デュエルマスターズ15周年!
盛り上がってますね〜

今日はデュエルマスターズ最初期に登場し、現代まで生き続けてきた「とある古参種族」のデッキを紹介します。
彼らの名は…サバイバー

暫く前にサバイバー復活の構築済みデッキが発売され、サバイバー達は一気に強化されました。
今はもう売ってる場所も少ないと思いますが、単品で高額なカードはほぼ無いので、それなりに集めやすく組みやすいデッキだと思います。

それでは各カード達を紹介していきます。

新規で登場した軽量サバイバー。2ターン目に召喚しちゃいましょう。

3ターン目からドンドン攻めます。
モクレンを出せばマナ補充、ブリゲードを出せば手札補充、そしてサバイバーの真骨頂はここから始まります…
全てのサバイバーは味方のサバイバー能力を共有します!
並べば並ぶほど、共有する能力が増えていき強化されていくのです。

(英語版は公式大会では使えません…代用失礼します)
ラッセルズはほぼ全ての除去から味方を守ることができ、アワダケは破壊をマナ補充に置き換えることができます。
そしてその能力は全てのサバイバーが共有します。

大型サバイバーが出れば「決着」の時は近いです。
オービスで相手の動きを鈍らせて、ゴライアスで強化されたサバイバー達で総攻撃を仕掛けましょう。
ゴライアスはマナゾーンから召喚する事もできます。

攻めるだけではありません。サバイバーには鉄壁の防御手段があります。それがこの2枚によるコンボです。

フォボスがいる状態で獅子王の紋章を唱え、デッキの1番上から光か自然のサバイバーがでてくると、まず獅子王の紋章は自身の効果によりデッキの中に戻ります。そして出てきたサバイバーがフォボスの能力を共有し、デッキから今唱えた獅子王の紋章を回収できます。デッキに光か自然のサバイバーがいる限り、手札を減らさずにコンボを使い続けることができます。

能力を共有するサバイバーだけができる、究極の切り札コンボです。

デッキの詰めに採用された潤滑油です。
クローチェフオーコは墓地のサバイバーをデッキに戻し、獅子王の紋章による弾切れを防ぎます。最近では墓地を利用するデッキも多いため、それらにも刺さります。
レイーラは御守り的存在です。サバイバー達よりも更に古参カードであり、なんと第1弾のカードです。もしかすると最後の最後にプレーヤーを助けてくれる…かもしれません。


紹介は以上です。
他にもシェルファクトリーやアタカマイトなど、相性のよさげなサバイバーは沢山いるので、自分の使いやすいように改造して使ってみて下さい!
でわ!

決着ゥゥーーーッ!!