December 21, 2009

◆口述試験終了

2009年12月20日(日)

口述試験を終えてきました。
感想は、「だいじょうぶであってください。」です。

昨日、どの事例から質問されるのか予想していましたが、
見事に外しました・・・

実際に聞かれた内容は事例1と3でした。
というわけで、僕の中では勝手に
「二次試験で成績が悪かったものを口述試験で聞かれる」
というのは都市伝説的なものだと思うことにしました。
あれで事例4が悪くない訳がない!
それは置いといて。。。

聞かれた質問
■事例1
・A社では地産地消のビジネスモデルで好評を得ています。
この地産地消のメリットは何ですか?

→輸送費のコスト削減、輸送距離が短いことによるCO2削減で環境への配慮、地産で作物提供者が明確になっており、『安心』を消費者に提供することができる。

・A社では売上減少に伴い、さらに人員削減を予定しています。
それについてアドバイスしてください。

→むやみに人員削減することはお勧めしない。パート・アルバイトが多い中、これ以上の人員削減は地域で悪い噂になりかねない。そのため、今回は人員削減ではなくワークシェアリングの考え方を提案しました。

■事例3
・外注管理のポイントを説明してください。

→QCDの観点から説明。
Q:外注先での品質検査の基準などを確認、およびC社受け入れじの検査基準の明確化。
D:外注先の進捗管理を徹底するために、外注先とC社で進捗情報を共有できる仕組みを確立する。
C:品質基準や納期を遵守できる外注先を選定する必要があり、選定基準を明確にする必要がある。

・C社では受注生産を始めようとしています。それに伴い、5Sを徹底しようとしています。
そのメリットは?

→5Sを導入する際に現場の方に5Sを徹底することによる効果(うれしいこと)を説明します。それは、今まで月末には生産計画が煩雑になっていたが、工程内での実績把握がきちんと行えることで生産計画が煩雑にならずこれまでよりも業務が楽になる。
また、生産管理者は実績の見える化により、生産管理の見直しを行いやすくなる。

上記のような回答をそれぞれ2分ずつでしてきました。
時間はちょうどよかったのか、追加質問はありませんでした。
とりあえず、口述試験は終了しました。
1月6日の結果発表を待ちたいと思います☆

dnochi at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 20, 2009

◆口述試験

2009年12月20日(日)

いよいよ口述試験当日です。
二時試験の発表があった11日(金)から怒涛の一週間。
準備を完璧にできたかと言うと微妙な部分はありますが、できることはやったかな?と思います。

14時からの試験のため、そろそろ家を出ようと思ってます。
御茶ノ水駅付近でお昼ご飯を食べて、喫茶店で口述対策の資料に目を通してからリバティに向かいます!

診断士の受験生最後の日になりますように...

dnochi at 11:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 19, 2009

◆口述対策 出題予想

2009年12月19日(土)

明日はどの事例が出されるのかなあ。
先程502教室を覗いていると、shinさんのブログでやはり
『成績のよくなかった事例から出題される』との投稿がありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/shinsingoal

そうすると、、、
僕の場合、ダントツで事例4が悪いことは確かなので、間違いなく事例4からは出題されるでしょう。
で、逆に事例3はできていると思うので出題からは外れるかな?

残り、事例1か2・・・
どっちから出題されるかなあ。
自分のデキからすると、事例1かな。

というわけで、個人的な予想では事例1と4から出題されると思われます。
結果やいかに。。。

事例3の在庫の話とか生産計画の話なら具体例挙げながら何分でも話すのになあ(笑)

dnochi at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2009年学習記録 

◆口述対策 TAC模擬面接結果

2009年12月19日(土)

TAC渋谷校ど明日の口述試験対策に行ってきました。
あまり緊張もせず、10分間のやりとりをしました! 聞かれた内容は3事例から5点です。

1.A社がF社を買収したが、M&Aの手法について知っていることを説明。

→MBOについて説明しました。資金調達に苦しむことがあるからファンドから調達するためにビジネスプランが必要で、プランに対してPDCAサイクルを回せる仕組みがいると回答しました。


 2.A社従業員のモラールを向上させるには?

→パートは短時間勤務などの勤務体系や評価制度の整備、正社員にはキャリアパスを明確にできるような仕組みを確立し、各々が自身の目的や目標に合った働き方ができる環境を整備する。と回答しました。


3.B社が今後インターネット販売での売上拡大を図る際のアドバイス内容は?

→まずは地域以外の人にB社を認知してもらうためにWeb広告を出す。これならば資金力の低い中小企業でも可能だから。 例えで検索ツールと連動した広告の話をしました。


4.駅ビルに大手スポーツショップが参入してきました。B社の売上拡大についてアドバイスするなら?

→今の地域顧客が駅ビルに流れないようにバレーや野球の事務局を通じて接点を持ち続ける。一方、フットサルやジョギングを行っている人やインターネット販売の客を新規顧客として獲得をねらう。と回答しました。


5.キャッシュフロー計算書には直接法と間接法があります。それぞれの特徴は?

→直接法は売上に関する額と仕入に関する額がわかり、間接法は税引前純利益から算出する方法。 営業CFは計算方法を説明して、財務CFと投資CFは計算方法同じです。といった感じで回答しました。


フィードバックでは『落ち着いているし、2分の感覚も掴めているのでだいじょうぶでしょう』と言っていただきました。
あとは、今日もらった資料に目を通して、体調崩さないように気をつけるだけです!!


dnochi at 11:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2009年学習記録 

◆口述対策 TAC模擬面接行ってきます

2009年12月19日(土)

今日は朝からTACでの模擬面接です。
準備はほどほどにできていると思いますが、10分間なんとかしのげるかな?

突然、変化球、いや危険球みたいな球が飛んできても何かしら2分間しゃべり続けたいと思います。
わけのわからない質問されたりするのは、仕事の中でもよくあることだし、大丈夫だろう!と朝から自分自身を鼓舞してます。

ではでは、渋谷まで向かいたいと思います。
面接で聞かれた内容はまた後ほどアップします。
皆さんの参考となれば...

dnochi at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 18, 2009

◆スタバで口述対策中に・・・

2009年12月18日(金)

昨日は部の忘年会がありました。
「夜は酒が入るので、朝に会社近くの喫茶店で口述対策をしておこう」と思い、7時に駅へ向かうと人身事故で電車が止まっとる・・・
動きそうになかったので、駅中のスタバでの勉強に変更。

成績の悪かったであろう事例4について想定問題に対して答える内容をノートにメモしていると横から視線を感じました。。。
で、チラッとそっちを見ると、
A:「診断士勉強されてるんですか?」と聞かれました。
ロ:「はい、そうなんです」
A:「僕も勉強してます。試験は終わったんじゃないんですか?」
ロ:「何とか二次試験合格したので、今週末に面接試験があり、そのために二次試験の復習をしてたんです。」
A:「おー!おめでとうございます。実は、TACでお見かけしていたんです。」
ロ:「えっ!?そうなんですか?渋谷校ですか?池袋校ですか?」



というような会話をしました。Aさんは来年4科目残している一次試験に向けて勉強中のようです。
すごく親近感のわく方で、がんばってほしいなあと思いました。
僕もラスト3日がんばらねば!!

というか、ほとんどTACでは周りの人と会話することなく黙々と授業聞いて、自習して帰るといったスタイルだったのに意外と見られていたんだなあと思いました。
この間の忘年会でも「TACですよね?」と言われてました。
確かに僕も「あ〜この人授業で見かけてたなあ」と思ったりしてたし。
だてに3年間TACに通ってないなあと思いました(笑)

dnochi at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 16, 2009

◆口述対策 与件文の思い出し終了

2009年12月16日(水)

今朝のスタバと昼休みの勉強時間で、与件文&設問文&解答の読み込みを2回転させてようやく頭が10月時点の事例を考える頭に戻ってきたように思います。
そして、今年の事例問題が頭によみがえってきました。

今日・明日あたりで一般知識の確認を行っていきたいと思います。
事例4に力を入れて復習しないといけないです。
本番で計算できなかった問題や営業レバレッジについての整理をしていかないと20日に答えられないかもしれません。。。

明日は参加したくないけども部の忘年会・・・
酒は一杯程度に控えて、帰ってからも勉強できる状態を保っておきたいと思います。


dnochi at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 15, 2009

◆口述対策 プレゼンテーションスキル

2009年12月15日(水)

先日の模擬面接の際、フィードバックで、
「落ち着いて淡々と話せれていて安心感を感じられます。ただ、もう少し話のポイントで抑揚をつけて話すとより良くなりますよ」
言っていただきました。

これについては、うれしい反面、「やはり癖は直ってないか。。。」と感じました。以前、会社のプレゼンテーションスキル研修を受講した際にも講師の方から全く同じくことを言われました。

淡々と話することが癖のようです...
コンサルティングの現場で、お客様とのワークセッションの際も「落ち着いてますね」と言われたりしますが、裏には抑揚がなくてポイントが分かりづらい・・・というのが隠れていたのかもしれませんね。
以後気をつけよう。

今から、想定問答集を一人で時間を計りながら抑揚を意識しつつ、ブツブツ話そうと思います。

dnochi at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 14, 2009

◆口述セミナー&模擬面接@中小企業政策研究会

2009年12月14日(月)

昨日、中小企業政策研究会の皆さんが開催してくださった口述セミナーと模擬面接を受けてきました。

落とされる試験ではないと聞いていても実際に「口述試験不合格」となった経験のある伝説の合格者の方からお話を聞くことができ、改めて口述試験に向けて緊張感を保って対策進められそうです。

ただ、TACのWebセミナーや昨日のセミナーで感じたことは、与件文を読み込みすると言っても具体的にどう読み込みのかな?ということです。
概要を頭に入れるだけではダメだろうし、どこまで詳細に分析しておくのか想定がつかない状況です。

模擬面接は、一通り事例1〜4について行いました。
私が質問された内容は、、、
事例1.A社がF社を買収しなかった場合、A社の売上Upさせる施策は?
事例2.B社がフットサル人口を増やすための施策は?
事例3.C社が木工家具を提供することによって地球温暖化防止に及ぼす影響は?
事例4.損益分岐点分析の意味とそれを活用する場面について。

事例3の問いに戸惑いましたが、大学院での研究内容がヒートアイランド現象についてだったので、その内容を交えながら話をしました。


セミナー後は中小企業政策研究会の忘年会にお邪魔してきました。
そこでは、合格者(診断士同期予定)の人達と交流することができ、改めて二次試験合格の実感が沸いてきたように思います。

とは言え、まだ完全に試験が終わったわけではないですし、診断士の資格を取れたから何ができるわけでもないので...自分が今後どういった診断士を目指していくのかよ〜〜く考える冬休みにしようと思っています。
業務とのシナジー効果が欲しいので、やはり製造業向けのSCM、生産管理関連をベースにやっていきたいですね。

昨日の忘年会でお世話になって皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

dnochi at 10:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 2009年学習記録 

December 12, 2009

◆口述試験対策セミナー

2009年12月12日(土)

朝からTACの動画チャンネルで口述試験対策セミナーを見ていました。
どうやら収録は11月の下旬に行われていたようです。
完全に診断士の情報から離れていたので、そんなことがあったのも知りませんでした。。。

学んだことは、
・1人10分程度の面接時間。
・4事例の内、2事例について質問される。(噂では成績の悪かった事例)
・1問につき2分程度で回答する。
・知識問題とアドバイス系の問題がある。
・当日書いた解答の内容を気にしなくても良い。

ということは、事例企業の基本情報(業種、資本金、従業員数など)を押さえて、そのあと、与件分からキーワードを抽出してそのキーワードの意味を自分の言葉で説明できるようにしておく必要がありそうです。

事例1〜3は再現答案(もどき)を作っていたのですが、事例4については絶望過ぎたので作っていなかったんですよねえ。。。思い出すのに時間かかりそうだなあ。

dnochi at 21:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 2009年学習記録 
Profile

ロロノア

Archives