トップページ » 江東区でピロリ菌検査が開始 ~胃がんリスク層別化検査~

江東区でピロリ菌検査が開始 ~胃がんリスク層別化検査~


 胃炎にピロリ菌の検査や治療が保険適応になって4年が経ちました。

32 それは画期的なことでしたが、一方で胃炎の確認をするためには胃カメラが必須であり、これは今も変わりありません。

 この6月から江東区では血液で行うピロリ菌の検査が公費(自己負担500円)で始まりました。
 これは既に一部の健保組合の検診や人間ドックなど行われているABC検診とほぼ同じ内容であり、血液検査でピロリ菌の有無(ピロリ菌抗体(HP))と、胃炎(萎縮)の有無(ペプシノーゲン検査(PG))を検査してABCで分類します。
ざっくりこのような感じ↓
A群HP(-)PG(-)ピロリ菌はいないので胃炎もない
B群HP(+)PG(-)ピロリ菌に感染したけどまだ胃炎なし
C群HP(+)PG(+)ピロリ菌に感染して胃炎(萎縮)がある
D群HP(-)PG(+)ピロリ菌が棲めないほど胃炎(萎縮)がひどい
※江東区のリスク検査ではC群とD群まとめてC群としていますが意味はほぼ同じです。

A群からB群、C群と経過をたどり、それにつれて胃がんのリスクが高まります。A群以外の人は精密検査として胃カメラを行います。
(当院では可能であれば検査結果を聞きに来られた日に胃カメラを行って除菌薬処方まで完結できるようにしています。鼻からの内視鏡も可能です。いずれも健康保険でできます。)
ピロリ菌がいる胃の画像
0201
1枚目のゴツゴツしているのは鳥肌胃炎と言われる所見で、若い女性に多く胃がんになりやすいとされています。2枚目は同じ方の別の部位で赤くただれていることがわかります。いずれもピロリ菌によるものです。

江東区では予算の都合もあって一気に全ての人ができるわけではありません。「平成29年度内に40・45・50・55・60・65・70・74歳になる区民」が対象で、対象者には6月中旬に緑色の封筒で送られている事と思います。

江東区内の内科であれば多くのクリニックでできると思います。かかりつけや近くの内科で相談して下さい。当院では予約は不要なので対象となる方は直接来て下さい。

ただし対象者であっても検査を受けられないことがあります。ピロリ菌の治療を既にしていたり、胃の手術をしている方などです。胃酸をおさえる薬を飲んでいるとできないこともあります。説明書を読んでもわからない場合はお問い合わせ下さい。

また胃痛などの症状がある方はピロリ菌検査ではなくはじめから胃カメラが必要なこともあります。近隣の消化器内科に相談して下さい。

もう一つ重要なことを書きます。江東区のHPからそのまま載せますが、

この検査は胃がんになりやすい状態かを判定するものであり、胃がんを発見する「胃がん検診」ではありません。

バリウムを飲んでレントゲンを撮る胃がん検診は平行して行われています。リスク検診を受けても、胃がん検診が不要になるわけではないことは忘れないで下さい。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星