それでは続きを書いていきます


 5、デスザーク
卍 デ・スザーク 卍

 魔道具を召喚し無月の門によりデスザークを踏み倒して殴っていく闇単のデッキ
大部分は同じだが残りの枠には様々なカードが入る

 ヴォガイガはもちろん最近収録されたカードも中々強い
堕魔 ヴォ―ミラ無明夜叉羅ムカデ

 ヴォーミラによりデスザークの弱点の一つである手札の枯渇にも対応でき、ムカデで高い圧力をかけることができる。
 また魔道具ではないがタイガニトロを入れることにより相手の動きを制限することもよく見られるので要注意だ。

 戦い方としては手札枯渇を狙うために丁寧な除去を心掛けていくことが大切である。LOを狙う際にはジョルジュバタイユが投入されていることがあるので頭の片隅に置いておくといいだろう。



6、シャコガイル
水上第九院 シャコガイル

 アナカラーと呼ばれる水自然闇の文明から構成されている
 序盤からアナリスやフェアリーシャワーなどでマナ加速を行う。終盤までは猿飛バイケンやダイスからのスパイラルハリケーン、波壊goなどで守り抜き、シャコガイルによる特殊勝利を狙うデッキである。
 特徴としては守りが固く、ハンデスにもバイケンにより対策ができ、大体のデッキに対して戦いやすいという点である。また、マナ加速が早くロストソウルが早くに使われる可能性が高いのもつらいところだ。

 戦い方はLOを狙うのが一番楽だと思われる。もしハンデスを狙うならパクリオなどでバイケンに注意をしよう。殴るのを狙うのなら色が合えばラフルルなどで呪文を封じると有利かもしれない、マナなどにあるダイスなどの防御カードにも注意していこう。



7、ミラダンテⅫ 二種類紹介

時の法皇 ミラダンテXⅡ

1、ドロマーロージア
 
 全盛期と比べて魔狼月下城の咆哮やヘブンズロージアが殿堂に入り弱体化したもの未だ安定した強さを誇る。
 主に墳墓やデモンズライトで除去をしてドラゴンズサインで踏み倒したミラクルスター等でミラダンテに革命チェンジをしていくデッキです。
 デモンズライトやミラクルスターによって手札も補充でき、とても粘り強い戦いができる・

 戦い方としては後半になるに連れて辛くなっていくので早めに殴りきることが重要だろう。しかしドラゴンズサインを警戒しなければならないので除去手段も備えておかなければならない。呪文が多いのでヴォルグによるLO狙いも有効。

2、水自然ミラダンテ
 
 自然を取り入れることによりフェアリーシャワーのブーストを生かしてスパイラルハリケーンや猿飛からバイケンという防御手段が取り入れることができ上記のドロマーとは違い、殴られること自体に強いという特徴がある。また、アベンジャーRを取り入れているデッキもありエビデゴラスによるドローソースの確保ができるのも強みだ。

 戦い方としては動かれる前に殴るのが理想的だが、マナによってはスパイラルハリケーンにより一気に巻き返されることもある。こちらも墓地回収ができないことも含めヴォルグが有効ではあるが固執するのではなく後半にマナ加速により減った山札を押し込めていくことを意識して立ち回ろう。



8、5cコントロール

ニコル・ボーラス

 cはcolorsの略。よって五色すべてを投入したコントロールということ。
 今大会で多く見られる5cのデッキタイプはフェアリーミラクルなどでマナを加速し、ニコルボーラスやヴィルヘルム等の圧倒的火力を持つクリーチャー達で制圧していくデッキ。
 守りに関してはブラッキオがメインとなっていて他だとドン吸いやロマネスクなどが挙げられる
 最近は轟破天九十九物語が注目されている。

 戦い方としては返せなくなる後半になる前に殴りきるか序盤からハンデス等の妨害を徹底していくことが望ましいだろう。また色の問題もあるがマナ加速には墳墓が猛威を振るうので手札に確保しておきたいところ。
 LOに関しては悠久が入っている可能性が高くマナなどを確認していかないと悪手になる。



9、ゲイルウェスパー

天風のゲイル・ヴェスパー

 シンパシーを利用しゲイルを踏み倒し、大量展開したところでシャコガイルやジエンドオブユニバースで特殊勝利をしていくデッキ。
 序盤からジュランネルやデデカブラなどで12000の低コストを並べていくのでゲイルが出る速度は思った以上に速い。
 防御面はSTのゼノゼミツや踏み倒しメタのデスマッチビートルを基本としてフィニッシャーの色に合わせてホーリーやクロックが入ったりします。

 戦い方は序盤からハンデスなどで妨害をしたり展開したところを墳墓でまっさらにしていくのが効果的。踏み倒しメタはオリオティスのようなコストより大きい~の効果でないとほぼ効かないので注意。



 2はここまでとなります。
 3ではよく見るデッキに加えてたまにしか見られないが覚えておくといいデッキも紹介していきたいと思ってます。
 足りない点があればコメント等で教えていただければ幸いです。
 それではまたお会いしましょうノシ

 <前回>http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/8323721.html
 <次回>http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/8500441.html