌龍サッヴァークを中心としたクリーチャーコントロールデッキです。ドラゴンズ・サイン4+サッヴァーク4+3のパッケージのほかトリガーを大量に投入することでアグロに対するガードを大きく上げています。
勝ち筋はサッヴァークでの盤面制圧・コンシードのみで、ループデッキ等ローグデッキへの相性はよいとは言えません。しかし、現状最大手ジョーカーズに対してマッチ相性のよいアーキタイプがほかに存在しないため、相対的な立ち位置はよいといえるでしょう。





轟轟轟ブランド

unnamed (6)
4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
4 x グレイト ”S-駆”
4 x ホップ・チュリス
4 x ミサイル”J-飛”
4 x ニクジール・ブッシャー
4 x ”轟轟轟”ブランド
4 x スチーム・ハエタタキ
4 x ”罰怒”ブランド
4 x 爆殺!! 覇悪怒楽苦
4 x サイコロプス
殿堂構築の赤単轟轟轟ブランドを基盤としたアーキタイプです。
殿堂構築より主力であったドリル・スコールや螺旋兵ポロックなど優秀な低コストカードを欠いているため、代替として残枠にメタカード及びカウンター用のトリガーを詰め込んだ形が多くみられます。
まれに赤白でも構築されますが、その場合は白単ウィニーに近い構築になります。


グスタフループ


card100059376_1
4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x サイバー・チューン
4 x 戒王の封
4 x 阿修羅サソリムカデ
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x グスタフ・アルブサール
4 x ボーンおどり・チャージャー
4 x 無法地帯 マクラーゲン/無法警報PSY
3 x 集器医 ランプ
3 x 堕魔 ドゥポイズ
2 x 水上第九院 シャコガイル
殿堂環境のグスタフループを基盤としたループデッキです。
青黒のカラーで構築され、グスタフ・アルブサール、阿修羅サソリムカデをループさせた上で山札を掘り進み最終的にはクロック+シャコガイル、またはカルナック+シャコガイルでのEXWINを狙うデッキとなっています。
コンボパーツが見えないゲームであってもサブプランとしてクロック+阿修羅サソリムカデのパッケージによる打点形成が可能で、キーカードへの依存性が低いことも特長です。

参考解説記事
(http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/Gustavloops2block.html)
(https://dig.cards/columns/dm2017rqftk/dm2017rqftkdecktech2)







・・・・・・・・・・
今回は4アーキタイプ。これらに次いでデスザーク、クラッシュヘッド、九十九語、赤ジョーカーズ、ハンデス、I am、SPK、コンボシャコガイル等が続くはずです。
個人的にはメタゲームの中心はジョーカーズ、カウンターとしてトリガービート、またトリガーに勝つデッキとしてコンボ系がある……といった風に不自由な3すくみ構造になると考えていますが、果たして。



今さらですがメタゲーム・レポートはお休みです。
dmvaultのブロック構築の集計も「黒木氏」さんがやってます。
https://twitter.com/hashtag/2%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E6%A7%8B%E7%AF%89%20%40dm_vault?s=09

CSは公式の「コバ」さんががんばってアーキタイプ紹介までやってます。
https://twitter.com/search?q=%40kyubu16to1%202%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF&s=09

2ブロック構築メタゲームアナライズ も「シルク」さん/デネブログのリストで十分な気がしてます。
http://deneblog.jp/blog-entry-8547.html

ただ、こうやって逐一データが更新されると見返すときに過去の資料がなくなったりしているかもしれませんし、またSNS上での発表だとデータが散逸するおそれもあって、こういうWebページ上でのテキストも大事なのかもしれません。すこし考えます。