進行食道がんの放射線療法

 今回は食道がんに対して放射線治療を行ったあとの写真です。その前に少しだけノーベル賞の話しを。

 今年のノーベル生理学医学賞は本庶佑先生が受賞されました。
 本庶先生は、がん細胞が免疫から逃れるのに重要な物質を発見し、この応用により画期的ながん免疫療法が可能となりました。高価なことで話題になったオプジーボやキイトルーダがそれです。

 これまでがん治療は、手術、放射線、抗がん剤(化学療法)の3つが主だったものでした。
 免疫療法と言う名の治療分野はこれまでにもありましたが、効果が乏しく信用に足る治療はないに等しい状況でした。今後は大きく発展するでしょう。しかし本庶先生のノーベル賞受賞により免疫療法の情報が錯綜する可能性があります。ニセ免疫療法に皆様ご注意を
 自費診療しているところでの免疫療法はおすすめしません。主治医と相談を。

名称未設定 4
 さて今回の写真ですが80代後半の方です。飲み込みが悪いとのことでした。
 見るからに進行した食道がんです。全身状態は悪くはないもののご高齢であり手術はよくないかもなと思っていました。
 ご本人の希望により紹介した自宅近くの病院は手術や放射線療法をやってないとのことで別の病院へ紹介されたようです(僕としては迂闊でした)。そのためもあり治療した施設から報告書が来ず、今回書いていることも本人のお話での治療経過です。

 それから1年、久々に来院されました。
 癌の治療は、手術は負担が大きいので放射線治療をすすめられたそうです。週5回で合計30回。抗がん剤は併用しませんでした。通常その後もフォローするものですが、ご高齢だからかその後の通院指示がないようでCTや内視鏡もされていません。

 今回は胸のつかえ感があって胃カメラをやりたいとのことでした。治療した病院をすすめましたが、大きい病院は大変なようで当院でやりました。

名称未設定 2 それがこの写真です。(放射線1年後)

 わずかに狭くなっていますが粘膜は瘢痕化して綺麗でした。つかえはこの狭くなったところが原因のようです。

 化学療法を併用しておらず今後再発があるかもしれません。しかし90歳近い方が進行食道癌をうまくあしらって、つかえがあるとはいえ身体に大きな負担を残さずこうして日常生活を送っていることに感動を覚えます。

 ノーベル賞でにわかに免疫療法が注目されていますが、現場は粛々と患者さんに適切な治療を行っています。ブログを書いている僕が書くのも変ですが、がんの患者の皆さんにはネットの情報に右往左往せず医療機関で主治医と相談して下さい。
 魔法のような治療はありません。皆さんがよりよい治療を受けられるよう願っています。(現在食道癌はオプジーボ/キイトルーダの治療適応となっておりません)


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 内視鏡  

麻疹の流行 2018年


32沖縄で麻疹が流行しています。
なぜ麻疹がこれだけ騒がれるかと言えば、とても感染しやすく重症化することがあるからです。

感染の仕方はインフルエンザのように飛沫感染や接触感染するだけでなく、空気感染します。ウイルスが空気中に浮いているため同じ空間にいるだけで感染します。

 また麻疹にかかると免疫機能が一時的におさえられてしまうため、他のウイルスや細菌による感染症が重症化します。1000人に1人の割合で死亡する可能性があるとされています。

 つまりインフルエンザよりも感染しやすく、インフルエンザよりも死亡率が高いのです。更に言えば麻疹ワクチンはインフルエンザワクチンよりも予防効果が高いです。2回接種するだけでかなりの発症リスクを抑えられます。

 GWを控え、麻疹ワクチンの問い合わせが増えています。間に合うでしょうかという問い合わせもあります。抗体がつくまで2週間くらい必要とされています。その意味では厳密には間に合わないかもしれません。しかし麻疹患者と接して緊急(72時間以内)にワクチン接種することで発症を防ぐ可能性があり、実際に行われています。また麻疹に感染するリスクは今回だけではありません。今後も考えれば時期に関係なく接種する意味はあるでしょう。

麻疹の抗体が十分あることを確認された方や、母子手帳などで2回予防接種を受けている方以外は予防接種を検討して下さい。1度も接種していない方は2回が理想的ですがまずは1回打ってください。2回目は1ヶ月後からできますが、流行期に急いで確実に免疫をつけたいとき以外はもう少し時間をあけた方がよいようです。

抗体を持っている人が繰り返しワクチンを打っても問題ありません。迷ったら抗体測定ではなくワクチン接種でよいと思われます。

また麻疹のワクチンには、麻疹単体のワクチンの他に、風疹と混合のMRワクチン、更におたふくも入ったMMRワクチンがありますが、通常はMRワクチンやMMRワクチン(当院ではPriorix)で予防接種します。

風疹の予防も重要です。麻疹と同様に流行が数年ごとにみられます。
必ず一緒に予防してください。

なおMMRワクチンは輸入ワクチンのため重篤な副作用の際に公費での救済措置がないのがデメリットですが、安全性はMRワクチンと変わらず一度の接種で3つの病気を防げることが大きなメリットです。世界的にはMMRワクチンが一般的で、麻疹単独のワクチンやMRワクチンはある意味ガラパゴス的なようです。



doc_toyonaidoc_toyonai  at 14:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 麻しん・風しん | 予防接種 

開院7周年となりました。

11
 昨日4月11日は開院して7回目の記念日でした。
 数日後に控えた電子カルテ入れ替えの準備で、ここ最近バタバタしていてすっかり忘れていました。朝、クリニックに届いた花を見てああそうだったと思い出しました。
(Hさん胡蝶蘭ありがとうございます)

 ここ数年はクリニックのスタイルが固まってきたように感じています。当初、医療機関での勤務経験がないスタッフも多く、僕自身もクリニックの院長は初めてでした。そのような中で少しずつ僕とスタッフと患者さんとでとよす内科クリニックはどういうものかというのを作り上げてきたように感じています。

 しかしそれで慢心せず、まだまだ改善していかなくてはと思っています。
 これからも頑張りますのでスタッフ共々よろしくお願いします。



doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

大腸が真っ黒 ~刺激性の下剤にご注意~

20170919205356930007大腸内視鏡検査をしていると大腸の粘膜が真っ黒の方が時々みられます。これを大腸黒皮症大腸メラノーシスと言います。その原因として、センナ、大黄(だいおう)、アロエなどの植物性の便秘薬(下剤)が知られています。長期に内服するとこのように真っ黒になります。

この手の刺激性の下剤は即効性があって手軽に使用でき、常用されている方も多いと思います。医療機関から処方されている方も多いでしょう。ただ、気を付けて頂きたいのはその使用方法です。

たとえばセンナ(センノシド)の代表的な処方薬であるプルゼニドの添付文書には「重要な基本的注意」として以下のように書いてあります。

ICOPY000001

『連用による耐性の増大等のため効果が減弱し、薬剤に頼りがちになることがあるので長期連用を避けること。』

この一文が全てを表しています。

センナのような刺激薬は、段々と慣れてきて効果が弱くなって頼りがちになってしまうので毎日飲んで欲しくありません。腸が黒くなるからではないのです。もともと自分で便を出す力があったのに、下剤の刺激がないと出なくなってしまう方もいます。

可能な範囲で刺激薬は避け、柔らかくする作用の薬に置きかえましょう。
おすすめは「酸化マグネシウム」です。薬局でも売っています
体にほとんど吸収されず安全に飲めます。たくさん飲めば水みたいな下痢になることもあるでしょうが減らせばいいだけです。刺激薬のようにおなかがゴロゴロすることもありません。
酸化マグネシウムの作用は、便がただ軟らかくなるだけです。

ほとんどの方は便を出す力は残っています。酸化マグネシウムで柔らかくして、それでどうしても出ない時にピコルスファートやビサコジルなどの刺激薬を追加して飲みましょう。そのような飲み方なら腸が黒くなることもないでしょう。

20170919205356930010なお、この写真の方は50代の女性で便秘に対してキダチアロエを5年間続けていたそうです。ヒョウ柄のように黒くなっています。アロエでこんな色になるんですね。
一緒に写っていたポリープはその場で切除しました。

※医療機関でセンナが処方されている方は主治医に相談して下さい。腎機能などで酸化マグネシウムに置きかえが難しいこともあります。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 大腸 | 内視鏡 

江東区でピロリ菌検査が開始 ~胃がんリスク層別化検査~


 胃炎にピロリ菌の検査や治療が保険適応になって4年が経ちました。

32 それは画期的なことでしたが、一方で胃炎の確認をするためには胃カメラが必須であり、これは今も変わりありません。

 この6月から江東区では血液で行うピロリ菌の検査が公費(自己負担500円)で始まりました。
 これは既に一部の健保組合の検診や人間ドックなど行われているABC検診とほぼ同じ内容であり、血液検査でピロリ菌の有無(ピロリ菌抗体(HP))と、胃炎(萎縮)の有無(ペプシノーゲン検査(PG))を検査してABCで分類します。
ざっくりこのような感じ↓
A群HP(-)PG(-)ピロリ菌はいないので胃炎もない
B群HP(+)PG(-)ピロリ菌に感染したけどまだ胃炎なし
C群HP(+)PG(+)ピロリ菌に感染して胃炎(萎縮)がある
D群HP(-)PG(+)ピロリ菌が棲めないほど胃炎(萎縮)がひどい
※江東区のリスク検査ではC群とD群まとめてC群としていますが意味はほぼ同じです。

A群からB群、C群と経過をたどり、それにつれて胃がんのリスクが高まります。A群以外の人は精密検査として胃カメラを行います。
(当院では可能であれば検査結果を聞きに来られた日に胃カメラを行って除菌薬処方まで完結できるようにしています。鼻からの内視鏡も可能です。いずれも健康保険でできます。)
ピロリ菌がいる胃の画像
0201
1枚目のゴツゴツしているのは鳥肌胃炎と言われる所見で、若い女性に多く胃がんになりやすいとされています。2枚目は同じ方の別の部位で赤くただれていることがわかります。いずれもピロリ菌によるものです。

江東区では予算の都合もあって一気に全ての人ができるわけではありません。「平成29年度内に40・45・50・55・60・65・70・74歳になる区民」が対象で、対象者には6月中旬に緑色の封筒で送られている事と思います。

江東区内の内科であれば多くのクリニックでできると思います。かかりつけや近くの内科で相談して下さい。当院では予約は不要なので対象となる方は直接来て下さい。

ただし対象者であっても検査を受けられないことがあります。ピロリ菌の治療を既にしていたり、胃の手術をしている方などです。胃酸をおさえる薬を飲んでいるとできないこともあります。説明書を読んでもわからない場合はお問い合わせ下さい。

また胃痛などの症状がある方はピロリ菌検査ではなくはじめから胃カメラが必要なこともあります。近隣の消化器内科に相談して下さい。

もう一つ重要なことを書きます。江東区のHPからそのまま載せますが、

この検査は胃がんになりやすい状態かを判定するものであり、胃がんを発見する「胃がん検診」ではありません。

バリウムを飲んでレントゲンを撮る胃がん検診は平行して行われています。リスク検診を受けても、胃がん検診が不要になるわけではないことは忘れないで下さい。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! ピロリ菌 | 内視鏡