次は3年後だね(。--)

こんにちは。

今回は名前に「サード(3)」とつくあのカードを使ったデッキを紹介します。


デッキ名【変身アカシック \(N3X)/

FullSizeRender



ロストウォーターゲート×4

フェアリーライフ×4

ブレインストーム×3

父なる大地×4

仁義無き戦い×4

カツドン「やったるで!」×4

ベイビーバース×4

フォーエバープリンセス×2

バロムクエイク×4

バルカディアNEX×4

アカシックサード×3



このデッキの主役

【電磁無頼アカシック・サード】

◾︎このクリーチャーがバトルする時、自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのターンの終わりまで、このクリーチャーは、表向きにされたクリーチャーになる。表向きにしたカードをすべて自分の墓地に置く。


このクリーチャーはデュエルマスターズ界で唯一無二の【変身能力】を持ちます。

このデッキでは、自分と相手のクリーチャーをバトルさせる呪文を使うことにより、アカシックサードの変身能力を発動させるコンボを使います。


変身するクリーチャーは【バルカディアNEX】です。

バルカディアNEXに変身したアカシックサードは、バルカディアNEXの持つパワーや文明、種族や特殊能力など、カードの持つ情報が全てバルカディアNEXのものになった状態となります。

バルカディアNEXはパワー25000の進化クリーチャー。このパワーではほとんどのバトルに負けません。

[進化クリーチャーは召喚酔いしない]というルールがあるので、進化クリーチャーであるバルカディアNEXに変身したアカシックサードは、たとえ召喚酔いしていたとしてもこのターン攻撃する事ができます(勿論アンタップ状態である必要はあります)


バルカディアNEXがバトルゾーンにいる間、相手は呪文を唱えることができません。このまま変身したアカシックサード(バルカディアNEX)でシールドをワールドブレイクします。

ここでバルカディアNEXのもう一つの特殊能力が発動します。攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選び破壊し、そのあと自分のデッキの中から「コマンド」を1体バトルゾーンに出す事ができます。


デッキから出すコマンドは【バロムクエイク】です。

バロムクエイクはマナ進化クリーチャーですので、マナゾーンに進化元となるデーモンコマンドが1体必要です。

あらかじめ進化元にする為のバロムクエイクかバルカディアNEXをマナゾーンに1枚置いておきます。

バロムクエイクがバトルゾーンに出た時、デーモンコマンド以外のクリーチャーを全て破壊します(バルカディアNEXに変身したアカシックサードは種族にデーモンコマンドを持つので、破壊されません)

バロムクエイクがバトルゾーンにいる間、相手はコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出す事ができません。


バルカディアNEXのワールドブレイクに対してバロムクエイクを並べると、相手は呪文が使えず、クリーチャー1体とデーモンコマンド以外のクリーチャーを全て破壊され、クリーチャーをコストを支払わずに出すことができません。

ガラ空きになった相手に、バロムクエイクでトドメを刺します。


その他のパーツはこの豪快なコンボを支える為のカードとなっています。


〜〜〜


アカシックサードが登場したのは、エターナルフェニックスの映画の影響で大人気のパックとなった第13弾です。今から約10年以上前、実はすごく昔のカードなんです。


発売当時は影が薄かった昔のカードと最近のカードを使って、新しい面白いコンボができることはTCGの醍醐味のひとつです。


平成3033日、3が並んだ記念の日なので、アカシックサードを使ったデッキを紹介してみました。

バルカディアNEXもデュエルマスターズを象徴する代表的なクリーチャーが3体融合したクリーチャーというウワサです。

(=^^)σ

最後までお読み頂きありがとうございました。