2014年04月09日

いやよいやよ、ほんとにいやよ。

頭の中がなんだか変で、痒くて、割ってしまいたくなる。もう慣れっこなくらいで、ああ、またあれか、なんて思う。やりすごすしかない。
気づいたこと。
親指をだいぶ強く噛む癖がある。関節や爪の上を。くそくそ。痛いってすばらしい。
痛みと後悔より素敵なものはない。

doaramorino at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月05日

結局は、僕にとってはイメージ。
気球みたく膨らんで、空高く。
そんな感じ。
でも触れられるわけじゃなくて、
だからこそ追いかけるわけ。
なんにもないんだ。
おそらくは、
全部をなんてふうには思わなくて、
自分が気付いたことや見たもの、
音だったり、
それだけを切り取ってね。
机の上で何を描こう。
それが好き。
それが嫌いなんてのは嫌なんだ。

知らないことはやっぱり知りたくない。
それは過去も今も。
なんで余計なことばかりなのだろう。
見ていればいいんだ。
それでいいじゃないか。
言葉より余計なものはない。
そんなふうに回り続けるのか。
10分の1に繋げた想いって、つまりは自分次第なんだな。
青い光。


doaramorino at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月25日

夢みたいな、そんな日々。

恋人としたいことってなんだろうって考える。
綺麗なところに行きたい。海が見える場所。できれば、なにかそれっぽいものが食べられてさ。どこかに座ってそういうのを食べながら、なんだっていいけどしゃべるんだ。

なにがしたいって、あんまり思い付かないな。たぶん、一緒にいたら、どこかに二人で行きたいなって思ったり、なにかしたいって思うんだろうな。
多くを求めなくなったときが一番幸せなのさ。

doaramorino at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)