エリア戦開始直前となった新DMブロック大会。
今回は大会で流行が予想されるデッキタイプのリストをいくつかピックアップしてご紹介します。
images (11)




関連記事:
vault大会第一週まとめ
http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/report8.html
vault大会第二週まとめ
http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/report9_5.html
Vault大会第一週中の阿修羅ムカデサンプルデッキ
http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/centipede.html
新二弾発売直後デッキタイプ予想まとめ(「新DM」1)
http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/block.html
店舗大会後半戦直前デッキタイプまとめ(「新DM」2)
http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/block2.html




ブロック構築大会まとめ:
第3回YSなんば3号店デュエマCS:2017年9月2日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11689.html

第24回デュエルマスターズ高槻CS(ブロック構築戦):2017年9月17日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11854.html

第1回DMまさよしーえす:2017年9月18日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11860.html

第5回シーガルこどもCS:2017年9月18日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11865.html

第10回デュエルマスターズ福山CS:2017年9月23日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11914.html

第七回BM吹田店デュエマCS ブロック構築戦:2017年9月24日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11928.html

第6回 ホビステ・デュエマ仙台駅前CS【2017ブロック構築戦】:2017年9月30日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-11978.html

第1回石川デュエマコンプオフ野々市CS:2017年10月7日
http://supersolenoid.blog63.fc2.com/blog-entry-12037.html

(情報募集/中止?)第八回デュエルマスターズ弁天町CS:2017/10/15



いままでのメタゲーム
「阿修羅ムカデ」(ムカデグラスパー)が圧倒的なシェアを持ってトップに君臨。
後を追うのはガンブルマン・ブランド擁するビートジョッキー。
遅れをとったジョーカーズ・メタリカはそのカードプールをもってそれぞれ両雄に挑戦します。
当記事では前回のhttp://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/block2.html を下敷きにその後の発展をまとめます。







サンプルデッキレシピ
阿修羅ムカデ
images (38)
概要:ゲームスピードの遅いブロック構築戦では圧倒的な盤面保持力を持つ[阿修羅ムカデ]を中心としたコントロールデッキです。
カラーは黒緑の2色、またはそれに10枚前後の1色を足した3色で構築されることがほとんどです。
[阿修羅ムカデ]ミラーの対抗策としてほとんどのデッキが[グレート・グラスパー]を採用しており、このことから「ムカデグラスパー」と呼ばれることもあります。
新3弾以降のプールでは長期戦に強い[悪魔神 バロム・クエイク][凶鬼08号 ギャリベータ]等が使用可能になりました。
全体的なカードパワーが高く、苦手とするデッキも少ないためエリア戦では堅実な選択肢の一つと言えるでしょう。
(黒緑)
4 x グレート・グラスパー
4 x 阿修羅ムカデ
4 x 魔薬医 ヘモグロ
4 x ルドルフ・カルナック
4 x 青銅の鎧
4 x フェアリー・ライフ
4 x 解体人形ジェニー
3 x 凶殺皇 デス・ハンズ
4 x 罠の超人
2 x オヴ・シディアDG
2 x 電殺医 ストマック
1 x 未来設計図
(黒緑2)
4 x フェアリー・ライフ
4 x グレート・グラスパー
4 x 阿修羅ムカデ
4 x 解体人形ジェニー
4 x ハイエイタス・デパーチャ
4 x 凶鬼09号 ギャリベータ
4 x 罠の超人
4 x ルドルフ・カルナック
3 x 凶殺皇 デス・ハンズ
2 x 電殺医 ストマック
2 x オヴ・シディアDG
1 x 悪魔神バロム・クエイク
採用候補等こちらから(Vault大会第一週中の阿修羅ムカデサンプルデッキhttp://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/centipede.html)




ビートジョッキー
images (37)
概要:通常環境でも強力な赤単ビートジョッキーを限定構築用に改良したものになります。
特徴的なのは[ランド覇車 ガンブルマン]の採用で、これによりゲーム上に常に一定数存在するシステムクリーチャー「一番隊」の効率的な破壊が可能です。
ビートダウンの中でも[天風のゲイル・ヴェスパー]や[燃えるデット・ソード]等の大型の登場前にゲームの決着が可能なスピード面での優位、パーツの一部変更で通常環境でも活躍できるコストパフォーマンスも相まって、店舗大会では「阿修羅ムカデ」に次ぐシェアを得ていました。
新3弾プールでは目新しいカードの追加がない上、[防鎧]の登場も相まってやや苦しい戦いが予想されます……が、統計上ではすべてのアーキタイプと五分以上に戦えている……との噂も。

(赤+白[低速])
4 x ランド覇車 ガンブルマン
4 x 一番隊 チュチュリス
4 x ダチッコ・チュリス
4 x ナグナグ・チュリス
4 x 爆殺!! 覇悪怒楽苦
4 x ”罰怒”ブランド
4 x マスター・スパーク
4 x キバセン・チュリス
4 x ボワー汽艦 ゴリンゴリ
4 x ドープ”DBL”ボーダー
候補:ノヴァルティ・アメイズ、早撃人形マグナム、スチーム・ハエタタキ

(赤+白[高速])
4 x ホップ・チュリス
4 x 一番隊 チュチュリス
4 x ダチッコ・チュリス
4 x ステップ・チュリス
4 x トツゲキ戦車 バクゲットー
4 x ナグナグ・チュリス
4 x ラウド”NYZ”ノイジー
4 x マスター・スパーク
4 x ランド覇車 ガンブルマン
4 x ”罰怒”ブランド
候補カード:ドープ”DBL”ボーダー、アッポー・チュリス、”魔刃”戦車 ゴーディオ、マスター・スパーク、ノヴァルティアメイズ、ハードラック、OUTブレイク、キバセンチュリス





ジョーカーズ(J)
image

概要:1・2弾でカードプールを大きく拡充した無色ジョーカーズデッキです。
他文明に比べ[ドツキ万次郎]や[デック・ザ・デッキー]などの除去が優秀で、ビートダウンとのマッチでは優位になります。
[破界秘伝ナッシング・ゼロ]と噛み合いの悪いもののカードパワーの高い火ジョーカーズの投入は好みが分かれるところ。
4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
4 x ヤッタレマン
4 x ワッショイ万太郎
4 x ヘルコプ太
4 x 破界秘伝ナッシング・ゼロ
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x パーリ騎士
3 x ツタンカーネン
3 x デック・ザ・デッキー
2 x 消王ケシカス
2 x 超特Q ダンガンオー
2 x ジョリー・ザ・ジョニー
候補カード:ドツキ万次郎、ソー爺さん





ジョーカーズ(赤)
images (11)

概要:3弾から登場した赤いジョーカーズをメインに据えたデッキです。店舗大会後半戦ではJ・O・Eの層の薄さ故安定した結果を残しづらいデッキタイプでしたが、ここにきて[ヴァーニング・ヒーター]や[超Z級 ゲキシンオー]の登場もあり、勢いづきました。
ただ、無ジョーカーズと[メラビート・ザ・ジョニー]+JOEの兼ね合いは大きな課題で、今後のレシピの研究が待たれます。
4 x ヤッタレマン
4 x ヘルコプ太
4 x パーリ騎士
4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
4 x SMAPON
4 x 超Z級 ゲキシンオー
4 x 爆殺!! 覇悪怒楽苦
4 x バーバーパパ
3 x メラビート・ザ・ジョニー
3 x カメライフ
2 x ツタンカーネン
候補:ケシカス、富士山ッスル、スチームハエタタキ、メラメラジョーカーズ、絶対音カーン





白系アグロ(白+黒)
images (12)

前回記事のメタリカ(http://blog.livedoor.jp/dmportal/archives/block2.html)から派生したアグロデッキです。フィニッシャーには赤攻銀マルハヴァンを選択。なんといっても[防鎧]によるメタ性能は圧倒的で、「一番隊」に依存する多くの種族デッキを封じ込めることができます。ただビートジョッキーに対しては1・2ターン目の速さを維持されると[防鎧]を立てていてもそこから形勢を逆転させるのは難しくなるため、加えて何らかの対策が必要でしょう。
(白)
4 x 一番隊 クリスタ
4 x 龍装者 バーナイン
4 x 青守銀 ルヴォワ
4 x 赤攻銀 カ・ダブラ
4 x 赤攻銀 マルハヴァン
4 x 絶対の畏れ 防鎧
4 x マスター・スパーク
4 x 紅の猛り 天鎖
3 x 奇石マクーロ
3 x シンクロ・シールド
2 x 緑知銀 フェイウォン

(白+黒)
4 x 青守銀 ルヴォワ
4 x 一番隊 クリスタ
4 x 絶対の畏れ 防鎧
4 x 赤攻銀 マルハヴァン
4 x 奇石マクーロ
4 x 魔薬医 ヘモグロ
4 x ルドルフ・カルナック
4 x マスター・スパーク
4 x 龍装者 バーナイン
2 x 凶鬼03号 ガシャゴズラ
2 x 赤攻銀 カ・ダブラ
候補:岩砕、DNAスパーク、ルドルゴ(……等3コストの枠)





グランセクト(緑)
images (60)
グランセクト特有の12000以上のクリーチャーへのサポートを利用したデッキです。
ゲーム速度は遅く、アグロ系デッキには苦戦を強いられますが 、一度力を発揮すれば阿修羅ムカデ系のコントロールにも有利に立ち回ることができます。
メタゲーム次第では第一線での活躍も期待できるアーキタイプでしょう。
店舗大会以後のカードプールでは古龍遺跡 エウルブッカの追加がありました。緑単に寄せた構築の増加・防御力の上昇が予想されます。

(緑)
4 x タバタフリャ
4 x ボントボ
4 x タルタホル
4 x コレンココ・タンク
4 x ジャンボ・ラパダイス
4 x 天風のゲイル・ヴェスパー
4 x グレート・グラスパー
3 x 古龍遺跡エウル=ブッカ
3 x キキリカミ・パンツァー
3 x ゼノゼミツ
3 x デスマッチ・ビートル
候補カード:ダンガンテイオー、デット・ソード、バイナラドア、一番隊 ルグンドド、ベジタバッタ・パンツァー










筆者の「推し」デッキタイプはジョッキー・黒緑ムカデ、次いで赤&無ジョーカーズ・マルハヴァン……といった感じです。あなたはどんなデッキがお好き?


CS・Vault大会及びエリア戦の結果は今後もデュエマだいすきクラブ上でレポートしていきます。よしなに。