ルクシルスです。今回は、公式で現在やっている『ツインパクトカード投票所』について。

投票候補のカードについて好き勝手語っていきます。

光文明部門

《聖霊王アルカディアス》

  • お馴染みの光文明代表格カード。
  • 自身の性能も強力ですが、定期的な再録や数多くの派生カードもあることから、部門内の5体だと最も存在感があるカード。
  • 呼び出す前に踏み倒しや呪文でボコボコやられると辛いので、呪文面は《オリオティス・ジャッジ》や《レイン・アロー》辺りの系統だと個人的に嬉しいところ。
  • 光文明部門だとここに票が集まると予想しています。

《天海の精霊シリウス》

  • 今でこそ完全上位互換がいますが、《ヘブンズ・ゲート》といえばこれを連想する方は未だに多いのではないでしょうか。
  • 天門に入れろと言わんばかりのツインパクトは既に《星門の精霊アケルナル / スターゲイズ・ゲート》がいるので、こちらはフィニッシュに使えるタイプの呪文が入ると戦いやすそうです。

《光器ペトローバ》

  • 今こそ定期的に見かける「アンタッチャブル効果」を持った初のクリーチャー。
  • その場持ちの良さと、特定種族ALL+4000という強大なパンプアップから白の入る種族デッキにはよく採用されていた気がします。
  • 呪文面はなんでもいいのですが、クリーチャー面は《勝利のガイアール・カイザー》など彼女を容易に狩れるカードが充実してきたので何かしら防御面の増強が欲しいところ…

《龍聖霊ウルフェウス》

  • cipでS・トリガー呪文を何かしら唱えられた例のカード。
  • 呪文面はクリーチャー面とシナジーするように呪文サーチ系呪文になるかなと思います。

《偽りの王 ナンバーナイン》

  • パワーが不安定だった《光神龍スペル・デル・フィン》の採用枠に食い込んだ光コマンド・ドラゴン。
  • 部門内に《アルカディアス》と異なり、呪文を完全に封じられる点はやはり強みです。
  • 呪文面も《レイン・アロー》とか《シヴィル・バインド》とかの呪文封じ系になるかと…

水文明部門

《クリスタル・パラディン》

  • 元祖・水の進化獣。
  • 自身が低コストでフィニッシュにも適したカードなので、呪文面はあまり大規模なものよりもちょっとしたドローソースとかが似合いそうです。
  • 初期からやってる層からはかなり票を貰えそうな位置。

《シンカイサーチャー》

  • 意外!それはブルー・モンスターッ!
  • ブルー・モンスターでは唯一の光り物。cipも《クリスタル・メモリー》と堅実で強いカードですが、各文明5枠しかないこの枠に食い込んでくるのは流石にびっくりしました…
  • 山札を一気に見るクリーチャー面なので、呪文面は墓地から山札にカードを送る(《コンクリオン》や《オリーブオイル》のcipのような)ものとか、《リキッド・スコープ》のような他の非公開領域を見るものとかになりそうです。

《サイバー・N・ワールド》

  • 世界を作り変えるレベルの豪快なcipがウリの例のクリーチャー。
  • 呪文面は何を持たせても強いと思いますが、強いて言えばバウンス系でしょうか。バウンスは結果的に相手の手札を増やしてしまいますが、自身のcipと合わせてしまうと相手の手札の枚数は関係なくなってしまうので…
  • 初期組の票はパラディンに多く集まるものの、総合的には水文明部門だとここに票が集まると予想しています。

《ハリケーン・クロウラー》

  • 自分だけ魔天降臨(マナをタップしない)という爽快なcipでお馴染みの1枚。
  • ツインパクト化したら間違いなく楽しいカードだと思いますが、如何せん単体での性能ではなくコンボ性能をウリにしているカードはこういう投票だと上位に入ってこないイメージがあります。
  • ただ、《アストラル・リーフ》など多くのライバルを振り切ってこの5枠に入り込んできたことは事実。未だに再録のないカードが公式の投票企画に取り上げられたということで、ついでに再録されるといいなーと思いました。

《正体不明》

  • 《サーチャー》や《ハリケーン》もそうでしたが、これまた中々トリッキーなカードが枠に入り込んできました。
  • クリーチャー面が圧倒的なフィニッシュ力を持つので、呪文面は軽くて扱いやすいものがいいですね。cipは召喚限定なので《スピーカー》から呼び出して序盤から場を滅茶苦茶に荒らすようなことは回避できるかと…

闇文明部門

《悪魔神バロム》

  • 光のアルカディアスがいたならば…やはり闇文明にもバロムがいました。
  • 呪文面は純粋にリアニメイトや墓地回収でもいいと思いますが、バロムの魅力といえばやはり全体除去。呪文は呪文で場のクリーチャー無差別破壊のような感じで開き直って欲しいところです。
  • 光同様、闇文明部門も定番進化獣のここが多くの票を持っていきそうな気がします。

《冥府の覇者ガジラビュート》

  • cipで盾を確実に燃やすという分かりやすく堅実な強さのデーモン・コマンド。
  • 呪文は呪文で《生命剥奪》のような盾焼却呪文でもいいと思いますが、個人的には《暴発秘宝ペンゾ》のcipを使う呪文で逆に自分の盾を減らすような感じだと楽しいかなと思いました。

《漆黒戦鬼デュランザメス》

  • ノーコストで召喚してクリーチャーを全部回収する大物喰らいのあの子。
  • 呪文として墓地に落ちたツインパクトも拾っていける強化を受けたので追い風は確かに来ているはずです。
  • 呪文面でサイキック呼びが入るようなことがあれば自前でG0のデーモン・コマンドを補完できるので恐ろしいことになりそう。

《魔刻の斬将オルゼキア》

  • ダークヒドラを置いた上で自壊を続けていた頃が恐らく全盛期。
  • 相手に選ばれて旨味の少ない小型獣を事前に除去できる呪文や、破壊したいクリーチャーを確実に仕留められる《チェイン・スラッシュ》系の呪文が入ってくると扱いやすそうです。

《狼虎サンダー・ブレード》

  • ザガーンより1マナ重くなってcip除去を手に入れたザガーン亜種。
  • 単純なクリーチャー性能としては《究極生命体 Z》に負けてしまったので、今回呪文性能を手に入れられるとZ(ザキラ)に勝てるチャンスです。
  • ひょっとしたらブレードを斬撃ではなく打撃や防御に使っているのかもしれませんが、《斬将》の隣に彼のカード画像を置いてしまうのは如何なものなのか…

火文明部門

《ボルシャック・ドラゴン》

  • かっこいい。
  • ここが最多票になることがあればクリーチャー面は大きくテコ入れされそうですが、《大和ドラゴン》の立場がどうなるかは気になるところです…

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》

  • 《ボルシャック》や《ボルザード》といった先駆者を差し置いて『ボルコン』と称されるデッキの中心に入り込んだ人気の看板ドラゴン。
  • ボルメテウスとしては《サファイア》《ブラック》《蒼炎》である程度派生し尽くした印象があるのですが、なんだかんだでここが最多票になるのでは?と見ています。

《紅神龍バルガゲイザー》

  • 『連ドラ』の原点。このカードに影響されてドラゴンデッキを組んだ方も多いのではないでしょうか。
  • 「究極のバルガ龍幻郷」なるものが商標登録されているようで、ここが多くの票を勝ち取らなくてもその商品からバルガライザーに関連するツインパクトカードが出てくるのでは?と見ています。
  • 些細なことではありますが、投票ページにあるカードイラストが彼だけ銀縁だったりします。同じスーパーデッキに収録された《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》は黒縁なのですが…ひょっとしたら、ページ担当の社員さんが銀縁バルガゲイザー愛好家なのかもしれません。

《超竜ヴァルキリアス》

  • マナからドラゴンを踏み倒す共闘系の進化ドラゴン。
  • かつては《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を呼び出すなど様々な形で活躍しましたが、アーマードでないドラゴンが推されていくと共に採用数を減らしていきました。
  • 派生カードがシークレットを持っているなど、DMのカードとしてもそれなりに強いポジションなのですが如何せん対抗馬の4体が強者揃い。票を集めることはあるのでしょうか…

《ボルシャック・クロス・NEX》

  • 元を辿ればボルシャックの派生カードでありながら、本家と票を競うことになったまさかの1枚。
  • パワーインフレで採用機会は減ったものの、SA+TBの奇襲力に加え《光牙忍ハヤブサマル》や《終末の時計 ザ・クロック》といった防御クリーチャーを完封できる能力は今でも魅力的です。

自然文明部門

《大勇者「ふたつ牙」》

  • 完全上位互換の登場まではよく《青銅の鎧》などと一緒にビートダウンデッキに投入されていた1枚。
  • 人によってはDM-02からDM-39まで使い続けたカード。初期組の票は多く獲得しそうです。
  • 呪文面はマナブーストに巻き込まれたカードに効くマナ回収、伸ばしたマナでフィニッシュしにいける大型呪文のどちらかになりそう。

《緑神龍アーク・デラセルナ》

  • 初のマッドネス2打点であり、DM-12では唯一進化Vではなかったスーパーレアです。
  • そしてエントリーしているクリーチャーでは唯一のマッドネス持ち。つまり、自身がハンデス耐性を持つ呪文が生まれるチャンスということです。《永遠のリュウセイ・カイザー》などとは異なりマッドネスのみが個性なのでこのクリーチャーがツインパクト化するということはほぼ間違いなくマッドネスを手に入れます。
  • 気になる点はマッドネスの形式。E1以降で導入された自発的に使えないタイプか、当時と同タイプの《霊騎秘宝ヒャックメー》でばらまけるタイプか…

《口寄の化身》

  • バーサーカー、革命軍、ツリーフォークetc…普段あまり役に立たない種族にも価値を与えられる貴重なドローソース。
  • 6マナとそこそこ重い、事前に多少の展開が必要、《ハッスル・キャッスル》の登場などで採用機会が減りましたが、マイナー種族好きとしては中々ありがたかった1枚です…
  • 呪文は逆に種族被り禁止の《強欲の開拓》的な手札消費カードになりそうな予感がします。

《緑神龍ディルガベジーダ》

  • 圧倒的高パワーの準バニラとこれこそが自然文明!と言わんばかりの性能。
  • 自然文明といえば高パワーだ!と考える層からは多くの票を勝ち取れそうな1枚です。
  • イラストが色々混ざっているので呪文はクリーチャー面とは対象的にごちゃごちゃしそう…

《牙英雄 オトマ=クット》

  • 調整版《ボルバルザーク・エクス》という言葉が相応しい緑竜。
  • 自然文明の人気カードとしては少々影が薄いように感じますが、5体の中では最もコンボ性能の高いカードなのでそういう路線での支持は厚そうです。

最後に

  • クリーチャー面はほぼそのままのスペックでツインパクト化するだろうという先入観で色々と考えてみました。
  • 実際は《サイバー・N・ワールド》みたいな今でも十分強いカードは部分的に弱体化してクリーチャー面を作ったり、《ボルシャック・ドラゴン》のようなクリーチャー面が時代に追いつけないようなカードは呪文面を相当強くしたり、クリーチャー面を大幅に強化したりするかと思います。
  • 4月12日~5月4日は毎日投票が行えるようなので、気になるクリーチャーがいたら毎日投票してみるのが良さそうです。
  • Twitterやブログをやっている方は、推しているカードについてアピールしてみるのもいいかもしれませんね!