マホロバです。今回は、いわゆる「悠久チェンジ」デッキ。





今回の主役はこれ!
[蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド]!
images (22)

蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド ( ソウシンリュウ チェンジザワールド )
クリーチャー / 水 / コスト7 / ポセイディア・ドラゴン / パワー6000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札の枚数を数えてからすべて捨てる。その後、自分のシールドをすべて手札に加える。(ただし、その「S・トリガー」能力は使えない)その後、こうして捨てた手札1枚につき、自分の山札から1枚ずつ、裏向きのままシールドに加える。
■W・ブレイカー 
複雑なテキストですが、ざっくり変換すると自分の手札の枚数分シールドが加わり元のシールドが手札に加わるというもの。
シールドが大量に増えるとあって超強力なクリーチャーでしたが、いかんせん山札の消費が激しく、単体での活用は難しいとされていました。



……そこでこちらの[悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス]。
images (25)

 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス ( ユウキュウヲスベルモノ フォーエバープリンセス )
クリーチャー / 火/自然 / コスト8 / レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン / パワー8000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■W・ブレイカー
■相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主のマナゾーンに置く。
■このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれる時、かわりにこのクリーチャーと自分の墓地を山札に加えてシャッフルする。
「どこからでも」墓地に置いた時に墓地と山札をリセットできるドラゴン。類似のカードとは異なり場所の制約がないためコンボパーツを踏み倒したり手札に持ってくる手間が省けることが評価点です。
お陰様で懸念とされていた山札の心配はなくなり、思う存分試合を引き伸ばせるようになりました。やったね。



デッキレシピはこちら。
(ハッシュ:9caf6983e8cf7fdad36a698ecc5165b0)
4 x 電脳鎧冑アナリス
4 x パクリオ
4 x Dの博才 サイバーダイス・ベガス
4 x フェアリー・シャワー
4 x 英雄奥義 スパイラル・ハリケーン
4 x 超次元ガロウズ・ホール
3 x 蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド
3 x 青寂の精霊龍 カーネル
2 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
2 x ボーイズ・トゥ・メン
2 x 百族の長 プチョヘンザ
2 x 怒流牙 サイゾウミスト
1 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
1 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ




何枚かカードを紹介します。
英雄奥義 スパイラル・ハリケーン
images (24)

英雄奥義 スパイラル・ハリケーン ( エイユウオウギ スパイラルハリケーン )
呪文 / 水 / コスト4
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
■マナ武装7:自分のマナゾーンに水のカードが7枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。
デッキのもうひとつの核となるカードです。
とくにマナ武装7の効果が強力で、相手の展開された盤面をこれ一枚で取り返すことができます。
このカードを採りたいがために[Dの博才 サイバーダイス・ベガス][英雄奥義 スパイラル・ハリケーン]と合わせた青単パッケージを採用しているといっても過言ではありません。
これがないとカラー的にも盤面全体に干渉しづらいので4枚必須。


怒流牙 サイゾウミスト
images (26)

怒流牙 サイゾウミスト ( ドルゲ サイゾウミスト )
クリーチャー / 光/水/自然 / コスト7 / ジャイアント/シノビ / パワー7000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■ニンジャ・ストライク7
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。次の自分のターンのはじめに、自分のシールドを1つ、マナゾーンに置く。
怒流牙デッキからのニューカマー、サイゾウミスト。山札切れのケアから盾追加まで痒いところに手が届く忍の鑑。このサンプルデッキでは2枚に抑えていますが、メタゲームや構築次第で増量が検討できます。


パクリオ
images (27)

パクリオ
クリーチャー / 水 / コスト4 / サイバーロード / パワー1000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見る。その中から1枚選び、裏向きにして相手のシールドに加えてもよい。
言わずと知れた名役者。メインデッキ中唯一相手のバトルゾーン以外のゾーンに触れるカードです。このカードを何枚プレイできるかがロングゲームを狙う相手との勝敗を分けます。落とされる前に積極的にプレイをしていきましょう。




デッキの勝ち筋:
おおむね勝ち筋は2つ。
・プチョヘンザでビートダウン、または場に残ったチェンジザワールド&パクリオでワンショット
・プチョヘンザでロックをかけた上で、ヴォルグ・サンダーで山札を無くす
相手の速度や山札の減り具合をみて使い分けましょう。



今回は比較的プレーンなタイプを紹介しましたが、
非公式大会・CSでは「サスケバイケン」ギミックを導入した型、[チェンジザワールド]を減らして[ジョリーザジョニーJoe]を採用、ビッグマナ的戦略をとる型や、
はたまたそれに変わって[スパイラルハリケーン]パッケージのみを抽出して先鋭化した、デュエランドを採用した型も入賞しているようです。

あなたもベストな形を探ってみてはいかがでしょうか。