引っ越し致しました

この度、「ライブドアブログ」より「アメーバブログ」へ引っ越しを致しました。

引っ越し先はこちらとなります→「廃線跡訪問記 ブログ版

お手数ですが、URL等の変更をお願い申し上げます。

今後とも宜しくお願い致します! m(_ _)m

好間炭鉱専用鉄道・蔵出し画像

好間炭鉱専用鉄道(内郷-好間炭鉱) より蔵出し画像

01


















内郷駅 右側が好間炭鉱専用線跡

02


















廃線跡 JR常磐線との分岐点

03


















廃線跡

04


















橋台跡

05


















廃線跡

06


















鬼越第一隧道 南側

07


















鬼越第一隧道内

08


















鬼越第一隧道 北側

09


















鬼越第一隧道 北側

10


















廃線跡 築堤の下には煉瓦造りの遺構が

11


















廃線跡

12


















好間川橋梁跡

13


















好間川橋梁跡

14


















好間炭鉱跡

好間炭鉱専用鉄道(内郷-古河好間炭鉱) 最終回

●この廃線跡の見どころと言える「トンネル」も「橋梁」も探索は終わりました。
 あとは「廃線跡だけ」だと思っていたのですが実は・・・続きをドゾ。

FILE67-4-01


















「好間(よしま)川橋梁」全景です。それにしてもこの路線の
トンネルや橋脚、橋台跡は全て美しい煉瓦造りで癒されますねぇ。

FILE67-4-02


















「好間川橋梁」より先です。一段高くなっていますが、築堤ではないと
思われます。というのも、この手前の橋梁と高さが合わないためです。

FILE67-4-03


















それではこの付近の状況を空撮で確認してみましょう。
この付近は全般的に築堤が多かったことが伺われます。

FILE67-4-04


















そしてここで一旦「常磐道」の「いわき中央IC」に行く手を阻まれます。
一応周辺を探索してみましたが、遺構発見には至りませんでした。


FILE67-4-05


















「常磐道」を超えました。この部分は道路がそのまま廃線跡です。
しかしこの先でお墓とぶつかり、再び廃線跡は一旦途切れます。

FILE67-4-06


















ではこの付近の地図を見てみましょう。何故このような何の変哲もない
場所で地図を確認するのか。でも、ちゃんと(○印に)意味はあるのです。

FILE67-4-07


















地図の○印の部分に行ってみると何と!橋台跡があるではないですか !!!
これは本当に偶然でした。本来、地図にもあるようにここは小さな川の・・・

FILE67-4-08


















ハズですが、この時はたまたまなのか水が無く川底を歩ける状況でした。
そこで「とりあえず行ってみるか」と向かったところ・・・発見という次第です。

FILE67-4-09


















このことはもちろんノーチェック、サプライズでした。タマに
こういうのがあるから楽しいのよね〜爆 しかし素晴らしい橋台跡です。

FILE67-4-10


















台上へ登ってみました。当時よりもやや土が盛られているようです。
ちなみに私の居る後ろはお墓です。さすがに写真のUPは控えますね。^^;

FILE67-4-11



















更に先へ進みます。この付近は残念なことに、不法投棄された品々で埋め
尽くされていました。付近の住民の方とお話をさせて頂いたのですが・・・

FILE67-4-12



















夜な夜な捨てに来るそうで非常に困っているそうです。私も最初は不法
投棄をしに来た人間と間違えられました(汗)。不法投棄は止めましょう!

FILE67-4-13


















本題へ戻りましょう。暫くは砂利道となった廃線跡が続き、
間もなく周囲が開けます。そこが終点の「好間炭鉱」跡となります。

FILE67-4-14


















「好間炭鉱」跡へ到着しました・・・が。何も知らなければ、
ただの広い敷地にしか見えませんねぇ。敷地に入ってからは・・・

FILE67-4-15


















どのように線路が延びていたかは全く想定出来ません。で、暫く歩き回って
いると奥にこのようなものを発見。これって何でしょう?鉱山施設の一部?

FILE67-4-16


















構内全体です。当時の空撮では、周囲の山肌が露出し盛んに採掘が
行われていた様子が伺えます。現在は植林でもされたのか、綺麗です。

余談です。これはご存じの方も多いかと思いますが、
「東日本大震災」の後、この「いわき市内郷」周辺の炭鉱跡から
「温泉が湧き出ている」と話題になっています。

この「好間炭鉱専用軌道」周辺では、 その2でお送りした
「鬼越第一隧道」、南側台地の住宅から湧き出ているそうで、
付近住民の方は温泉独特の臭いに悩まされているそうです。驚きました・・・
livedoor プロフィール
ご注意・参考資料等
●当ブログの画像等は管理人の所有物であり、全ての無断転載を禁じます。
●当ブログはWEB版よりコピーしたものであり内容は同様です。WEB版を優先に作成しております。
削除依頼不適切情報等を発見された際はお手数ですがご一報下さい。即時対処させて頂きます。
●一部私有地化された場所もございます。このような場所へご訪問の際は、全てご自身の責任・判断においての行動と肝に銘じて下さい。
●訪問の際発生した損害等につきましては、当サイトでは一切関知しておりません。ご了承下さい。
参考資料=鉄道廃線跡を歩く、私鉄の廃線跡を歩く、日本鉄道旅行地図帳、国土交通省、国土地理院、Google・Yahoo・gooの各地図 等
ピンク囲みの画像はいずれかの参考資料より引用したものです。


東日本大震災により、
亡くなられた皆様のご冥福を
お祈り申し上げます。
また、被災された皆様に心より
お見舞いを申し上げます。



~廃線短歌~

枕木のとなりには
また枕木があって
かがり縫いの
道をゆく(垂々)


WEB版はこちら

廃線跡訪問記~画像で綴る廃線跡


WEB版と同時進行にしました。
(時折遅れますが・・・汗)
ただしブログ版では、
ブログの許容量が大きい
ことを生かし、WEB版には無い、
「蔵出し画像」を設けております。
リンク
歩鉄の達人のブログ
全国の廃線跡を歩き
レポートをされています。

  • ライブドアブログ