●その2では築堤を頼りに廃線跡を辿ってきたものの、
 立ち入り禁止を余儀なくされ築堤下から廃線跡を追いました。
 しかしその築堤跡も次第に広くなる立ち入り禁止区域に阻まれ、遠くなってしまいました。
 それでも最後には太セメの工場内へと繋がっていたのを確認、
 その3ではここからのスタートとなります。

FILE14-3-01
築堤を下から見上げます。
草に絡まれ「天に伸びる棒」は
架線柱です。
そして廃線跡は工場内へと入り、
私は工場の反対側へと向かいました。









FILE14-3-02
さっそく工場西口、
高麗川方面出口へ来ました。
しかしソレらいいものは残念ながら
発見出来ませんでした。










FILE14-3-03
仕方なく振り返り、廃線跡だったと
思われる道路を歩いていると・・・
ありました、ありました、
間違いなくこの廃線跡の遺構でしょう。










FILE14-3-04
レールは既に撤去済みでしたが、
画面では分からないものの
バラストはそのまま。
ということで、間違いなく
廃線跡を辿れます。









FILE14-3-05
工場出口から数百メートル、
つ、遂にレールキター!でございます。笑
しかもレールが錆び付いている以外は
ほぼ現役当時そのままです♪










FILE14-3-06
振り返って撮影。途中時間をロスした
関係で、随分と陽が傾いて
いるのがお判りかと思います。
では先へと進みましょう。










FILE14-3-07
出ました、踏切です。遮断機こそ
ありませんが(元々無かった?)、
雰囲気ありますねー。
ここは中学校の裏手にあった踏切です。










FILE14-3-08
「線路内立入禁止」・・・。これは
現役線だったころの人々への警告?
それとも廃線後の人々への警告?
まぁ、前者でしょうね。










FILE14-3-09
「速度15粁」ですか。
随分とゆっくりだったのですね。












FILE14-3-10
不自然に切り取られたレール。
仕方ないでしょう。












FILE14-3-11
暫く進むと、これはまた立派な
踏切が登場しました。
本当に遮断機だけを奪われてしまった
踏切のようです。










FILE14-3-12
「生活道路」として定着したようで、
幾人かの人々とすれ違いました。
そして線路脇に住むおじさんに声を
掛けられ、10分少々お話をしました。










FILE14-3-13
現役当時は速度も出して
いなかったせいか、
騒音は気にならなかったそうです。
途切れたレールに遮断機の無い踏切。
絵になります・・・。









FILE14-3-14
錆び付いた曲線レールの間に、
今まで子供が遊んでいたのか
スコップや赤いバケツが転がっています。
さっきの子供達のかな?










FILE14-3-15
さぁ「高麗川駅」が近づいて来ました。
「川越線(埼京線)」と「八高線」が
合流する間へ専用線は繋がっていました。右が八高線、左が川越線。










FILE14-3-16
少し進んで振り返ります。左は八高線。
次の停車駅は「毛呂駅」です。
以上で探索完了、
近くの踏切(現役)から脱出しました。汗










予定到着時刻よりは随分と遅れてしまいましたが、楽しく満足のいく探索でした。
得に「高麗川-工場」間は、危険も無く雰囲気バッチリでお勧めの廃線跡ですね。ではでは。。。