2009年07月17日

かび

国によっては,カビを除去するために学校を閉鎖するとか家や事務所を一時的に空けるとかいう話も珍しくありません。
2002年の初めには,オープンしたばかりの,スウェーデンのストックホルム近代美術館が,カビのために閉館に追い込まれました。
カビの除去と対策に,なんと約500万法別5億5,000万円)もの費用がかかりました。このような問題が近年増えているのはなぜでしょうか。
それに対する答えには,二つの要因,つまり建物の資材と設計が関係しています。
ここ数十年の間に,カビの影響を受けやすい製品が建材として使われるようになりました。
その一例は,乾式壁つまり石膏ボードです。それは多くの場合,石膏を固めた板の表面に紙を張って造られています。
紙で覆われた石膏部分は湿気を吸います。
ですから,この石膏ボードに長期間湿気が保たれていると,カビの胞子が紙を栄養源として発芽・生育する場合があるのです。
構造面の設計も変化してきました。
1970年代までは,米国でも他の幾つかの国でも,多くの建物は,断熱性や気密性がそれほど高くない設計になっていました。
その後それが高くなったのは,外気の影響を最小限に抑えることや,
空気の通る隙間を減らすことによって建物のエネルギー効率を高めたい,との願いからでした。
その結果,室内に入った水分は長くとどまることが多くなり,カビが発生しやすくなっています。
この問題の解決策はあるのでしょうか。
カビの問題を解決する,あるいは少なくとも最小限に抑える一番効果的な方法は,
室内のすべての物をいつも乾いた清潔な状態にしておき,湿度を低く保つことです。
どこかに結露が生じたなら,直ちにそこの水気を拭き取って乾燥させ,再び結露することがないように必要な工事や修理を行なってください。
例えば屋根や雨どいは,手入れの行き届いたきれいな状態にしておきましょう。
また,建物の基部の地面は,水がたまらないように外側に向かって傾斜させておくことができます。
エアコンがあるなら,水滴受けの皿をきれいに保ち,排水管を詰まらせないようにしておきましょう。
ある政府機関は,「カビを防ぐうえで重要なのは,湿気を抑えることです」と述べています。
幾つかの簡単な対策を講じるだけで,あなたやご家族は,カビの不快な面を見ずにすむでしょう。
幾つかの点で,カビは火に似ています。有害な場合もあれば,非常に有益な場合もあるのです。
それは多分に,わたしたちがカビをどう活用し,どう制御するかにかかっています。言うまでもなく,
カビについて学ぶべきことはまだたくさんあります。

dna24236 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月12日

乳糖不耐症

乳糖不耐症の症状の一部もしくは全部を経験している人は世界の成人人口の75%に上るという推定があるからです。
どのような症状が現われるのでしょうか。原因は何でしょうか。最も重要なこととして,それに対処するため何が行なえますか。
「乳糖不耐症」とは,牛乳の糖質の主成分である乳糖を体が消化できない症状のことを言います。
乳糖が血流に吸収されるには,ブドウ糖とガラクトースに分解されなければなりません。
そのためには,ラクターゼと呼ばれる酵素が必要です。問題は,乳幼児期以降,体内のラクターゼの産生が減少するということです。
多くの大人はラクターゼの不足により乳糖不耐症になるのです。
消化しきれないほどの乳糖を牛乳や乳製品を通して摂取すると,結腸のバクテリアはそれを乳酸と二酸化炭素に変化させます。
すると30分もしないうちに,吐き気,けいれん,鼓腸,下痢といった典型的な症状が現われます。
自分が乳糖不耐症であることを知らない人は,これらの症状を和らげようとしてさらに牛乳を飲むかもしれませんが,それは問題を悪化させるだけです。
乳糖不耐症の程度は人によって異なります。小さなコップ一杯の牛乳を飲んだだけでは悪影響の出ない人もいれば,
それだけの量で幾つかの症状が現われる人もいます。どれだけの耐性があるかを調べるには,
まず小さなコップ一杯の牛乳から始めるとよい,と言う人もいます。そして回を重ねるごとに飲む量を徐々に増やしてゆきます。
このことに関して,乳糖不耐症の症状は不快ではあるものの,危険になることはめったにないという点を覚えておいてください。

乳糖不耐症に悩まされているのであれば,何が食べられ,何が食べられないかを知っておく必要があります。
多くのことがあなたの耐性レベルに依存しています。乳糖を含む飲食物には,
牛乳,アイスクリーム,ヨーグルト,バター,チーズなどがあります。ケーキ,シリアル,サラダのドレッシングなど,
加工食品にも乳糖が含まれている場合があります。それで乳糖不耐症の人は,そうした製品の栄養表示ラベルを確認すべきでしょう。
当然ながら,牛乳は主要なカルシウム源であり,カルシウムが不足すると骨粗鬆症になる危険があります。
それで乳糖不耐症の人は,別のカルシウム源を探さなければなりません。
ブロッコリー,キャベツ,ほうれん草など幾つかの新鮮な野菜にはカルシウムが含まれていますし,
アーモンドやごま,またイワシやサケなど骨が柔らかい魚にもカルシウムが含まれています。
たとえ乳糖不耐症であったとしても,牛乳や乳製品を断つ必要はないかもしれません。
むしろ,どれだけ耐性があるかを調べ,その耐性を超えない量だけ摂取するようにします。
乳糖を含む製品は,可能な限り他の食物と一緒に食べます。
また,よく熟成させたチーズは乳糖が少ないため,問題にならないかもしれないことを念頭に置いてください。ヨーグルトはどうでしょうか。
ヨーグルトには牛乳と同じぐらいの乳糖が含まれていますが,乳糖不耐症の人でも問題なく消化できる場合があります。
なぜでしょうか。ヨーグルトにはラクターゼを合成する微生物が含まれており,このラクターゼが乳糖の消化を助けるからです。
ですから,乳糖不耐症であったとしても心配する必要はありません。これまで見てきたように,
この病気に関する知識を得れば,簡単に制御することができます。ただし以下の点を忘れないでください。

(1)自分の耐性の程度を見極めるために,他の食べ物と一緒に少量の牛乳や乳製品を摂取する。

(2)ほかの乳製品に比べ概して消化のよいヨーグルトや熟成したチーズを食べる。

(3)無乳糖製品や,ラクターゼを含む製品が手に入るなら,それを使用する。


乳糖不耐症は,他のどのグループよりもアジア系の人々に影響を及ぼします。最も影響が少ないのは北欧系の人々です。

乳糖不耐症かどうかを知る方法が幾つかあります。

乳糖耐性検査:?絶食したのち,乳糖の入った液体を飲みます。その後,採血して,乳糖がどれだけ消化されたかを見極めます。

水素呼気検査:?未消化の乳糖は,水素などさまざまな気体を発生させます。その気体は腸から血流,次いで肺に移動し,最後に息として吐き出されます。

便酸性度検査:?結腸にある未消化の乳糖は酸を作り出すので,検便によってその酸を検出することができます。

これらの検査は通常,外来で行なわれます。




dna24236 at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月28日

ハンチントン病


世界中の幾万もの人々が,中枢神経系の遺伝子疾患であるハンチントン病に苦しんでいます。
ハンチントン病は遺伝するので,家族の複数の人がこの病気にかかることが少なくありません。
ハンチントン病が,患者にとってもその介護に当たる人にとっても「悪夢のような体験」と呼ばれているのも,もっともなことです。
?ハンチントン病とはどのような病気でしょうか。患者や介護者には,どのような助けがあるのでしょうか。
ハンチントン病は,1872年にその症状を最初に報告したジョージ・ハンチントン医師にちなんで名づけられました。
患者は初めのうち,性格や行動の面で微妙な変化を来たし,病気が進行するにつれて,それはしだいに顕著になってゆきます。
気分がよく変わることや怒りっぽくなることから,抑うつ状態や激しいかんしゃくにまで及びます。
さらに,身体の不随意運動や,手足の震えも経験するでしょう。
体の各部の協調がとれなくなり,身のこなしが次第にぎこちなくなります。
発話が不明瞭になり,物を呑み込むのが難しくなり,記憶力や集中力が低下します。
学習すること,組織立てて考えること,問題を解決することなど,
今までずっとしてきた事柄が,全くできなくはないまでも,とてもしにくくなります。
ハンチントン病の症状は,残りの人生を通してずっと続き,だんだんひどくなってゆきます。
?いつかは仕事をやめなければならず,自分自身のこともできなくなります。
ハンチントン病の人にとって,それは大きなショックです。
ハンチントン病の人にとって,自分の身体的,精神的な力が徐々に衰えてゆくのを見るのは,とてもつらいことです。
また,愛する人にとっても,患者がこの恐ろしい病気の犠牲になるのを目の当たりにするのは,胸の張り裂けるような思いです。
ハンチントン病を患う人の支えになるために何ができるでしょうか。
ハンチントン病に治療法はまだありませんが,適切な医療介護によって,病状に対処するよう助けられている人が多くいます。
「それは,この病気の長期的な退行性変化に影響を及ぼすものではないが,患者の生活の質を大幅に向上させる」
例えば,ハンチントン病の患者の中には,けいれんや抑うつ状態を抑える薬が効果的であった人もいます。
栄養士の援助も助けになるかもしれません。なぜでしょうか。
ハンチントン病の人はやせてしまうことが問題となる場合が多く,体重を維持するために,高カロリーの食事を取らなければならないからで
では総合的に見て,ハンチントン病の人は何をいちばん必要としているのでしょうか。
「皆さんの理解です」
当然ながら,そばで介護に当たり,あれこれと不安に直面している人にも支えが必要です。
介護する人にとって励ましが必要なのは明らかです。
ハンチントン病が末期になるにつれ,介護者は最もつらい決断を迫られるかもしれません。
ハンチントン病は男性も女性も罹患します。
ハンチントン病の症状とその進行の程度は人によって大きく異なります。
ハンチントン病の患者の平均余命は,発症してから15年ないし20年ほどです。それよりかなり長く生きる人もいます。
患者は,上手に咳をして肺の感染症を防止することができないため,多くの場合,肺炎のために死にます。
??ハンチントン病にかかっている親の子どもは,その病気を50%の確率で受け継ぎます。なぜでしょうか。
??人体のすべての細胞には23対の染色体が収められています。それぞれの染色体の対のうち一方は父親から,もう一方は母親からもらい受けたものです。
仮に父親がハンチントン病にかかっているとします。
父親は対になっている自分の染色体のうち一方だけを子どもに伝えます。
父親の染色体の異常は片方だけにあるため,その子どもがハンチントン病を受け継ぐ確率は,コイン投げと同じ50%です。
??ハンチントン病は通常30歳から50歳のあいだに発症するため,人がハンチントン病にかかっていると診断されたときには,すでに子どもがいるかもしれません。
??ハンチントン病であるとの診断が下された場合,本人にはどれだけのことを伝えるべきでしょうか。
患者の家族の中には,治療法のない退行性の疾患にかかっていることを知るなら本人は動揺するのではないか,と心配する人もいます。
しかし,本人は知らないでいるほうがよいと決めつけるのは賢明ではありません。ハンチントン病に関するある冊子は,
「私たち自身の心配や苦悩が過保護につながる恐れもある」
と警告し,さらに,「[患者は]変だと思っていた事柄すべてにやっと説明がつき,大きな安堵を覚える[こともある]」と述べています。
加えて,この病気は遺伝するので,ハンチントン病の人は,将来子どもをもうける際にその危険性を知っておくことも必要です。

dna24236 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月16日

黒死病2

894年になって初めて,フランスの細菌学者アレクサンドル・イェルサンは,黒死病を引き起こすバクテリアを特定しました。
そのバクテリアは彼の名前にちなんで,イェルシニア・ペスティス(Yersinia?pestis)と呼ばれました。
4年後,やはりフランス人であるポール・ルイ・シモンが,病気の伝染におけるノミ(げっ歯類によって運ばれる)の役割を明らかにしました。
間もなくワクチンが開発され,ある程度の成果を収めました。
ペストは過去のものとなったのでしょうか。そうではありません。
1910年の冬には,満州で発生したペストのため,約5万人が死亡しました。
さらに世界保健機関は,毎年幾千件もの新たな症例を記録しており,その数は増え続けています。
この病気の新種も幾つか発見されています。治療に対して耐性のある菌種です。
確かに,基本的な衛生基準が守られなければ,ペストは人類を脅かし続けます。
ジャクリーヌ・ブロソレ,アンリ・モラレ共編の「なぜペスト??ネズミとノミと横痃」(フランス語)と題する本はこう結んでいます。
「ペストは昔の中世ヨーロッパの病気などではない。……残念ながら,将来の病気となるかもしれない」。



dna24236 at 10:10|PermalinkTrackBack(0)

2009年05月12日

黒死病1

それは1347年のことでした。すでに極東で猛威を振るっていたその疫病は,今やヨーロッパ東端近くにまで達していました。
クリミア半島にある,防備の施されたジェノバ人の交易所カッファ―現在のフェオドシア―は,
モンゴル人によって包囲されていました。ところが,モンゴル人はその謎の病気によって壊滅的な打撃を被り,
攻撃を打ち切ってしまいます。しかし,撤退まぎわに,いわば最後の致死的な一矢を放ちました。
巨大な投石機を使い,疫病の犠牲者のまだ生暖かい死体を市の城壁の向こう側に投げ込んだのです。
疫病はその町でも蔓延し,後にガレー船でそこを脱出したわずかな数のジェノバ人の兵士たちが,寄港する先々でその病気を広めました。
何か月もたたないうちに,ヨーロッパ全土は死人であふれかえりました。
病気は急速に広まり,北アフリカ,イタリア,スペイン,イングランド,フランス,オーストリア,ハンガリー,スイス,ドイツ,北欧諸国,
そしてバルト海沿岸に伝播しました。2年余りの間に,ヨーロッパの全人口の4分の1以上,つまり約2,500万人が,
「人類史における最も残忍な,人口統計学上の大惨事」と言われるもの,つまり黒死病の犠牲になりました。

黒死病の悲劇をもたらしたのは,病気だけではありませんでした。
この災難を深刻化させた要素は幾つかありますが,宗教的熱狂もその一つでした。
例えば,煉獄の教理を取り上げましょう。「13世紀の終わりまでに,煉獄の教えは至るところに浸透していた」と,
フランスの歴史家ジャック・ル・ゴッフは述べています。
14世紀初頭には,ダンテが,地獄と煉獄の様子を生々しく描写した「神曲」という書物を著わしました。
この書物の影響力は甚大でした。そのようにして生まれた宗教的風潮の中で,疫病を神から直接下された罰とみなし,
恐るべき冷淡さとあきらめをもって対応する傾向が生まれます。
後ほど考慮しますが,このような悲観的な考え方は実際に病気の伝染を助長しました。
「疫病がはびこるうえで,これ以上に格好の環境は望めなかったであろう」と,「黒死病」(英語)の著者フィリップ・ジーグラーは述べています。
さらにヨーロッパでは,度重なる不作という問題もありました。
結果として,ヨーロッパ大陸で急速に増加していた住民は栄養失調に陥り,病気に対する抵抗力を失いました。

教皇クレメンス6世の侍医ギ・ド・ショーリアックによると,ヨーロッパを襲った黒死病,
つまりペストには二つの種類がありました。
肺ペストと腺ペストです。ショーリアックはそれらの疾患について次のように詳しく説明しています。
「肺ペストは2か月に及んだ。高熱が続き,血を吐き,3日以内に死亡した。腺ペストは残りの期間中ずっと続いた。
高熱が続く点では前者と同じだが,体の外側,主に脇の下や,腿の付け根に,膿瘍や癰ができる。これにより,
患者は5日以内に死亡した」。医師たちにはこの疫病の拡大を食い止めるすべがありませんでした。
多くの人はパニックに陥り,感染した大勢の人々を残して逃げ出しました。実際,最初に逃げた人たちの中には
,裕福な貴族や専門職の人々が含まれていました。聖職者の中にも脱出を試みた人はいましたが,
多くの修道会は感染を免れることを願い,それぞれの修道院に隠れました。
この混乱のさなかに,教皇は1350年を聖年と宣言しました。
ローマに巡礼すれば,煉獄を通らずに直接,楽園に入ると約束されました。
幾十万もの巡礼者がその呼びかけにこたえ応じ,旅先で疫病を広めてゆきました。

黒死病を制御する努力はすべてむなしい結果に終わりました。
その感染経路を実際に知っている人は一人もいなかったからです。
ほとんどの人は,患者との接触だけでなく,患者の衣服に触れることさえ危険であることを悟っていました。
感染者の視線を恐れた人さえいました。ところが,イタリアのフィレンツェの住民は,この疫病を猫や犬のせいにし,
それらの動物を片っ端から殺してゆきました。この方法が,感染を広める元凶となった動物をしたい放題にさせる結果になるとは
夢にも思わなかったのです。その動物とは,ねずみです。
死亡者数が増大するにつれて,神に助けを求めるようになった人もいました。
男性も女性も,神が自分たちをこの病気から守ってくれること―もし死ぬのであれば少なくとも天国での命をもって報いてくれること―を願って,
持っていたものすべてを教会に渡しました。これによって,教会は莫大な富を得ることになりました。
病気を防いだり癒したりするため,お守り,キリストの像,経札入れなども流布していました。迷信や魔術やいかがわしい治療法に頼る人もいました。
香水や酢,さらには特別な配合の薬がこの病気に効くとされ,しゃ血も一種の治療法として好まれました。
パリ大学医学部の学識ある職員は,この疫病が惑星の特殊な配列のせいであるとさえ述べました。
しかし,でたらめの説明やまやかしの“治療”は,この致死的な疫病をとどめるのに何の役にも立ちませんでした。

およそ5年の歳月が流れ,黒死病はついに終息したかに見えました。しかし,13世紀の終わりまでに,
少なくとも4回息を吹き返しています。ですから,黒死病の余波は,第一次世界大戦のそれと比較されてきました。
「この風土病的疫病の到来が,1348年以降の経済と社会の双方に甚大な影響を及ぼしたということに対して,
異論を唱える近代の歴史家はほとんどいない」と,1996年発行の「イングランドにおける黒死病」(英語)という本は述べています。
黒死病は人口のかなりの部分を拭い去ったため,回復に幾世紀もかかった地域もありました。
労働者人口の減少に伴って,労働者の賃金は当然上がりました。かつての富裕な地主たちは破産し,中世の特徴とも言える封建制度は崩壊しました。
ですから,黒死病は政治的,宗教的,そして社会的な変化の起爆剤となりました。
イングランドでは,この疫病が広まる前,知識階級の間で一般に使われていたのはフランス語でした。
しかし,フランス語教師が大勢死んだため,英国では英語のほうがフランス語よりも優勢になりました。
宗教界においても変化が見られました。フランスの歴史家ジャクリーヌ・ブロソレが述べているように,
司祭志願者が不足したため,「教会は,無知で,無関心な人を採用することが多くなった」のです。ブロソレは,
「[教会における]学問と信仰の中枢は退廃してゆき,宗教改革が起こる原因の一つとなった」という見解を述べています。
黒死病が美術に影響を及ぼしたことは否定できません。死という題材がよく取り上げられるようになったのです。
一般に骸骨や死体などをモチーフにした有名な“死の舞踏”といわれるジャンルが,死の力を表わす寓意として人気を博しました。
この疫病の生存者たちの多くは,将来に対する不安が高じたために自制心をかなぐり捨て,道徳規準は地に落ちました。
教会に関して言えば,黒死病を防ぐことに失敗したため,「中世の人々は教会に全く失望」しました。
(「黒死病」)歴史家の中には,黒死病がもたらした社会的変化は,個人主義や進取の気性を育み,
資本主義の先駆けとなる社会的・経済的流動性を増し加えた,と述べる人もいます。
黒死病はまた,衛生管理のシステムを確立するよう諸政府を動かしました。
ベネチアは,この疫病が鎮静化した後,町の街路を清掃する取り決めを設けました。
善王と呼ばれたフランスのジャン2世も,流行病対策の一環として街路清掃を命令しました。
そのような処置を講じたのは,古代ギリシャの医師がアテネの街路を清掃し洗浄することによって町を疫病から救った,ということを知ったためでした。
中世の街路の多くは下水道と化していましたが,このようにしてようやく清潔になりました。



dna24236 at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月28日

マジックテープ

 1957年のこと,スイスの技師ジョルジュ・ド・メストラルは,自分の服にしっかりと付いている小さないがに,
たくさんの微小なフックがあることに気づきました。それらのいがとフックを研究したこの技師は,
すぐに独創的なアイディアを思いつき,その後8年をかけて,いがと同じ仕組みの合成品を開発しました。
その発明品はたちまち世界に広がり,現在ではマジックテープとして親しまれています。

dna24236 at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月17日

ホオジロザメ5

1970年代の小説で,後に人気映画になった「ジョーズ」という作品は,ホオジロザメに対する一般の人々のイメージを大きくゆがめました。
「ホオジロザメ」という本によれば,ホオジロザメはにわかに悪の化身とされ,
「捕獲記念品をねらう一団の人々は,自分たちの中でだれが真っ先に人食いザメの頭かあごを暖炉の上に飾るかを見届けようとして競争した」ということです。
やがて,ホオジロザメの歯の標本には1,000法淵ーストラリアで),歯が全部そろったあごには,2万飽幣紊涼佑付きました。
しかし,命を落とすホオジロザメのうち圧倒的多数を占めているのは商業目的の漁網にかかって死ぬものです。
加えて,ほかのサメ類も,急成長しているサメ製品市場,特にひれの市場を満足させるために毎年何百万尾も捕獲されています。
近年,捕獲される数が減少しているため世界中で警鐘が鳴らされてきました。それも特にホオジロザメに関する警鐘が鳴り響いています。
サメは病気の生物,死にそうな生物,年老いた生物,死んだ生物を求めて海洋をくまなく探し回っていることで知られています。
ですから,サメの生息数が健全であれば,海洋も健全で衛生的であるということを意味しています。
国際自然保護連合の種の保存委員会は,サメの生存が脅かされていることに気づき,サメの問題全体を研究するサメ専門家グループを設立しました。
しかし,ホオジロザメの研究は容易ではありません。ホオジロザメは子どもをたくさん生みませんし,捕獲されると死んでしまうからです。
ですから,研究は自然の生息地で行なわなければなりません。
サメについての理解が深まるにつれ,この魅力的な生物に対する人間の態度は変化してきました。
しかし,それによってホオジロザメが変わるわけではありません。
ホオジロザメは,悪魔のように恐ろしいものではないものの,危険な動物であり,その扱いには注意と敬意,それもかなりの敬意が必要な生き物なのです。


dna24236 at 20:30|PermalinkTrackBack(0)

自然の変速装置とジェットエンジン

現代の世界は,変速装置やジェットエンジンを利用して活動しています。しかし,それらの設計に関しても,
人間は自然界にかなわないことをご存じでしたか。変速装置の例を取り上げましょう。この装置のおかげで,
車のギアを変え,モーターを最も効率よく使うことができます。自然界の変速装置は,それと同じ働きをしますが,
エンジンと車輪ではなく,羽と羽を連結しています。どんな生き物がそのような装置を備えているのでしょうか。
普通のハエです。ハエには,羽と連結した3段変速のギアがあり,空中でギアを変えることができます。

イカやタコやオウムガイなどは,一種のジェット推進装置を持っていて,水中で前進することができます。
科学者たちはそうしたジェットエンジンを見て,うらやましく思っています。なぜなら,
それらの装置は壊れない柔らかい部品でできていて,非常に深い所でも持ちこたえ,静かに効率よく動くからです。
実際,イカは敵から逃げる時,ジェット噴射によって時速32舛泙能个垢海箸できます。「ワイルド・テクノロジー」という本によると,
「水中から飛び出して,船のデッキに上ることさえある」のです。

dna24236 at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月10日

ホオジロザメ4

ホオジロザメは,強くひとかみしてから傷ついた獲物を離すことで知られています。獲物が死ぬのを待ってから食べ始めるのです。
こうした習性が見られるので,襲われた人には助かる見込みがあります。勇敢な仲間に助け上げられたという話が時々聞かれます。
ですから,決して一人で泳いではいけないという忠告が賢明なことは明らかです。
しかし,ホオジロザメにもう一つの習性がないとしたら,助け上げようとすることは自殺行為に等しいと言えるでしょう。
他の幾つかのサメは,血の臭いをかぐと狂ったように食べようとしますが,ホオジロザメはそうしません。
でも,なぜホオジロザメはひとかみして,吐き出すのでしょうか。
ホオジロザメの目が関係しているのではないか,と一科学者は見ています。
他のサメとは異なり,ホオジロザメには目を保護するためのまぶたのような薄膜がありません。
何かが当たりそうになると,目を眼孔の中でくるりと回転させます。当たる瞬間も目をつむれず,
アザラシがばたつかせる,かぎづめのあるひれなどを避けることができません。
そのようなわけでホオジロザメは普通,素早く襲いかかって致命傷を与えると,獲物を吐き出します。
ホオジロザメはまた,人間の赤ちゃんととてもよく似た行動を取ることも思いに留めておきましょう。
どんなものか知ろうとして何でもすぐ口に入れてしまうのです。
「不幸なことだが,ホオジロザメが[試しに]かみつき,悲惨な結果の生じることがある」と,オーストラリアのシドニーの海洋生物学者ジョン・ウェストは言います。
ホオジロザメは危険ですが,人肉をあさる悪魔のような動物ではありません。
アワビ漁を行なう一人の漁師は,これまで6,000時間も水中に潜りましたが,見かけたホオジロザメは2尾だけでしたし,
その2尾とも襲いかかってはきませんでした。実際,ホオジロザメは人間を見るとたいていは逃げ去りました。
海洋探検家のジャック‐イブ・クストーと彼の仲間は,カボベルデ諸島でダイビングをしていた際,堂々たるホオジロザメに出くわしました。
「[サメの]反応は,とうてい想像できないものだった。
サメはひどく驚いて大量の排泄物を放出すると,猛烈な勢いで離れ去った」とクストーは書き,次のように結んでいます。
「ホオジロザメに関して我々がいろいろと経験した事柄を考えると,
私はいつも,この生き物に対する一般の人々のイメージと,我々が見た本当の姿との間に大きな隔たりがあることに驚いてしまう」。


dna24236 at 20:30|PermalinkTrackBack(0)

クモ

近年,科学者たちはクモについても注意深い研究を行なってきました。クモの糸の製造過程を何とか理解したいという願いがあるのです。
クモの糸も一つの複合体です。確かに,糸を作り出す虫は幾らでもいますが,クモの糸は特別です。
地上で最も強い物質の一つであり,科学関係の一著述家はこれを「夢のような素材」と評しました。
クモの糸は極めて特異なものであり,その驚くべき特性のリストを見れば,信じがたく思われるでしょう。

科学者たちはクモの糸について述べる際,なぜ最上級の賛辞を用いるのでしょうか。
クモの糸は鋼鉄の5倍も強い上に弾力性に富んでいますが,このような組み合わせは物質界では珍しいことなのです。
クモの糸は最も伸縮性のあるナイロンより30%も長く伸びます。
それでも,トランポリンのようには弾まないので,クモが捕らえた獲物を空中にほうり出すことはありません。
サイエンス・ニューズ誌(英語)は,「人間の規模で言えば,クモの巣は,旅客機を受け止めることのできる魚網に似ている」と述べています。

もしわたしたちがクモの化学上の妙技―2種類のクモは7種類の糸を作り出すことができる―をまねできたら何に利用できるか,
想像してみてください。はるかに高品質のシートベルト,縫合糸,義肢,軽量のロープやケーブル,防弾繊維などは,その数例にすぎません。
科学者は,クモがどのようにして糸をそれほど効率よく,しかも有毒な化学物質を使わずに作るのかを理解しようとしています。

dna24236 at 17:31|Permalink