お久しぶりです、りんねです。
新弾ゴールデンベスト発売から数日、少しずつカードの研究が進んできていますね。
と、いうわけで今回使っていくカードは新弾から、こちら
《暗黒邪眼皇ロマノフ・シーザー》+《無双と竜機の伝説》

《無双と竜機の伝説》は後で触れます。
まずは《暗黒邪眼皇ロマノフ・シーザー》から。
元となったグレイテスト・シーザーとの主な相違は、
・進化条件
・アタックトリガーがメテオバーンに変更
の二つです。
Q.進化条件は緩くなったけどメテオバーンになって回数制限が付いたの弱くない?
A.そんなことは無く実はメリットだらけです
メテオバーンになったことで何が出来るようになったか。
それは進化元の再利用、つまりリアニメイトが容易になったということです。
そしてそれを踏まえて作ったのがこちら
デッキレシピ
「4枚」
ロマノフシーザー
無双と竜機の伝説
ヘルボロフ
ハムカツ団の爆砕GO!
ホネンビー
カラフルナスオ
リロードチャージャー

「3枚」
戒王の封
焦土と開拓の天変
勇愛の天秤

「1枚」
ダンディナスオ
インフェルノサイン
ヴィルジニア卿

超次元
「2枚」
レッドゥル
ホワイティ

「1枚」
ウェルカムヘル
プロトキガハート
ミガワリ
魂喰いの魔狼月下城

ロマノフシーザーと共に紹介したいのは同弾の《無双と竜機の伝説》。
かの悪名高い無双竜機ボルバルザークをそのまま呪文にしたかのような性能のこのカード。無限エクストラターンなどの考察がされていますがこのカード自体非常に調整がうまく、容易にループができないようです。
雑に使って強いカードでもないので採用先はあまり……ん?
あ  る  や  ん  け
ここに!このカードを雑に扱えるクリーチャーが!いました!
ということでロマノフシーザーのメテオバーンで雑に投げつけアドを稼ぐことをコンセプトにしつつ、グレイテストシーザーでは出来なかったムーブを探すことに。

採用理由
《ロマノフシーザー》
《無双と竜機の伝説》
デッキの核。ロマノフシーザーはホネンビーにも乗れるので想像以上の柔軟性と枠の圧縮が可能に。

《ヘルボロフ》
《ヴィルジニア卿》
ロマノフシーザーの進化元。ヘルボロフ単体でシーザーの進化元を確保し切れるのが強く、またナイト制限も無くなったので前述のホネンビーからシーザーを回収して……なんてムーブも可能に。またシーザーがメテオバーンになったことにより、ヘルボロフ、ヴィルジニアの使い回しが容易に。(ここ重要)
ヴィルジニアは強すぎるので必須枠。

《ハムカツ団の爆砕GO!》
《戒王の封》
《インフェルノサイン》
トリガー枠兼シーザーの弾丸。戒王の封の存在が非常に大きく、インフェルノサインを体感4枚積めているようにすら感じる。

《ホネンビー》
《カラフルナスオ》
《ダンディナスオ》
墓地肥やし枠。カラフルダンスではなくカラフルナスオを採用したのは、ホネンビーで釣ってこれるから。釣ること自体が大事、というよりは、ホネンビーで強制回収する時に持ってきたくないカード(シーザー、ヘルボ)の代わりに釣れるという役割が強い。

《勇愛の天秤》
《リロードチャージャー》
初動兼墓地肥やし。ランダム性のある4コスト組に比べて、落とせる枚数が減る代わりに確実に狙ったカードを落とせるのが特徴。

《焦土と開拓の天変》
弾丸、色合わせ枠。
3→5→7で繋がると強い。またエクストラターンにロマノフシーザーなどから唱えると実質2ターン分のアドバンテージ差が生まれる。

基本的な動き
デッキ内容を見てもらえれば分かる通り、除去や妨害よりは着実に条件を整えシーザーを狙いに行く感じになります。
シーザーから無双と竜機の伝説、エクストラターンにシーザー攻撃、戒王の封orサインからヘルボロフレッドゥルで8打点生成出来るので、ワンショットが可能になります。


以上、ロマノフシーザー+αの紹介でした。ゴールデンベストは再録、新規共に非常に楽しいカードが多いです。皆さんも是非お気に入りのカードを探して、使ってみてください。
それではまた( ´ ▽ ` )ノ