Kurorain.です。

GP6thまで後1週間となりましたね。そろそろ練ってきたデッキも形になる頃だと思います。

自分もGPに参加するので楽しみです。

そこで今回、ちらほらと結果を残しているデュエランド抜きデュエランドこと、アナカラーシャコガイル について紹介
 
  • 水上第九院シャコガイルx2
  • 怒流牙サイゾウミストx3
  • ロスト・ソウルx3
  • テック団の波壊Go!x3
  • 龍素記号Sr.スペルサイクリカx1
  • ガンリキ・インディゴ・カイザーx1
  • 斬隠蒼頭龍バイケンx3
  • 龍素記号Xf.クローチェ・フォーコx1
  • Dの博才サイバーダイス・ベガスx4
  • 超次元ガロウズ・ホールx1
  • キラードンx1
  • セイレーン・コンチェルトx1
  • フェアリーシャワーx4
  • 英雄奥義スパイラル・ハリケーンx2
  • クリスタル・メモリーx1
  • ストリーミング・シェイパーx1
  • 怒流牙佐助の超人x4
  • 電脳鎧胄アナリスx4

デッキの特徴としては、ほぼ完全に受け。
序盤からマナをたくさん溜め、ロストソウルやスパイラルハリケーンなどで相手を鈍らせながらも
シャコガイルのExwinを狙いに行くこと。どのデッキもそうだとは思いますが、必ず自分の構築のカードの枚数は把握しておきましょう。

他にも様々な構築が存在します。轟破天九十九語を使いシャコガイルをたくさん並べ大量ドローする型など。

恐らくですがこれからも色々な構築が出てくる面白いデッキだなと個人的に思っています。
環境の通りもそれなりに良いと思っています。(ジョーカーズにマナブースト引けないとキツい)


GPではどんなデッキが入賞するか楽しみですね。
ではまた。