●データ
 【所在地】新潟県新潟市~燕市 【運営キロ】36.1Km
 【開業】1933年(昭和8年)4月1日 【廃止】1999年(平成11年)4月4日
 【魅力】総距離36Kmは長岡線に次いでの長距離探索記録でした。
 まだ年月の浅いせいか遺構の数や記念碑等も多く、
 貴重な路線だったことが伺えます。 【訪問日】09.11.14

●魅力的な廃線跡の多い新潟県。本格的な冬将軍到来の前に・・・
 と、今年最後のつもりで新潟県へやって来ました。
 スタート地点は新潟県の中心部としていたので、
 前日中に新潟入りし近場で一泊しました。しかしながら・・・
 運が悪いことに
この前日から雨が続き
 携帯片手に
雨雲レーダー」と睨めっこの探索となりました。
 そして探索開始を一時間ほど遅らせれば雨が小降りになると予測、
 思惑通り小降りになり探索を開始しました。
 ところが・・・これが後々思わぬ副作用をもたらすことに。。。
 ちなみに今回は長編(全 8回?)の予定です。ではどうぞ。

FILE43-1-01


















まずは恒例、空撮でスタート地点の確認をしておきましょう。
スタート地点の「白山前駅」ですが、現役当時は「路面電車」でした。

FILE43-1-02


















「白山前駅」を少々出たところです。駅は右側にあり、
現役当時はこの道路中央を真横へ横切り駅へ行きました。

FILE43-1-03


















駅のあった場所へ到着しました。前方に見える木は、
空撮で確認すると当時からあったように見えますが果たして・・・。

FILE43-1-04


















駅のホーム先端へ立ったと仮定して撮影してみました。
電車はこの道路中央を走って行ったようです。

FILE43-1-05


















ではお待たせ致しました(笑)、「白山前駅」跡地です。何とトイレに!
ただこのトイレ、タイル張りですが当時の駅をモチーフにしたとか・・・。

FILE43-1-06


















ではそろそろ駅を離れましょう。スタートから約 1Km地点です。
この辺りで小降りだった雨がようやく止んできました。

FILE43-1-07


















前方に見える高架は「JR越後線」です。この下を潜り暫くすると
新潟交通は「路面電車」から「鉄道」へと切り替わります。

FILE43-1-08


















この辺りが「路面電車」から「鉄道」へと切り替わる地点、
「鉄軌分界点」だったと思われます。かなり変わってしまったようです。

FILE43-1-09


















振り返って「白山前駅」方面を見てみます。これまで道路中央を
走っていた電車は、急速に左へ逸れ道路から離れて行きました。

FILE43-1-10


















写真には写っておりませんが、すぐ右には信濃川が流れています。
電車はこの信濃川に沿って次駅「東関屋駅」へと向かいました。

FILE43-1-11


















さぁ「東関屋駅」へと到着しました。ご覧のように跡地にはこのような
マンションが立ち並び、当時の様子を偲ぶことは出来ません。

FILE43-1-12


















マンションの駐車場です。この左側に「東関屋駅」の駅舎が
あったと思われます。この辺りにはバスターミナルがありました。

FILE43-1-13


















「ではこの「東関屋駅」を上空から見てみましょう。"外枠"は同じなのに、
内側は・・・ぶっちゃけ遺構の"いの字"もありませんでした。。。orz

FILE43-1-14


















「少しくらい何かあってもいいのに・・・」と思いつつ、駅を後にします。
駅を出ると電車は「関屋大橋」を渡るために高度を増して行きます。

FILE43-1-15


















完全に「普通の歩道」に見えますが、ここが新潟交通の廃線跡でした。
この坂道を電車は「ガタンゴトン」と登って行った訳です。

FILE43-1-16


















では今度は「関屋大橋」についてクローズアップして行きましょう。
横から見てみます。当時のガーターを使用しているとのことですが・・・。

ということで「その1」はここまでとなります
。次回はこの「関屋大橋」の検証と次駅「東青山駅」から先を辿ります。