トップページ » 麻疹の流行 2018年

麻疹の流行 2018年


32沖縄で麻疹が流行しています。
なぜ麻疹がこれだけ騒がれるかと言えば、とても感染しやすく重症化することがあるからです。

感染の仕方はインフルエンザのように飛沫感染や接触感染するだけでなく、空気感染します。ウイルスが空気中に浮いているため同じ空間にいるだけで感染します。

 また麻疹にかかると免疫機能が一時的におさえられてしまうため、他のウイルスや細菌による感染症が重症化します。1000人に1人の割合で死亡する可能性があるとされています。

 つまりインフルエンザよりも感染しやすく、インフルエンザよりも死亡率が高いのです。更に言えば麻疹ワクチンはインフルエンザワクチンよりも予防効果が高いです。2回接種するだけでかなりの発症リスクを抑えられます。

 GWを控え、麻疹ワクチンの問い合わせが増えています。間に合うでしょうかという問い合わせもあります。抗体がつくまで2週間くらい必要とされています。その意味では厳密には間に合わないかもしれません。しかし麻疹患者と接して緊急(72時間以内)にワクチン接種することで発症を防ぐ可能性があり、実際に行われています。また麻疹に感染するリスクは今回だけではありません。今後も考えれば時期に関係なく接種する意味はあるでしょう。

麻疹の抗体が十分あることを確認された方や、母子手帳などで2回予防接種を受けている方以外は予防接種を検討して下さい。1度も接種していない方は2回が理想的ですがまずは1回打ってください。2回目は1ヶ月後からできますが、流行期に急いで確実に免疫をつけたいとき以外はもう少し時間をあけた方がよいようです。

抗体を持っている人が繰り返しワクチンを打っても問題ありません。迷ったら抗体測定ではなくワクチン接種でよいと思われます。

また麻疹のワクチンには、麻疹単体のワクチンの他に、風疹と混合のMRワクチン、更におたふくも入ったMMRワクチンがありますが、通常はMRワクチンやMMRワクチン(当院ではPriorix)で予防接種します。

風疹の予防も重要です。麻疹と同様に流行が数年ごとにみられます。
必ず一緒に予防してください。

なおMMRワクチンは輸入ワクチンのため重篤な副作用の際に公費での救済措置がないのがデメリットですが、安全性はMRワクチンと変わらず一度の接種で3つの病気を防げることが大きなメリットです。世界的にはMMRワクチンが一般的で、麻疹単独のワクチンやMRワクチンはある意味ガラパゴス的なようです。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星