●最終回です。残す駅はあと 3つ、正直言ってこの区間は余り(遺構を)
 期待していなかったのですが・・・まぁ行ってみましょう^^


FILE49-5-01


















廃線・・・ではなく駅跡(推定)です。駅名は「笠石前(かさいしまえ)駅」。
付近のおばあちゃん(×2名)に聞いても場所は特定出来ませんでした。

FILE49-5-02


















これまで通り舗装道路と化した単調な廃線跡が続きます。ただこの場所は
緩やかな下りにカーブ、切り通しと見事に廃線跡丸出しとなっています。笑

FILE49-5-03


















さぁ終着駅の一歩手前、「佐良土(さらど)駅」のほぼ中心部へ到着です。
しかしここも何も無く・・・まぁ廃止から 70年も経ってるから仕方ないか〜。

FILE49-5-04


















さらに次へ進みます。今度は「箒(ほうき)川」を渡るのですが・・・その前に
橋台跡キターーー!!! 最初は分からず、振り返ってみて気付きました^^;

FILE49-5-05


















ハッキリと廃線跡が分かったので、少々戻って改めて撮影します。笑
画像のような位置から高架となりこの先の川を渡っていたと思われます。

FILE49-5-06


















橋台跡をアップで撮影。橋台上には放送塔のようなものが
ありましたが、どうやら「土台」として利用されているようです。笑

FILE49-5-07


















まだしつこく居座り(笑)、今度は橋台上から撮影します。
今一度言いますがこの区間の廃止は 1939年。良く残っていたものです。

FILE49-5-08


















そして渡ったとされる「箒川」へ。そうしたら・・・橋台跡キターーー!!!
「ある」とは聞いていましたが本当でした♪ 対岸にもう一基見えますね。

FILE49-5-09


















対岸へ移動します。エリアは大田原市から那珂川町へと変わります。
こちらが思い切り廃線跡なんですが・・・現在、道路化の工事中でした、、、

FILE49-5-10


















「ハァ、何でこんな使いそうもない道路を造るんだ・・・」なんて思っていたら
反対側(川方面)にモノ凄いものを発見!!! 「あ、アレって築堤なのか!?」

FILE49-5-11


















しかし当時の 空撮 (国土変遷アーカイブ) を見ても判断出来ません。
皆様はどう思われます? ちなみに私はもうそのつもりで登ってます。笑

FILE49-5-12


















ということで「築堤」として探索を続けます。この築堤上の平面だって
「いかにも」って感じだし・・・何よりそう思った方が探索が楽しいしね♪

FILE49-5-13


















築堤北側へ来ました。先ほど見た橋台跡が見えます。仮に築堤が
あったと仮定すると「やや急かな」とも思いますが「ギリ」とも思えます。

FILE49-5-14


















ではいよいよ終着駅へと参ります。「那須小川駅」です。
正面の学校校舎が駅跡で、構内は左右へ広がっていたようです。

FILE49-5-15


















小学校なのですが、駅現役当時からある歴史の長い学校だそうです。
しかしこの辺は構内だった筈で、となると校舎&校庭は別の位置か?

FILE49-5-16


















同小学校の南側(駅南端)へやって来ました(レールはあくまで推測です)。
当時の空撮を見る限り、他にも数本のスペースがあるように見えました。

以上で「東野鉄道」は終了となります。総括ですが、
予想以上に遺構の多い廃線跡だなと感じました。
しかも廃線時期(羽黒-那須小川間は70年前)を考えると、
かなりの遺構が残っていると考えて良いのではないでしょうか。
また前半に登場した「ぽっぽ通り」や立て直された「駅跡」などから、
大変重要な路線だったんだなという印象を受けました。