blog:合言葉は腹八分目。

写真中心にファッション買物記録やアート展示訪問記録を更新。

読書感想『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』

読了:2017年75冊(6月8冊)★3.2
『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)1989/6/19、宮沢 賢治 (著)

学校の国語か何かで読んだかな?…



 
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『円安恐慌 (日経プレミアシリーズ)』

読了:2017年74冊(6月7冊)★3.0
『円安恐慌 (日経プレミアシリーズ)』2012/11/9、菊池 真 (著)

教科書的な内容で難しかった。…

円安恐慌 (日経プレミアシリーズ)
菊池 真
日本経済新聞出版社
2012-11-09

 
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『やってはいけない! 職場の作法: コミュニケーション・マナーから考える (ちくま新書)』

読了:2017年73冊(6月6冊)★3.3
『やってはいけない! 職場の作法: コミュニケーション・マナーから考える (ちくま新書)』2016/7/5、高城 幸司 (著)


───たとえあなたがその仕事に何の興味もなかったとしても、かまいません。それで少しだけでいいので、相手の仕事に対して興味を持っている「フリ」をして、話を深めて聞き出してみてください。(中略)相手の気持ちが理解でき、お互いの関係が凄くスムーズに行くはずです。その上で本題に入れば、仕事もうまく勧められるでしょう。これも、社内コミュニケーション・マナーの一つと言えるのではないかと思います。(p.67)


───人を褒めるときには、具体的な事象について詳細かつリアルに褒めることがすごく重要だと思います。その為に必要なのは、普段から人をよく観察することです。人を知っているとは言っても、名前だけ知っているくらいでは、その人のことをキチンと褒めることはできません。人の言動を注視して、その中から褒めるべきポイントを見つけることが大事です。人は自分が思っている以上に、周りの人のことを見ていないものです。(p.161)



続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)』

読了:2017年72冊(6月5冊)★4.0
『構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)』2012/10/17、布施 英利 (著)

非常に言い本だった。…


 
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『大欧州の時代―ブリュッセルからの報告 (岩波新書)』

読了:2017年71冊(6月4冊)★3.3
『大欧州の時代―ブリュッセルからの報告 (岩波新書)』2006/3/22、脇阪 紀行 (著)

欧州を創設したのは経済的な理由が大きいだろう。…


 
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『新編 風の又三郎 (新潮文庫)』

読了:2017年70冊(6月3冊)★3.3 
『新編 風の又三郎 (新潮文庫)』1989/3/1、宮沢 賢治 (著) 

初めてちゃんと宮沢賢治を読む。「クラムボンはわらったよ」。…

新編 風の又三郎 (新潮文庫)
宮沢 賢治
新潮社
1989-03-01

 
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか? 「公的言語」トレーニング (光文社新書)』

読了:2017年69冊(6月2冊)★3.3
『なぜ、あの人の話に耳を傾けてしまうのか? 「公的言語」トレーニング (光文社新書)』2014/5/15、東 照二 (著)


───必要なのは、聞き手が何を聞きたがっているのか、聞き手が共有でき、共感できるような「聞き手中心」の語りができるかどうかである。「公的言語」とは、自分に向いているのではない、聞き手に向けた言語であるということを忘れないようにしたいものだ。(p.106)

───日本語の限界を唱える人は、そもそも自分自身で日本語をちゃんと使ったことのない人である、日本語はあらゆることを十分に表現できる立派な言語であるということ、そして、問題は日本語の使い手にあるのであり、私たち一人一人が、日本語の修練に励むべきだと主張している。つまり、日本語のせいにして、自分たちの努力を怠ってはいけないということだ。(p.163)




続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

読書感想『つっこみ力 (ちくま新書 645)』

読了:2017年68冊(6月1冊)★3.6
『つっこみ力 (ちくま新書 645)』2007/2/6、パオロ・マッツァリーノ (著)

───さて、このへんでツッコミの効用をまとめておきましょう。分かりやすさを高める。そして、笑いの付加価値を創出して相手の興味を引き付ける。この二点を応用することが、つっこみ力のカギとなります。(p.53)

───愛と勇気とお笑い、これがつっこみ力を構成する三大要素です。どれもが、社会と人生を面白くするために欠かせない要素です。つっこみ力の目的は、社会と人生を面白くするためにあるのです。正しさを面白さに変えるのが、つっこみ力の魅力です。(p.99)


つっこみ力 (ちくま新書 645)
パオロ・マッツァリーノ
筑摩書房
2007-02-06


続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想 

買物日記『NIKE FLYKNIT RACER "BE TRUE" WHITE/BLACK-MULTICOLOR』

DSC02481
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: FASHION 

読書感想『こころ (集英社文庫)』

読了:2017年67冊(5月11冊)★3.3
『こころ (集英社文庫)』1991/2/25、夏目 漱石 (著)

夏目漱石の中でも比較的読みやすかった。…

こころ
夏目 漱石
2012-09-27

 
続きを読む
do_not_overeatdo_not_overeatコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: 読書感想