DM-26でもやった10年振り返り記事シリーズ。

前回は1記事にまとめましたが、今回は
【5c、ゴッド編】【多色サポート編】【その他編(ドラゴンなど)】の3分割でお送りします。

概要

DM-27 完全極神(パーフェクト・ヘブン)
2008年03月20日発売。全60+1種。

【レアリティ】
SR5+1種 VR5種 R15種 UC15種 C20種
【色配分】 多色:20 光:7 水:8 闇:8 火:7+1 自然:10

多色推し編

コモン

《デビル・スモーク 》

  • 名前で分かりやすいですが、《デス・スモーク》の派生呪文。少々重く不確定要素を持つものの、手札を減らさない除去呪文として優秀な1枚です。
  • 《残虐覇王デスカール》など闇のクリーチャーに使う場合は確実に引ける一方、ジョーカーズなどの無色に対してはドローできない点に注意。

《呪木人形ピノキル》

  • 《毒々秘宝グリンマン》同様、自軍の多色獣をすべてスレイヤー化させるシステムクリーチャー。先駆者である彼よりも重いものの、自身がブロッカーなので多色獣が場にいない場合の使い勝手は勝ります。
  • 難点としては彼のコストが4であること。其れはつまり、全軍スレイヤー化でお馴染みの《イモータル・ブレード》と同じ。多色以外にも適用される汎用性の高さや、クロスギアとしての場持ちの良さもあって採用されるデッキはどうしても少なくなってしまいました…

《月光電人オボロカゲロウ》

  • マナの文明数分、手札の入れ替えができる便利カード。多色デッキだと色事故になりやすいのでとても有り難い1枚です。
  • ヒラメキドレーン、オボロセカンド、赤青ブランド、青入りドギラゴン剣など色々なデッキに採用され、先日の日本一決定戦で優勝したデッキにも4枚積みされていました。

《リフレクティング・レイ》

  • よくあるタップ呪文ですが、マナにある自分の文明数>相手の文明数であれば墓地から呪文回収を行えてしまいます。
  • 登場して間もなくの戦国編で《デ・バウラ伯》が登場したこともあってあまり目立ちませんでしたが、後に互いを回収し合うことができる素晴らしい相棒《超次元ドラヴィタ・ホール》が登場。
  • 何気にフレーバーテキストで「五元神」のことを「五元神」とそのまま表現している唯一のカード。

アンコモン

《黄金の円盾》

  • バニラ並のパワーを持ちつつ、cipで+2000~+5000のパンプアップを行える1枚。とはいえ1ターン限定で扱いにくく、個人的にはDM-27のカードでも特に見かけなかった1枚です。
  • 光文明でありながら単種族と珍しいビーストフォーク。しかし後に《蝙蝠の面 トーブ》が登場したことによりアイデンティティが失われた挙句、あちらはS・トリガー&ブロッカーを持っているのでこのカードよりも盾らしいカード。君の明日はどっちだ…

《カラフル・ダンス》

  • マナを5枚入れ替える豪快な呪文。5枚も入れ替えれば色事故は大体解決できます。
  • 登場時は《回神パロロ》で大量のマナ回収を行ったり、戦国編では《魔光帝フェルナンドVII世》の低コスト召喚補助に用いたりと幅広いデッキに採用されていきました。
  • 世界平和を記念したドリームメイト達の踊りとして親しまれていましたが、4年後に殿堂入りを受けてしまうほど危険な踊りなのでありました…

《森の飛忍モモンガジロウ》

  • シノビだと思った?残念、ドリームメイトちゃんでした!
  • マナにある文明の数以下のコストを持つクリーチャーをサーチするS・トリガー獣。
  • 5色でもコスト5までしかサーチできない為弱いという印象を抱かれがちですが、実際のところ山札全体を対象にサーチを行えるトリガー獣としてはオンリーワン。3色程度でも《光牙忍ハヤブサマル》や《マーシャル・クイーン》などをサーチすることができるので、デッキによっては採用を検討できると思います。
  • ライバルカードは《駿足の政》。上から5枚しか見れない代わりにコストの制約がなく、素のコストも1低い点で優位です。

《暗黒螺旋》

  • 相手に手札を1枚捨てさせ、自分のマナにある文明のカードを捨てればランデスを行える…と闇文明では珍しいランデス呪文。
  • と書くと強そうですが問題点が幾つかあり、中々使いにくい呪文です。

    問題点

    1. ハンデスもランデスも対象カードを相手が選ぶ。前者はマナに無い文明のカードやマッドネスを狙って捨てられ、後者は折角ランデスを発動できても被害の少ない色を置かれがち。
    2. S・トリガーがあるとはいえ5マナと中々重い。ランデスに失敗した場合はそれこそコスト+3で相手に選択肢のある《ゴースト・タッチ》とかなり低スペック。
    3. 相手に手札がなければランデスが行えない。手札がなければ腐るという点は他のハンデス呪文にも言えることですが、このカードは基本的にランデス狙いでの採用になるので他のハンデス呪文よりも辛い点と言えます…
    4. 自分のマナにない色のカードを捨てられた場合は勿論、無色カードを捨てられた場合もランデスを行えません。
  • 親戚(?)は《スカル・チェーンソー》。こちらは3コストで1枚捨てさせると分の悪いハンデス呪文ですが、手札を捨てられない場合は1体除去 or 1ランデスを相手に迫ります。《暗黒螺旋》が腐る時にはこちらで除去やランデスを行いましょう。

《斬撃虫ブレード・ワーム》

  • DM-13以来の復活を遂げたパラサイトワーム。cipでマナの文明数に応じて1000~5000のパワー低下を与えます。
  • 5色で-5000するのがお得に見えますが、当時のシステムクリーチャーは軒並み低パワー。2~3色程度で運用しても十分に仕事できる場面は多かったです。
  • その後DM-28~29では再び眠っていましたが、DM-30~36では絶え間なくパラサイトワームが登場しました。少なからずこのカードの功績もあったことでしょう。

《スペース・クロウラー》

  • よくある手札を減らさないブロッカー…ですが、複数枚の山札を見た上で欲しいカードを狙って手札に加えられる点が美味しい1枚。
  • 4,5色のコントロールであれば何かしら有用なカードを拾いやすく、種族恩恵からドルゲーザと組むこともできました。
  • 近年はバウンスによる防御行為を行うことができ、S・トリガーも付いている《ドンドン吸い込むナウ》がライバルカード。

《電界の守護者ラ・フランシス》

  • 早い話、セイバー:コスト1~5(文明数)とかなり珍しいタイプのセイバー。
  • 同コスト同種族で全種族のクリーチャーを対象にできる《邪脚護聖ブレイガー》の存在が大きく、デッキに入ることは極めて稀。使う場合、闇が入らないデッキでの採用が大前提になります。

    竜も神も関係なく、守護者達はただ世界を守りたいだけだった。

  • 何気ないフレーバーテキストですが、5年後に『あのガーディアン』が登場する展開を予想できていた猛者はいたのでしょうか…

レア

《彩強の巨人》

  • マナにある文明の色だけシールドをブレイクするオンリーワン能力「文明ブレイカー」の持ち主。つまり5色なら5枚ブレイク。
  • 当時から高コストで扱いにくいカードでしたが、現代で使うには同コスト同種族でよりパワーが高く4枚ブレイク保証、リベンジチャンスによる踏み倒しが可能な《剛撃無双カンクロウ》の存在が厄介。5色デッキや《薫風妖精コートニー》での運用は必須と言えます。
  • 一方、全文明がある想定になると同コストでパワーとブレイク数が勝り、cipで5枚ドローが可能な《邪帝類強欲目 カリグラーティ》が立ちはだかります。つまりジャイアント種族を最大限に生かす5色デッキでなければカンクロウやカリグラーティには勝てないということです。
  • 薫風や5色デッキでの運用が推奨されるジャイアントという点ではDM-13で登場した《地脈の超人》を想起させます。実際、ライバルとして挙げた前述の《カリグラーティ》は彼の特徴も漂わせていますね。
  • 物凄く地味であるものの、ジャイアントではカード名に《巨人》を持つ唯一のカード。近年のパワーインフレではいつ駆逐されてしまうか分かりませんが…
  • 読みこそスペクトラムであるものの、確かに彩強(さいきょう)なカード。ギャラリー受けを意識する方は是非使ってみてあげてください。

《黙示聖霊ラグナシア》

  • DM-10で登場した《聖断の精霊エリクシア》の派生カード。1コスト重くなって素のパワーも下がった代わり、5色ではパワー20000のQ・ブレイカーと破格のサイズになることができるようになりました。
  • 今でこそ準バニラですが、当時は中々衝撃的なサイズを持っていたクリーチャーです。
  • 昔のパワーでブレイク数が変わるカードはT・ブレイカーのラインが15000だったりしたので、3色だとパワー12000のW・ブレイカーと少々物足りないです。
  • 精霊要素が強いですが、久しぶりに復活したライトブリンガーの1体。ライトブリンガーとしては最大級のパワーを持つのでライトブリンガーのデッキで遊ぶ場合はフィニッシャーとして採用の余地あり。
  • 但し、多色ライトブリンガーは未だに《電磁黙示マジェスティック・スター》しか存在しないという事態に陥っていることから5色デッキとしての構築難易度は高めです。

ベリーレア

《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》

  • 《聖鎧亜キング・アルカディアス》とコンビで使ってね!という実に分かりやすいカード。
  • とはいえ当時は多色呪文も封じる《光神龍スペル・デル・フィン》を《母なる大地》や《インフェルノ・ゲート》などから容易に呼び出せる環境でした。
  • しかし1ヶ月後には大地とゲートの双方が殿堂入り。素のパワーが高く、コストも6と軽い点などから徐々に使用率を上げていった1枚です。
  • 最近は《闇鎧亜》に採用枠を譲っていることも多いですが、単色呪文に対する完封力から未だに採用されることもあります。

スーパーレア

《暗黒凰ゼロ・フェニックス》

  • 《ゼロカゲ》《ゼロの裏技》《GUY・ゼロ・ロマノフ》《ガイアール・ゼロ》《ナッシング・ゼロ》などよりも先に登場した《ゼロ》を冠するフェニックス。

      その素晴らしい強さについて

    1. 本家は低パワーのファイアー・バードと、重かったりデメリットがあったりのドラゴン・ゾンビで進化元が固定されていたのに対し、こちらは進化元は闇&火のクリーチャー各1体ならなんでもOK。《闘竜炎霊パイロン》のような闇/火のカードは闇・火のどちらの色の進化元としても使えますし、単純に《暗黒の騎士ザガーン》のような強カードを進化元にしてオーバーキルを行ったりすることもできます。
    2. T・ブレイカーは流石に強すぎると判断されたのかW・ブレイカー止まり。しかし、W・ブレイカーに許される基本的な最大パワー『11000』を手に入れています。これは、環境で大活躍していた《聖鎧亜キング・アルカディアス》や強力な無限ブロッカー《開眼者クーカイ》を一方的に討ち取れる高パワー。
    3. 本家がpigとして持つ全ハンデスは強烈ですが、手札が無い時には不発に終わりますし、発動してもそこまで手札を持っていなかったりすることも多いです。しかし、こちらはマナを2枚削った挙げ句、ハンデスも2枚と《スケルトン・バイス》級のものを飛ばすことができます。
    4. そして最後に、本家も持っていたブレイクシールドの焼却能力は据え置き。この焼却能力の強さについては殿堂入りを経由せず一発で温泉に向かった《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が証明済み。
    5. 召喚コストこそ本家より3多くなっているものの、本家も4ターン目に降臨させられることは稀なので殆ど気にならない。寧ろ、デッキのフィニッシャーとして佇むクリーチャーはそれなりにコストが大きいほうがフィニッシャーとしての威厳が感じられます。(最初にも書いたように進化元の自由度もとても高い)
  • スーパーデッキ《ヘヴィ・デス・メタル》に投入されたり、5色デッキのフィニッシャーとして運用されたりと色々なデッキのフィニッシャーとして活躍しました。

多色サポートは以上です。次回はその他編でお送りします。
その他と書くと地味に見えますが、デュエマ史において重要なカードもあります!