DM-26でもやった10年振り返り記事シリーズ。

前回は1記事にまとめましたが、今回は
【5c、ゴッド編】【多色サポート編】【その他編(ドラゴンなど)】の3分割でお送りします。

概要

DM-27 完全極神(パーフェクト・ヘブン)
2008年03月20日発売。全60+1種。

【レアリティ】
SR5+1種 VR5種 R15種 UC15種 C20種
【色配分】 多色:20 光:7 水:8 闇:8 火:7+1 自然:10

前記事

その他編

コモン

《剛勇妖精ピーチ・プリンセス》

  • 2番目に召喚するクリーチャーのコストを2減らすという、珍しいタイプのコスト軽減獣。自身を1番目に召喚すればすぐに能力が使えることから、実質1コスト2000のクリーチャーとして扱うことも。
  • 種族は地味ながらも堅実なカードが多いワイルド・ベジーズ、マナブーストが優れていてプレイヤー人気も高いスノーフェアリー、と優良なチョイス。
  • どう足掻いてもピーチ姫。のちに派生カードのフレッシュ・レモンが出たり自身が再録されたりと中々優遇されている立ち位置。

《無双霊樹メサイダグラス》

  • 世界を救う竜の一体(フレーバー談)
  • S・トリガーを封じながらシールドを割れますが、ミステリートーテムであれば元ネタの《闘将メサイヤ》や《呪紋の化身》、ドラゴンであれば闇が加わる代わりに自身以外の攻撃でもトリガーを封じられる《無双恐皇ガラムタ》の存在があった為、あまり使われませんでした。
    • 特に《呪紋の化身》に関しては、発売から殿堂までの1ヶ月弱は4枚体制が可能でした…
  • とはいえコモンで集めやすいドラゴン。同弾の《緑神龍バルガザルムス》でアドバンテージを稼ぎながらこのクリーチャーに盾を割らせた方もいるのではないでしょうか。
  • 種族は違いますが《霊騎ガリウム》の上位互換。

《突撃勇者アーニー》

  • 「勇者」繋がりの《小さな勇者ゲット》からコスト、パワー、PAがそれぞれ1回り大きくなったヒューマノイド。
  • 《JK軍曹チョキパン》や《無頼勇騎タイガ》などがいなかった時代。《不死身男爵ボーグ》や《喧嘩屋タイラー》などの2マナ帯のバニラ・準バニラは速攻デッキによく採用されていましたが、3コストになると《タイラーのライター》などのSAが解き放たれるコスト帯。速攻デッキで動くにはSAから枠を奪えるだけのポテンシャルが無かったため、採用は殆どありませんでした。
  • 今の御時世、3マナ3000の優良ヒューマノイドは多いですが、中でも《音速 ニトロフラグ》はパワーアタッカー+2000まで抱えてしまった完全上位互換。
  • 覚醒編で定期的に出てきた「アイニー」は響きが似ているものの、特に繋がりはありません…

《フィスト・ドラグーン》

  • ドラゴン火力のフレイムバーン、ティラノ火力のフィスト!
  • …と言いたいところですが、火力が2000と控え目な上に、ティラノ・ドレイクの2000火力は3+OD闇でパワー低下2000を使える《機動闘竜メタルクロー》が存在したことから、登場早々使い道の少ないカードになってしまいました。
  • 最近はドラゴン陣営に《レイバーン》が登場。同コストで火力が上がっておりトリガー付きと非常にハイスペックです…パワーだけは勝てるので《炎槍と水剣の裁》などを上手く利用しましょう。
  • ネタなどで敢えて運用する場合は《爆竜凰ドラギリアス》などをフィニッシャーに据えた、「闇文明の入らないティラノ・ドレイクデッキ」を推奨します。

《ダーク・ルピア》

  • 元々はWHFで限定販売された、DM-22の+1DREAM限定カード。強力なカードでありながら希少価値が高く、数枚集めることも大変なカードでしたがまさかのコモンで再録されました。
  • 当たりやすい、単純に優秀な性能、頻繁にドラゴンを破壊するということでヘヴィデスメタルに投入した方も多いと思います。
  • 後の再録も多く、SR仕様とVR仕様のものもありますが、希少価値の高い 初版はVR仕様 のです。

《闘竜死爵デス・メンドーサ》

  • コモンでありながら、殴ってこないシステムクリーチャーや召喚酔い中の大型獣をサクッと抉るイケメン。
  • 種族も《凶星王ダーク・ヒドラ》と連携できるダークロード、当時はまだ将来性のあった《ティラノ・ドレイク》と優秀な構成でした。
  • 現代でのダークロードは《凶殺皇デス・ハンズ》など対抗馬が増えてきたので窮屈。そちらよりはティラノ・ドレイク側での運用が推奨されます。
  • 彼が破壊できない相手もエンドブリンガーやサグ・パニールなどで討ち取ることができる為、ティラノドレイクのデッキでは相変わらず優秀。(ティラノ・ドレイク自体は停滞していますが)
  • 《ジェットパンチ・ドラグーン》は互いに破壊できない相手を狙える同業者。

《パナオン》

  • 転生編を最後に姿を消していたサイバーロードもついに復活!
  • ブロックしたら相手をバウンスして一時的に1:1交換ができるブロッカー。水文明版スレイヤー的な感じですが、これ自身が殴られた場合は無効な点に注意。
  • 闇文明以外で1:1交換ができるブロッカーは貴重です…が、
    • バウンスが条件を満たせば強制発動で悪用される危険性がある
    • パワーはスレイヤーブロッカーと同等なので火力除去に弱い
    • 攻撃が出来ないため、不安定な壁としての運用しかできない。
    • 良種族を活かそうにも《英霊王スターマン》や《エンペラー・マルコ》のデッキは基本的にビートダウン系統。(進化しなければ壁にしかなれないこのカードの優先度は低い…)
    • …と不遇寄り。
  • 親戚は殴れる上に、攻撃された時に同じようなことができる《バイバイ・アメーバ》ですが、こちらは本当に自分自身が殴られた場合に限定されており、種族もサイバーウイルスなのである意味パナオンよりも不遇です…

《クゥリャン》

  • なぜか《アクア・ハルカス》の殿堂入りが発表される中、平然と現れたサイバーロード版ハルカス。
  • 《ミラージュ・マーメイド》の起動要員、《英霊王スターマン》や後述の《エンペラー・マルコ》、神化編のサイバー進化などの種として活躍しました。
  • 当時のサイバーロード事情

    • 殿堂入りの《エメラル》を除くと、白入りで採用デッキを選ぶ《電磁聖者シリオン》、緑入りで特殊すぎる効果を持つ《電磁無頼アカシック・サード》、単色とはいえ低パワーで効果もそこまで強くない《ウォルタ》《メロッペ》と壊滅的。《パラダイス・アロマ》が神化編のサイバーロードプッシュまで流行らなかった理由はこういうところにあります。
    • 4コスト以上に視野を向けると《パクリオ》《コーライル》辺りが強力。

《電磁麗姫ジェリー》

  • 《クゥリャン》がS・トリガーを得る対価として2コストも重くなった1枚。
  • …ですが、問題となるのはその種族。幸いにも《マーシャル・クイーン》擁するスプラッシュ・クイーンも持っていました。時には彼女から展開することもできる彼女の進化元として、時にはサイバーロードも活かし、《超電磁マクスウェルZ》を3コストで出せる進化元として活躍しました。
  • 上述のように採用される時は大体進化して使うことが多いです。

《巡霊者ミ・アモーレ》

  • 軽量化に成功した《メ・フューサー》とも言える1枚。このクリーチャーは死んでこそ輝くタイプだったので軽量化によるパワー低下はメリット。
  • 後に登場した《激天下!シャチホコ・カイザー》で毎ターン蘇生させると相手のデッキ次第ではかなりの負担をかけられます。

《霊騎サイヤス・トロン》

  • 今までパワーX,500特権を持っていた光文明でも3/4000で通っていた光文明のブロッカーサイズですが、このカードによってついに3/4500に到達。
  • このカードを先陣に《予言者ヒョウ》、《ピース・ルピア》など今までの3/4000バニラブロッカーよりも強力な3コストブロッカーが増えていきました。
  • 《霊騎サイヤ》の完全上位互換。種族は違いますが、のちに自身を含む一部にバウンス耐性を耐性を与える《蒼月の守護者グーゼ・ノース》が登場したので《ヴィーナス・ラ・セイントマザー》のデッキに突っ込む場合は注意。

《予言者スフィア》

  • 前記事のラグナシアでも触れましたが、久しぶりに戻ってきたライトブリンガー。
  • ブロッカーの身でありながら相手ブロッカー限定の全タップを行えるブロッカー。
  • DM-26で登場した《ダイヤモンド・ソード》と合わせてブロッカーデッキのフィニッシュ手段に運用するのもアリですが、3+5=8とやや重いことが難点。ただフィニッシュするなら自身がブロッカーである必要もないので、《守護聖天ラルバ・ギア》の採用を推奨。
  • 真の使い道としては、一緒に復活したサイバーロードも加勢できる《英霊王スターマン》が安全に攻撃を行う為の補助でしょうか。9000とやや非力なスターマンへの攻撃もブロッカーを使って守ることができます。

アンコモン

《妖魔賢樹フライ・ラブ》

  • 《ラブ・エルフィン》と《飛行男》の融合クリーチャー。
  • 一見繋がりのない2枚ですが、前者は呪文補助で優秀なものの、破壊されやすいことが難点。後者は破壊されにくいものの、そもそも破壊したい魅力がないことが難点。この融合は破壊したい魅力がある、破壊されにくいクリーチャーを生み出しました。
    • E1以降は《永遠のリュウセイ・カイザー》のようなターンに関係なく相手のクリーチャーでハンデスされたら出せる新型マッドネスが登場したので、逆に利用できるシステムクリーチャーと化してしまう場合も…
  • このカードの登場により、ツリーフォークの多種族冠詞が賢樹であることが判明。

《電磁聖者ウォルミル》

  • 《ウォルタ》と《雷光の使徒ミール》の融合クリーチャー。
  • cipで相手をタップして攻撃、その時に1枚引く…というのが理想ですが、召喚酔いするのでcipのタップ後に攻撃するのは他のクリーチャー任せになりがち。
  • とはいえイニシエートデッキでは《雷光の使徒ミール》と合わせてタップキル要員が8枚になった為、中々悪くない1枚でした。
  • 一方、光入りのサイバーロードとしては《英霊王スターマン》の影がちらつきます。予言者マルタ(ミールの種族違い)と融合して欲しかったと思ったスターマン使いもいたのではないでしょうか…

《武者ザンゲキ剣》

  • 大和ドラゴンに続いて登場した武者強化用カード。
  • 当時はまだ使われていた《トルネード・フレーム》に近い性能の除去呪文で、武者がいれば2体除去できるというお手軽呪文。
  • サポート対象の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》のアタックトリガーで盾のこれが落ちてしまい、悲しみに暮れた方もいるのではないでしょうか…

レア

《無頼剣兵ドラグイノセント》

  • 《爆竜兵ドラグストライク》《無垢の宝剣》の融合クリーチャー。
  • 生かして利用する《無垢の宝剣》と死なせて利用する《爆竜兵ドラグストライク》は能力が噛み合っておらず、他の融合クリーチャーに比べても微妙な評価を受けることが多め。
  • 一方、《フォース・アゲイン》や《凶鬼33号 ブスート》はドラグイノセント自身に進化ドラゴンを重ねられる為、2つの効果をうまく活かせるカードです。

    余談

    《ドラグストライク》は当時長らく再録がなく、純粋に代用品として使われることもありましたが、2ヶ月後のドリームパック3で無事に再録されました。

《無頼王機スケル・アイ》

  • 《誕生の祈》と《弾丸透魂スケルハンター》の融合クリーチャー。
  • 前者はクリーチャーを毎ターン回収できる代わりに殴り返しやブロッカーに弱く、後者は殴られずブロッカーでも止まらない代わりにただ盾を割ることしかできないというもの。融合した結果、安全に盾を殴りつつ毎ターン後続を回収できる優れた1枚になりました。
  • とはいえビートダウンではやや重い5コストで、呪文などの除去に弱いというスケルハンターの弱点も健在。戦国編のシノビや覚醒編の超次元呪文で除去されやすくなり、段々見かけなくなっていきました…
  • ビーストフォークから《大勇者「ふたつ牙」》に進化したり、《奇術ロボ・ジェントルマン》をバイオKで用いたりと種族も活かしやすい1枚。

《ムシャ・ルピア》

  • 武者ドラゴン強化用カード。
  • サポート内容は、武者ドラゴンが攻撃する場合に山札から盾を追加するというもの。アタックトリガーを使わなくても発動できるので、純粋に盾を焼かずに増やすだけの防御的な攻撃も可能です。
  • ルピアの名に恥じぬドラゴン全体のサポートも保有。コスト1軽減により4マナでムシャルピア→5マナで武者の綺麗な流れが可能。
  • 実際のところ、武者への繋ぎとしては戦国編の《龍装ザンゲキ・マッハアーマー》のほうが流行りましたが、ザンゲキ剣やムシャルピアなどの登場によって武者を主軸にするデッキが組みやすくなったことは確かです。

《獰猛なる大地》

  • 《母なる紋章》に続いて現れた《母なる大地》関連カード。《母なる大地》の殿堂入りを受けて、もうどうなる大地…と思っていたプレイヤー達の前に現れたのは、どうもうなる大地でした。
  • この呪文が8コストと重く、トリガーもついていないという別段おかしくない性能であっても、3コストでS・トリガーを持っていたぶっ飛び呪文に依存していた結果、「使いにくい」と思った方も多いのではないでしょうか。
  • 素のコストは重くても「大地」としての十分な強さを持っていたこの呪文。後に《ホーガン・ブラスター》など自身と相性のいいカードも登場したこともあって無事に殿堂入りしてしまいました…

《緑神龍バルガザルムス》

  • バルガゲイザーに対して初めて登場した派生カード。ドラゴンがめくれた時の恩恵は本家に劣るものの、自軍の全ドラゴンが対象になるトンデモ性能!
  • とはいえ山札から竜をバトルゾーンに出すようなことは流石になく、手札orマナに移動させるというまだ落ち着いたもの。しかし、ドラゴンで手札を蓄えられるカードは限られており、5マナと扱いやすいこともあってそれなりに強いカードでした。
  • デュエルロードの優勝プロモが存在しており、こちらはバルガゲイザーのような赤い色をしています。
  • このカード自体はアースドラゴン単ですが、イラストでは武装をしており戦国編のような雰囲気があります。実際、サムライ・オブ・レジェンドにて再録されました。
    • ただし、彼は侍が使わない盾や斧を武装しています…

《黒神龍ヘヴィ・ケルベロス》

  • 《龍神ヘヴィ》を思わせるドラゴン。ケルベロスを名乗りつつ「キマイラ」や「デーモン・コマンド」に分類されていない変わり者。
  • ドラゴンが破壊されると2ドローと、主であろう《龍神ヘヴィ》とシナジーした能力を持ちますが、コスト7とシステムクリーチャーとしては中々重いことが難点。加えて、コスト7といえばあの《龍神メタル》がいるので尚更のことであります…
  • このカードを見て《メタル・オルトロス・ドラゴン》的な《龍神メタル》関連のドラゴン登場に期待したのが私だけではないと信じたい…

《蒼神龍ザウム・ポセイダム》

  • 《ダーク・ルピア》だけではない!《クリスタル・ツヴァイランサー》を超えるスペックの《超神龍ザウム・ポセイダム》も再録だ! …あれ?
  • あろうことか、《超神龍》ではなく《「蒼」神龍》と非進化ポセイディアの命名規則に乗っ取った謎の進化ポセイディア・ドラゴンがそこには佇んでいました…。とはいえ扱い上は完全な別カード。本家と合わせて8枚体制が可能という進化獣では異例の存在になりました。
    • 非進化だと《スティンガー・ボール》と《キュリアス・アイ》など、たまに生まれます。

《バロン・ゴーヤマ》

  • 《グレイト・カクタス》や《ビクトリー・アップル》のように高レアリティの野菜は強いですが、このカードも例外ではないです。
  • 効果は《ダンディ・ナスオ》のcipに加え、マナ1枚を犠牲に非進化ベジーズ(ゴーヤマ以外)をマナから呼び出せるというもの。
  • 適当に《剛勇王機フルメタル・レモン》などを呼び出すとマナが2枚減ってしまうだけですが、ワイルド・ベジーズは強豪揃い。同族をサーチできる《グレイト・カクタス》、cip再利用をしつつブーストできる《アラゴト・ムスビ》、召喚コストを軽減する《フィーバー・ナッツ》など…

《龍炎凰インフィニティ・フェニックス》

  • ∞の不死鳥ですが当時まだ超無限進化はありません。
  • 《ゼロ・フェニックス》に対抗する《エターナル・フェニックス》のアレンジ版。
    1. その素晴らしい強さについて

    2. 本家は低パワーのファイアー・バードと、重かったりデメリットがあったりのアーマード・ドラゴンで進化元が固定されていたのに対し、こちらは進化元は火のクリーチャー各2体ならなんでもOK。cipで一仕事した《龍仙ロマネスク》や《電脳勇騎マグナス》を使ったり、単純に《聖剣炎獣バーレスク》のような強カードを進化元にしてオーバーキルを行ったりすることもできます。
    3. 対抗する《ゼロ・フェニックス》がW・ブレイカー止まりだったのに対し、こちらは余裕のT・ブレイカーを手に入れました。しかも境界値の12000なんかではなく、余裕を持った『13000』なのです。これは、スーパーデッキで横行していた《天界の精霊シリウス》、《悪魔神バロム》、《龍神ヘヴィ》+《龍神メタル》などを一方的に葬れるサイズ。
    4. 《エターナル・フェニックス》の伸び足りないパワーでは活かしにくかったアンタップキラーも優秀。選ばれないことで驚異を放っていた《エメラルド・ファラオ》をあっさりと斬りつけたり、殴り合ってもどうせ勝てないからと攻撃を躊躇した《ゼロ・フェニックス》をこちらから殴りにいったりできます。彼自身が超パワーなのであまり要らないですが、他のドラゴンにもアンタップキラーが付きます。
    5. 召喚コストこそ本家より2多くなっているものの、《デス・フェニックス》→《ゼロ・フェニックス》よりは軽い代償でなので殆ど気にならないです。寧ろ、デッキのフィニッシャーとして佇むクリーチャーはそれなりにコストが大きいほうがフィニッシャーとしての威厳が感じられます。(最初にも書いたように進化元の自由度もとても高い)
    6. そして最後に、こんな強カードは誰だって除去したいものです。しかし、彼は離れる時にマナゾーンと墓地から好きなだけ火のクリーチャーを好きなだけ回収できるのです。《エターナル・フェニックス》とはわけが違うので、進化獣…つまり控えにいる《インフィニティ・フェニックス》も回収できるわけですね。次のターンにはまた《インフィニティ・フェニックス》がやってきます。
  • 本家よりは使いやすくなったと思いますが、如何せんフィニッシャーとしては決め手に欠けましたね。やっぱりシールド焼却は偉大です…

スーパーレア

《超聖竜ボルフェウス・ヘブン》

  • DM-24の看板獣、《ボルメテウス・武者・ドラゴン》と《龍聖霊ウルフェウス》の融合。
  • 進化Vになった代わりにcipでの詠唱が無条件&対象がSトリガー呪文→光or火の呪文と狭く深く。アタックトリガーは盾を捨てずに単体火力から地獄万力系火力に。
  • 前者で唱える呪文としては《ティラノ・リンク・ノヴァ》や《インビンシブル・フォートレス》など。出せたらそのまま相手を倒しに行く傾向があります。
  • 進化元はフェニックス2種と違い、種族指定こそあるもののエンジェル・コマンド2体やアーマード・ドラゴン2体が許されるので聖拳編の進化Vよりは達成が楽なもの。敢えて両方を使う選択肢もありファンデッキとしては面白い1枚でした。
  • というのも昔の話。のちにコマンドorドラゴンの「1体だけ」で進化できる《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》というリメイクカードが登場したことでご隠居。

《エンペラー・マルコ》

  • 今まではスターマンしか有用な進化獣が存在しなかったサイバーロードですが、種族そのものの復活と共に強力な進化獣を連れてきました。
  • 今ではプラチナワルスラSのようなより強いカードが使われているものの、登場後しばらくはビートダウンデッキによく採用されており、それが「マルコビート」とデッキ名になるレベルで活躍するとても強力なカードでした。

《アルティメット・影虎・ドラゴン》

  • 《アルティメット・ドラゴン》が新種族サムライを抱えて登場。ブレイク数増加に用いるものがドラゴンからクロスギアに変化しました。
  • 多くのクロスギアはドラゴンより軽いものの、それを多く並べることはハードルが高く、一斉にシールドをブレイクすることについては難しかったです。
  • 攻撃中のパワーはクロスギアの枚数に依存せず+6000固定。ついでに12000に達するものの3枚は割れません。
  • 全体的に癖のあるカードですが、一応メテオドラゴンの完全上位互換。DM-01のスーパーレアの完全上位互換としては早い段階で出た部類です。


以上、DM-27発売10周年記念記事シリーズでした。
《妖魔賢樹フライ・ラブ》は個人的にかなり気にいっているカードなので、そのうち再録されたりノーマルカードの棚に転がっているのを見かけたりしたら是非とも使ってみて欲しい1枚です。オボロカゲロウも暴騰しているので再録来るといいですね…
最後なのでアンケート二本立てです。