2018年10月09日

スカイスクレイパー男旅 報告

先月、開催された

 

専務主催の「スカイスクレイパー男旅」

 

 

若い男性社員スタッフが

 

男から漢になる時間

 

 

やっと

 

参加した原口メンバーから報告書?

提出されましたので

 

 

転載します()

 

 

男旅旅行記


 

 910日から14日まで大鷲専務主催、岡山ボランティアを目的とした男旅へと行って参りました。
男旅旅行記らしい(そもそも男旅旅行記を見たことがありませんが)、
このような書体で書かせて頂きます。
この書体、もの自体はカッコイイですがゴチャゴチャしている文字だと読みづらいですね。
読みづらいと感じたら遠慮なく書体を変えて下さい。

 

 〜序章〜

 「それぞれ、普段からいろいろな事情や悩み、葛藤を抱えていると思いますが、
それを解消するための修行旅だと思って、
楽しんでまいりましょう!」ということで大鷲専務主催で、
逸見・佐藤・原口の計3人の男たちが集められました。

いや、男旅前はまだ本当の男になり切れていなかったのかもしれません。

道具も施設との打ち合わせも全て専務任せだったから・・・。

これから男たちは様々な困難に遭遇し真の男へとなっていく‼

 ということで専務、道具をはじめ、
何から何まで準備して頂き有難う御座いました。

 男旅自体は少し前から決まっていましたが、メンバーや日程、目的地も全て変更となりました。

正直、行く前は不安要素はたくさんありましたが

いざ行ってみるとそんな不安も感じていなかったかのように楽しむことができました。

 

 〜1日目〜

 9/10、AM6:00 太田西矢島店に大鷲専務、原口が集まりました。

雲があったのかそれともまだ太陽が昇り切っていなかったのかわからないがどんよりとした天気だった気がします。

よく覚えていません。

 AM7:00 埼玉県東松山市にある逸見の実家へ到着しました。

穏やかなところだった。近くのスタバに行きコーヒーと軽食を買い、

もう1人のメンバーが待つ静岡県へ向かいました。

 AM何時頃だったのか覚えていないが静岡にある富士高島町店に到着しました。

店に着いたが開店作業時間前、車は1台しか停まっていませんでした。

車の中はなんと、、黒はんぺんカレーや静岡抹茶ミルクを考えた米山さんが寝ていらっやいました!!!

3人に囲まれての起床、さぞ嫌な目覚めだったことでしょう。


「おはようございます!米山さん!」
(静岡へ行かれた際は黒はんぺんカレー、

静岡抹茶ミルクを是非ご賞味ください。
あっ…抹茶ミルクのんでない…。後で飲みに行きます。)

その後、

男旅最後のメンバー、佐藤とも合流しました。


IMG_1830


余談だが、お店に到着するまで私はずっと寝ていた気がします。

申し訳御座いませんでした!

高島町店を出発してからすぐ近くのワークマンでボランティアの服を買い、

服装を揃えたところで岡山に向かいました。

車内では6割くらいが猥談だった気がします。

その中でも1番盛り上がった?のが「ピンクしりとり」です。
内容は察して頂きたいです。
このピンクしりとりをしながら何度も県をまたぎました。

実に男らしい。

ここまでくると「しりとり」という言葉もそう聞こえてしまいます(笑)。

皆さんも、親しい友達とやってみて欲しいです。

色々とあって(ほぼ寝てました。すみません。)宿へと到着しました。

宿は山をほんの少し登ったところにあありました。

近くの焼き肉屋でお酒とお肉を頂き

(じゃんけんで負けた逸見はジュース)

宿で入浴し、8年ぶりくらいの組体操も挑戦しました。

(怪我しなくてよかったー。)

汗だくになりました。

で、
少し話をしながら翌日のボランティアに向けて意気込みそのまま熟睡。


IMG_1829

 

2日目〜

 宿で朝食を摂り(朝食付きでかなりコスパがいいそうです)、

「豪雨で被災された方々のチカラになりたい!」


という事で
そのまま倉敷ボランティアセンターというところに出発しました。

IMG_2803


元学校のようなところで、体育館の中で受付やら、説明やらを受けて

51組ということで、何度かボランティア経験があるという女性1名が加わりボランティア1日目が始まりました。

その女性は水族館の飼育係をやっているらしく。

解凍から火入れになるまでカレールーを管理している私たちと、

さほど変わらないだろうと思いました。
(水族館関係者の皆様、申し訳御座いません)


メンバー佐藤のTVにもあったように、
この日はひたすら壁の土のう(どのう)と呼ばれる土を砕き、

土のう袋に入れて運ぶというTHE・力仕事でした。

IMG_2806



経験のほとんどない作業、

慣れぬ手つきで黙々とやりました。

終盤は「この作業なら教えられるのではないか」というくらいにコツをつかみ、仕事効率が上がりました。

ケガもなく無事に終了し汗をかいたのでキャンプ場の受付を町役場で行い速攻風呂場へと向かいました。

裸の付き合いです。

キャンプ場へと向かいテントを立てました

専務のTVにもあったように、キャンプに関して、逸見は無類の使えなさを発揮していました涙。

苦戦しながらも無事にテント完成。


皆で感激しました。

キャンプ場は専務も裸で走り回るほど開放感がありました。


IMG_2801

食材を買い込みバーベキュー、

肉や魚貝類を焼きました。

専務の飯盒も成功し(プロ並みの腕前です)たらふく飲んだり食べたりしながらその日は終了しました。

 
IMG_2804

3日目〜

 キャンプ場で起床。

朝食は専務特製、スキレットで作った玉子焼き。

とてもとても美味しかったです。

皆眠い目をこすりながら(え、自分だけですか?)ボランティア会場へと向かいました。

 この日のメンバーは地元に住んでいるという男性1名。

何度もボランティアに参加しているようでした

大人しそうな方との5人のグループ。

二日目なので力仕事はお任せあれ!
です

IMG_2805

 ボランティア内容は大工さんに同行し家の床はがし。

その大工さんが家主も言うくらい強烈な方でThe・棟梁な感じの方でした。

実に男旅らしい、無事に鍛えられました。

その仕事も早く終わり(ほとんど大工さんのしごとですが)別のボランティアへと向かい

(あまりにも1つ目が早く終わったので特別ですよ)家の木を切るという内容。

瞬殺でした

 この日もケガがなく無事に終了。

昨日のテントを建てていた時間分、時間に余裕があったので

風呂場に行き近くを観光したり食材を買ったりしていよいよキャンプ開始。


IMG_2807

この日は昨日のものの他にポトフを作りました

専務お手製ポトフは

飯盒のようにこちらも大成功。

 いつものように飲み、食い、終了です。

 

4日目〜

テントを片付けて(この日も眠かったですね)芦屋ベイコート倶楽部というホテルへと移動しました。(眠かったです。)

道中、本場の明石焼きを頂きました。

芸能人のサインが沢山あったので有名な所だと思います。
(専務に調べて頂きました)

出汁に付けて食べる方法、

ソースで食べる方法、

ソース&出汁で食べる方法と、

3種類の食べ方があるとネットで調べたらあったので挑戦しました。

どれも美味しかったので今度やってみて欲しいです。

芦屋ベイコート倶楽部、調べれば凄さがわかるがVIPしか入れないようなところでした。

IMG_2799


リビング、浴室、寝室、トイレ、とにかく全てに「おぉー!!」と感心していました。

もう泊まる機会は無いかも知れない。もっとよく見ておけばよかったです

IMG_2800

チェックインを済ませたら、
地元に住んでいてスカイスともつながりがあるという下田竜司社長にお会いしました。

大阪の方だからなのか、関西人らしい方でした

1軒目は串カツ屋。

私が希望した。初の串カツ、とても美味しかったです。

2軒目は大阪の名物が食べられるというお店。

商店街の自称歩く食くグーグルマップさんに紹介してもらいました。

(ノリは完全にぼったくりのような人だった)

IMG_2795

大阪の名物をつまみにお酒を飲みまくり、下田社長から仕事やら、

人生やらの色々なお話をさせて頂きました
その上

LINEまで交換していただきました。

下田社長と別れてからホテルへと戻った。
(このときは旅中皆寝ていたのに起きていました・・・イェーイ‼)


IMG_2798

ホテルへと戻りバスローブ姿で色々とあり(笑いが絶えませんでした)そのまま就寝。

 

 〜5日目〜

 いよいよ最終日。

京都にある伏見稲荷大社に行きたいという事で行ってみました。

一言で表現するならば“鳥居が永遠と続く山”です

IMG_2796

汗をかきながら登山終了。

昼食は地元のものが食べたいと、

自称“歩く食べログ”こと原口が(冗談です。食べログで見つけたわけでもないです)京都の老舗“にしんそば”のお店を見つけ出発。

甘く煮たにしんが半身入っていてその出汁が出る事によって前半の汁の味と後半の汁の味が変化するという蕎麦。

小雨に降られ冷えた体にしみわたり余計に美味しかったです。


IMG_2797

 SAでお土産を買ったりしながら帰り(また寝てました)高島町店に到着。

佐藤メンバーと解散。

逸見メンバーの実家に向かう(ここでも寝てました。)

原口解散地点の西矢島店へ向かう(ここでは流石に寝ませんでした)

無事に解散。

 


 〜あとがき〜

 後半、時間の関係でざっと書いてしまいました。
申し訳ございません。

ここには書いていませんが将来のための深いお話も沢山させて頂きました。

 笑いが絶えず楽しい時間を過ごせました。
有難う御座いました。
絆も深まったと思います。


次回の男旅、楽しく男を磨きたい方、是非、参加してみてください!

長文で拙い文章失礼いたしました。

読んで頂き有難う御座います。

 

 

 

読み辛い文面もありましたが

 

 

内容の濃さは

十分に伝わって来ました

 

 

 

ボランティアに参加して

 

キャンプで自炊して

 

車で移動して

 

組体操して

 

 

 

帰ってきた原口君、良い顔していました

 

 

佐藤君は

 

「いつか、専務の代わりに自分が主催者になって開催します!」

 

言ってくれました

 

 

逸見君は・・・

 

ファッションセンスを磨くところからです。。。

 

 

 

 

それぞれが

 

普段、ぬるい環境で過ごしていては出来ない経験をして

 

心が強くなったと思います

 

 

 

この

 

「男旅」きっかけで

 

先々

 

ハードボイルドに語れる漢になっている事を祈ります

 

 

 

 

 

タフじゃなくては生きていけない。

やさしくなくては、生きている資格がない

 

            フィリップマーロウ

 

 

 

GOFIGHTWIN

 


この記事へのコメント

1. Posted by だーすーは   2018年10月10日 03:15
お疲れ様です。ボランティア素敵です。
米ちゃんさんの寝顔とピンクしりとり
気になります。
ピンク 栗きんとん・・・
2. Posted by きよよん   2018年10月10日 07:49
お疲れ様です。

原口くんの男旅報告書
とても楽しく拝見させていただきました。(^O^)

先日、原口くんから男旅のお土産もいただきました。😋
その時は、内容が濃かったという話をお聞きしておりましたが、この報告書を拝見してもっと細かくお聞きしたいなと思いました。

中々、経験出来ない
最高の思い出ですね。(^O^)



3. Posted by 原口智光   2018年10月10日 09:33
お疲れ様です。
ブログへの転載ありがとうございます。

文章中、上手く表現出来なかったり、抜けていた部分もあるとは思いますが「漢になった」「濃い時間だった」ということは読み取っていただけて幸いです。
同行した隊員の方々、シフト協力して下さった皆さん、ありがとうございました!
4. Posted by 大鷲   2018年10月10日 15:07
恐れ入ります。。。

昭和の仮面ライダーばりの男くささしかない旅でしたが、各自何かしら感じてくれたようで、少々安心しました。
私自身が一番楽しんでしまいましたが。。。

社内に漢を増やす活動、今後もジャンジャン進めてまいります。
5. Posted by 加藤直美   2018年10月15日 03:10
5 素晴らしい経験になる男旅でしたね⭐️⭐️⭐️
6. Posted by 西牧です   2018年10月15日 15:02
だーすーはさん

栗きんとんは
「ん」でOUTではなく
ピンクじゃないからOUTです(笑)。
7. Posted by 西牧です   2018年10月15日 15:03
きよよんさん

漢らしくなった原口君の今後の活躍に期待ですね☆
この経験が未来に活きますように!
8. Posted by 西牧です   2018年10月15日 15:04
原口君

素晴らしい報告書を有難うございました!
手直しはしましたが
熱い思いと経験談はそのままです

有難うございました!

そして
頑張れ
2018男旅メンバー!!!
9. Posted by 西牧です   2018年10月15日 15:05
大鷲専務

男旅の引率、お疲れ様でした☆
大満足な企画になりましたね

毎年、レベルアップしている男旅
来年も楽しみです!
10. Posted by 西牧です   2018年10月15日 15:11
加藤さん

間違いありません
そこまでやるか?
レベルの経験を積んで来てくれました(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

西牧 大輔

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

東京都 の天気
新潟県の 天気