こんにちは 徐放です。

突然ですが皆さん、 ブライゼナーガというカードを見て何を思い浮かべますか?
ブライゼ
多くの人が「ブライゼシュート」と呼ばれるデッキを想像したのではないでしょうか。

その能力を利用してスーパーシールドトリガー(以下SST)を連発し、大型ドラゴンを発射するこのデッキはとても強力ですよね。

しかし今回はあえてSST呪文を使うことを目的としない、ちょっと変わったブライゼナーガのデッキをご紹介したいと思います。


 

ミラクルブライゼ


<デッキレシピ>
ブライゼミラダンテ

【ミラクルブライゼ】
4 x エマージェンシー・タイフーン
2 x ルソー・モンテス/法と契約の秤
4 x サイバー・チューン
4 x 蝕王の晩餐
2 x ミラクルストップ
4 x 失われし禁術の復元
1 x インフェルノ・サイン
4 x 戒王の封
4 x 黒神龍ブライゼナーガ
4 x サイバー・I・チョイス
4 x 邪眼教皇ロマノフII世
3 x 奇跡の革命 ミラダンテf

 

デッキコンセプトについて

コンセプトはとても単純です。
「ブライゼを出してミラダンテfに進化、ミラクルストップを唱えて殴る」
ミラダンテ未rqくる


ね、簡単でしょう?…と言いたいところなんですが…
ミラダンテf は光の進化クリーチャーであり、従来のSSTでは踏み倒せません。


そこで今回のデッキでは別の踏み倒し手段を採用しています。

ズバリこの2枚です!
ロマノフ蝕王
2世から晩餐を唱え、7コスを破壊して墓地からミラダンテを出すわけです。



【デッキの流れ】
①エマタイやチューンなどで墓地に2世を落とす

②ブライゼナーガ召喚

③シールドトリガーで蘇生呪文を唱えて2世を蘇生。

④2世の能力で蝕王の晩餐を唱える

⑤2世を破壊して、ミラダンテfを踏み倒す(進化元はブライゼナーガ)

⑥ミラクルストップをG0で唱えてロックして殴る

⑦復元からもう一度墓地のミラクルストップを唱えて総攻撃




要求値が高く見えますが、上記以外のサブルートも多いため、実はそうでもありません。


それではそのサブルートについて一部を紹介していきます。

<手順③について>
・サイバー・I・チョイスを経由した蘇生トリガーの使用。

・復元がトリガーした場合、ブライゼナーガを破壊してロマノフ2世を出すことが可能。
iチョイス復元


<手順④について>
・復元を経由してあらかじめ墓地に落としてあった蝕王を唱える。

・ロマノフから2体目以降のロマノフを出すことも可能なため、唱えるチャンスを複数回作れる。
(2世の効果→戒王or契約の秤を唱えれば別の2世を出せる。)

・Iチョイスがトリガーした時に蝕王の晩餐が墓地にあれば、復元蝕王対象Iチョイスも可能。



 

終わりに

今回のデッキはどうだったでしょうか?

ST戒王の封から2世を経由して相手ターン中にミラダンテfを出すカウンターができたり、このデッキでしかできない動きがあって面白いですよ!

従来のブライゼシュートに比べれば安価で作れますので、ぜひ試して見てください!