ルクシルスです。
時期的にはもうそろそろ新殿堂が来そうなので、予想でもしてみようかと思います。

※記事タイトルにもありますが予想です。

【プレミアム殿堂】
《ベイB ジャック》 
 →色々な側面から1コストで刷っていいカードではなかったと思います。
 →発想自体は面白いカードだったので調整版がほしいところ…
 →殿堂入りで様子見でいいかなと思ったものの、少し高めにプレミアム殿堂を予想。

《ラッキー・ダーツ》
 →大穴狙いの予想。《ラッキー・ダーツ》からの《オールデリート》による1ターンキル規制。
 →環境的にはあまり問題ないものの、こういう1ターンキルが生まれる可能性はあまり好ましくないのでは…と勝手に考えています。
 →《オールデリート》側の規制は個人的に考えにくい。

【殿堂入り】
《音精ラフルル》
《単騎連射 マグナム》
 →単騎ラフルルの2枚。逆転の要素をとても簡単に封じてしまうこの2枚はノーダメージでは済まないと思います。
 →片方はプレミアム殿堂もありそうですが、両方はいかないと思います。

《ミラクルストップ》
 →お気軽な呪文封じその2。
 →ミラダンテの弱体化としてはドラゴンズ・サイン規制もありますが、そちらは再録が決まったようなので。


【プレミアム殿堂→殿堂入り】
《ミラクルとミステリーの扉》
 →のちに《鬼丸「覇」》が殿堂入りしたこと、踏み倒しメタが以前よりもかなり増えたこと、環境の高速化に伴い。
 →4枚与えるのは流石に危ないかと。

《サイバー・ブレイン》
 →《王立アカデミー・ホウエイル》により純粋な4コストの3ドローが許されたので緩和はありそう。


【殿堂入り→解除】
《アラゴト・ムスビ》
《大勇者「鎖風車」》
 →ジャックがいる上での規制だったので。
 →一方、ジャックの調整版を出す上で邪魔になる場合は解除なしが妥当。

《魔光蟲ヴィルジニア卿》
 →パラサイトワーム好きの切実な解除希望カード。
 →今の御時世ならBロマノフもそこまで暴れないかと思うので。

《無双恐皇ガラムタ》
 →強力なカードであることは言わずもがな。とはいえ、あまりデッキに何枚も投入されるカードではなかったので殿堂入りが決まった当初から疑問の声があった1枚。





如何でしたでしょうか。
殿堂入りの話では毎回言えることですが、「このカードも殿堂入りすると思う」とか、「流石にこれ殿堂はないだろ」とか色々と思われることはあるかと思いますので、各自で色々と予想してみるのは楽しいと思います。