強力な呪文が次々と登場する昨今のデュエルマスターズ。新たな強力呪文の情報が判明するその度に、ネットではこんなコメントが目に入るようになる。
「キリコキュービックがアップを始めました」

「俺のキリコキュービックが本気を出す時がきたようだ」

「キリコキュービック超強化じゃん。高騰不回避」



甲型龍帝式キリコキュービック。
登場時、山札にある呪文をコストを支払わずに3枚唱える事ができる唯一無二の能力を持つ、強力なドラゴン進化クリーチャーのうちの1枚。

しかし、現実にはキリコキュービックを使ったデッキは少ない。それは何故か?

答えはたった1つ。たった1つの単純な答え

「デッキ構築の難易度が高い」



キリコキュービックを使ったデッキは、低コストの呪文の量を増やすとキリコキュービックの効果が薄まります。なので必然的にクリーチャー主体のデッキになり、且つそこにコストの大きいクリーチャーが多い「水文明のドラゴン」を進化元として必ず採用しなくてはなりません。

ベストマッチなパーツを探して組み立てていく作業はまるで、小さな歯車と大きな歯車を噛み合わせて回る、全ての動きに無駄がない風車をビルドしているようでした。

各パーツの選択、各枚数の調整、キリコキュービックという大きな風車を動かすために逆算してそれらを決めていく。

そこから更にキリコキュービックを出した後の「結果」を、デッキスペースに無駄の無いように組み込み、且つキリコキュービックにしかできないことを求める。

本来デッキ構築とはそういうものなのですが、キリコキュービックの場合「デッキの精度を高めてアイデンティティを確立させる」作業に非常に難航しました。



さて前置きはこの辺にして、今回はキリコキュービックを使ったデッキ紹介になります。

キリコキュービックは個人的に元になったエンペラーキリコを含め、カード効果やデザインが好きなので、新しいカードを使ったコンボデッキを組んでみようと思いました。

こちらがデッキの中身になります。
デッキ名は
「星域キリコドラゴン」です。
BC53CF56-52FA-4F9E-8B63-F12E12AECCB0



序盤の動き。ジャスミンアナリスの2枚は効果で自身が墓地に落ちるのでサルトビバイケンした時のマナブーストも外しません。アナリスはモードでドローも選択できて優秀です。
パクリオはテンポを掴みます。流行りのミラクルストップに対する役割を重視するならば、上級者向けカードであるシャッフの採用も考えられます。

8D1C2F50-354B-4A65-A90D-06A701784D80



サルトビバイケン
ダイスガロウズ
このデッキの核となる強力コンボ。
言うまでもありません。

7206C6BE-8CA2-4A1E-899F-FA74721E3A1B



このデッキは厳選された潤滑油を使用しています。

ACA6056D-0C2B-4CE1-B706-48B0C8203885



切り札のキリコキュービックは4枚。

FCBB5009-905A-43EA-A35F-B3C645D7A1D8


そしてキリコキュービックで唱える呪文枠として3枚分の枠があります。

ここは、デッキを組んで使う方にお任せします。

ちなみにこのデッキに入ってる水文明のドラゴンは軒並みパワー6000なので、「無双と竜機の伝説」の採用は残念ながら難しいでしょう。

教科書通りで行くならば「オールデリート」が正解です。超次元呪文と一緒に使えれば安全にトドメを刺すことができますし、キリコキュービックにしかできない芸当です。相手に禁断がある場合はサイキッククリーチャーやバイケンでビートしましょう。

8E779694-4C3D-4735-AB7E-64228CDE2A8B



あとは最近発表された呪文の中ではこれが強いと思います。

F79547A0-8F08-4256-ADC0-AC42AE711B40



メリークリスマス!