トップページ » 充満胆石で手術

充満胆石で手術

 胆石は腹部超音波(エコー)検査で比較的よくみつかる所見の一つです。今回は経過観察中に増えて手術に至った方を紹介します。

 そもそも胆石は痛みなどの症状がなければ、治療せず様子を見るのが基本です。
 胆石には薬(ウルソなど)で溶けるタイプのものもありますが、毎日飲む必要があること、溶ける可能性が半々であること、再発がよくみられることなどから、薬による治療は主流ではありません。

GBstone_pre 今回の方は60代の方で、B型肝炎キャリアのため定期的にエコー検査を行っており、その際に複数の胆石がみつかっていました。

 左がその画像ですが、胆石は最大のものは15mmでした。胆石の上の方には黒くみえるすきまが空いていることが分かります。
 身体の向きを変えると胆石が胆嚢の中を動くことが確認されます。胆のう炎や胆のう癌などはみられず、腹痛などの症状もないことから、治療せず様子をみることとなりました。

 1年半後に行った腹部エコー検査が次の写真です。
GBstone_post 胆石が胆のうの中に充満しており、隙間がありません。このように充満胆石になると体位を変換しても胆石は動きません。
 
 ところで、胆石による刺激が胆のう癌を引き起こす可能性が報告されています。しかしまだ明確な証拠とまではいかず、胆石と胆のう癌発生の関連は決着がついていません
 一方で、充満胆石は癌の原因だと単純には言い切れませんが、胆石が充満していると、癌ができても見つけにくくなってしまいます。
  そのため充満胆石は慎重な経過観察が必要とされ、たとえ症状がなくても手術を行うことがあります。

 このような経緯を説明し、ご本人が精査・加療を希望され、近隣の病院で手術をして頂きました。

 最近は腹腔鏡による手術が普及して、身体への負担が小さくなりました。今回の方は入院の翌日に手術を受け4泊5日で退院したとのことです。

 ただ、実際に胆石の方の経過観察をしていても、そうそう充満胆石になるわけではありません。今回の方は1年後の検査で充満して見えたものの、食事の影響だったのかもしれないと疑い、念のためその半年後に再検して改めて充満胆石を確認しました。

 1年でこうも見え方が変わる方は珍しいように思われました。充満胆石だけでなく、急激な胆石増加という点でも手術をしてよかったと考えます。
 

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星