トップページ » またまた激しい腹痛 アニサキス (動画あり)

またまた激しい腹痛 アニサキス (動画あり)

 前回、急性胃粘膜病変(AGML)をご紹介した際に、激しい腹痛で有名な病気としてアニサキスについて触れました。そんなことを書いていたらまたアニサキスの方が来院されたので、今回は動画でご紹介します。

 患者さんは40代の男性で、しめ鯖を食べた後にじんま疹と激しい腹痛が出ました。その翌朝アニサキスかもしれないので内視鏡ができないか、とご連絡いただきました。
 以前に胃潰瘍になったこともあり、今回の原因として、「アニサキス」の他に「胃潰瘍再発」が疑われました。また「鯖アレルギーによる腹痛」も疑われました。
(鯖アレルギーはヒスタミン中毒のことが多いのですが、いずれにしても激しい腹痛が起こることがあり重要です)

 そして行った内視鏡がこれです。




 実はこの方は以前に抗アニサキス抗体を調べて陽性でした。つまり一度アニサキスに感染したことがあります。ここに重要な意味があります。

 アニサキスは初回の感染では症状はあまりありません再感染の時に起こるアレルギー反応がアニサキスの症状の原因です。つまりアニサキスが胃壁に食い込んでいるだけではあの激しい腹痛は起こらないのです。
 アレルギー反応であるのなら抗アレルギー薬(花粉症の薬)の治療もありでしょうが、アレルギーの治療の基本は原因を除去することですから、内視鏡で取ることは理にかなっていると思われます。

 当院ではこの1年間でアニサキスは3例目です。病院勤務医時代に診た件数を超えてしまいました。年間3000件胃カメラをやっていた頃もほとんど診なかったのに(^^;。

 アニサキスが急増した原因について、ある方からは築地に近くビジネスマンが多い豊洲という地理的条件を指摘されました。僕の実感としては、病院勤務時代は吐血でもしていない限りなかなか緊急内視鏡ができなかったため、痛くても痛み止めで我慢させていたのかもしれないと思いました。

 前回も書きましたが、お腹が痛いからといって何でも胃カメラをやればいいわけではありません。必要な時に迅速に検査を行うことが大事なのだと思います

 なお、今回のように、酢でしめたサバでもアニサキスは起こります。要注意です!


コメント
1. Posted by y   2012年06月04日 06:33
5 素晴らしい処置を見れて良かったです。
アニサキスも覚えておこうと思います。
2. Posted by doc   2012年06月04日 09:09
コメントありがとうございます
意外に多いアニサキス、覚えておいて損はないです^^
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星