トップページ » テレビ
テレビ

ためしてガッテン「糖尿病」 ~強化インスリン療法について~

 最近、複数の患者さんから、ためしてガッテンで「早くからインスリンを打つと糖尿病が治る」とやっていたと相談されました。

 治る?きっと誤解が生じているな、と思って10/5放送の番組を見てみました。そのサブタイトルが過激です。「糖尿病が完治する!?すい臓を復活させる薬」ですから、、、。

 番組の冒頭ではHbA1cが11以上の糖尿病の方が出てきました。早期にインスリン治療を行い、弱い飲み薬だけで維持できるようになったそうです。(完治ではないですね)

 これまでの糖尿病治療では、進行して飲み薬が効かなくなり、最終手段としてインスリン注射を導入となるのが普通でした。しかしこの方はそうなる前にインスリンを使用しています。ここがポイントです。

 インスリンは膵臓のβ細胞から放出されますが、糖尿病の治療でよく使用されるSU薬(「えすゆーやく」と読みます)は、β細胞に鞭を振るってインスリンを出させる薬なので、コントロールが悪いままずるずると増やしてしまうとβ細胞が疲れてしまいます。(番組内ではβ細胞が気絶していると表現されていました)

 またそれとは別に、高血糖状態そのものがβ細胞に悪い影響を与えます。
 これを「糖毒性」と言います。

 つまり、SU薬でなかなか血糖が下がらずに難渋していると(大抵は不十分な食餌療法が関係しています)、β細胞が疲れてしまうばかりか、糖毒性のためにβ細胞が壊れてしまいます。この悪循環によって糖尿病が悪化してしまうのです。
 その結果、回復が困難なほどまでにβ細胞が壊れてしまい、インスリン療法をせざるを得ない状態になってしまいます。

 ですから、血糖が200や300あるようなコントロール不良な方には、まずインスリンをしっかりと導入して糖毒性を解除してあげます。これによりβ細胞が大量のインスリンを出す仕事から解放され、β細胞の機能の復帰が促されます。β細胞が壊れるのを防げば、結果的にインスリン療法を回避できるようになることがあります。

 ちなみに番組で取り上げられていたような1日3-4回注射を行う方法は強化インスリン療法といい、現在普通に行われている治療法で、そう特別な治療ではありません。

 まさに番組冒頭で出てきた患者さんは、早期から強化インスリン療法を行い、「弱い飲み薬」だけでコントロールできる状態に持ち込めたのでしょう。糖尿病の程度が軽い方であれば、更に食餌療法と運動療法で薬を飲まなくてよくなる方もいます。

 「薬物療法」が不要になることを、「完治」と言うならそれもありでしょうが、ずっと「食餌療法」「運動療法」という治療は続けていきましょうね。この3つ全てフリーになれる糖尿病は稀です。

 ところで番組冒頭で出てきた「完治」という過激な表現は、後半では巧みに薄められていましたが、視聴者の頭には、「完治」という言葉が焼き付けられたのではないでしょうか。インスリン療法の悪いイメージを払拭した番組作りは非常にありがたいのですが、過剰な期待を与えたのではと危惧します。

 ちなみに、当院の外来でこの番組を話題にした方の多くは、既に少量の糖尿病薬で血糖値がコントロールされており、いま強化インスリン療法を導入しても特にメリットはないと思われました。
 また当院でも強化インスリン療法を行っている方はおりますが、既にインスリンなしではコントロールできない状態での当院への転医であり、この番組のような理想的な経過はたどれていないのが現状です。皆さん、前医との相性や、近隣に専門医がいないことにも苦労されています。

 なお、僕は糖尿病専門医ではなく、専門で糖尿病だけを診てきた経験はありません。
 その代わり、消化器内科に入院してきた患者さんに糖尿病の合併があれば、強化インスリン療法を経てなるべく内服薬にコントロールして退院させていました。内服薬であれば、自分の消化器内科外来で一緒に診やすいですから。 
 なので今回のテーマのようなインスリン治療を含め、糖尿病治療は人並みにはできるつもりでいます。

 しかしそれでも強化インスリン療法を外来でコントロールしていくことについて、専門医ほどの経験・技術はないのが現状です。
 ですからインスリン導入は当院でも行えますが、まずは専門医受診をおすすめしています。

 蛇足ですが、 糖尿病のコントロールが急に悪くなったり、急に痩せたりした方、注意です!膵臓がんの検査はされていますか?糖尿病の人が膵がんになりやすいわけではないですが、糖尿病発症や増悪が膵がん初期の症状のことがあります。ご注意を。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 14:32コメント(0) この記事をクリップ! 

ガイアの夜明けで手術補助ロボット「ダヴィンチ」が紹介

 一昨日の「ガイアの夜明け」は、「切らずに治す ~がん治療最前線~」でした。

 ここでは「ダヴィンチ」という手術用ロボットが紹介され、藤田保健衛生大学の宇山一朗先生の手術シーンが放映されました。宇山先生は以前NHKの「ディープピープル」でスーパー外科医として出演され、慶応義塾大学付属病院で王貞治さんの腹腔鏡手術をしたことでも有名です。

 このダヴィンチはロボットといっても、自動で手術をしてくれるわけではありません。あくまでもロボットハンド的なもので、手術するのは人間です。ダヴィンチを使うことによって、手技が向上し精細な処置が可能となります。また患者さんの身体への負担が小さくなるとのことでした。

 今回紹介された手術は、胃がんで一度手術されている方の再手術でした。癒着も多く、通常の腹腔鏡では大変であったのでしょう。ダヴィンチを使うことによって短時間で手術を終えた宇山先生は、「脂肪が多くて取るべき組織が固まっている人は、通常の腹腔鏡ではなかなかやりにくいのでダヴィンチでやったことは意味があった」と仰っています。

 このダヴィンチを用いた胃がん手術(おそらく入院費込み)は200万円で、患者さんの負担は109万円とのことでした。通常の腹腔鏡手術では150万円かかり、患者さんの負担は9万円程度です。現在ダヴィンチは先進医療に認定されている為、混合診療のような形で負担は軽減していますが、それでも保険診療とは100万円の差があります。
 ダヴィンチを保険でできるようにしようという動きもあるようです。

注:日本の医療費は諸外国と比べて安く、今回の200万円という費用も実はかなり安いと思います。が、今回はそれは横に置いておきます。

 またダヴィンチはアメリカでは1344台導入されているのに比べて、日本では27台にとどまっている寂しい現状が紹介されていました。しかしアメリカのように、自分が買っている保険によって受けられる医療レベルが大きく異なる国との単純比較は危ういと思います。そもそも1台約3億円でメンテナンスに年間2500万円かかるダヴィンチを必要とする手術はどのくらいあるのでしょうか。僕にはそれがよくわかりませんが、何でも最高レベルの技術を用いてお金も最大にかけることは適切ではないと思います。
 
 現状で保険収載に慎重な厚労省の姿勢は残念ですが、理解できないでもありません。
 それでも今後、ロボットを用いた医療が浸透していくのは間違いないでしょう。

 今回の番組では取りあげられていませんでしたが、ダヴィンチの他にもゼウスというロボットもあります(確かそちらは2億円くらい)。更に今後も新たなベンチャーから続々と新しい手術ロボットが開発されるでしょう。

 価格が少しずつ下がり、技術的な習熟が広まり、その流れの中で保険収載がなされ、更にロボットの価格が下がって、日本でも本格的にロボット手術が普及するのではないでしょうか。
 
 個人的には日本企業による医療ロボットを期待しています!

追伸ですが、 番組後半では「粒子線治療」が紹介されていました。前立腺がんの治療費は粒子線だけで288万円とのこと。確かにメスを入れない治療は素晴らしいですが対象となるがんは限られそうに思いました。また前立腺全摘手術はダヴィンチが得意とするものでもありますから、長期の成績なども含め検討する必要があると思いました。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 19:56コメント(0) この記事をクリップ! 

『死を招く感染症』?

 先日のためしてガッテンはある感染症がテーマでした。

「ミイラも感染」「日本人の7割が感染」「突然死を招く感染症」
 ???

 いつものように意味深なオープニングです。
 なんだろうと考えているうちに「失明」「足の切断」につながる、とナレーション。

 糖尿病の話し?糖尿病は感染症ではないのにな、と思っているところで、非常にコントロールが悪かった糖尿病の方が出てきました。
 この方、ある場所に行って治療をしたら糖尿病がよくなったと言うのです。

 さてその場所どこでしょう。僕はよく分かりませんでした。
 画面のモザイクが取れるとそこは歯医者さんでした。今回のテーマは「歯周病」です。

 歯周病はいくつもの歯周病菌によって起こるそうです。
 この感染症に対してマクロファージ(という免疫細胞)が働くと、インスリンの働きを抑える物質(ためしてガッテンでは阻害君と呼ばれていますね)を放出します。このため糖尿病が悪化するのです。

 そして糖尿病が悪化すると、免疫能が落ちて、更に歯周病が悪化するという悪循環に陥ります。
 ここらへんは、さすがNHK、詳細を省きつつもうまく説明しています。

 今回興味深かったのは、歯周病があると心臓病が2.8倍に、脳梗塞が2.9倍になるということです。
 どの研究のデータを引用しているのかわからないので、ここで数値を評価することは避けますが、歯周病が心臓病や脳梗塞の危険因子になるというのは確からしいようです。
(脳梗塞については2003年のある論文にRRが2.85と、それらしい記載があります)

 糖尿病は自覚症状がなくすすむ病気の代名詞ですが、歯周病も自覚症状がなく知らないうちに進むため、歯周病を早期発見するためには年に1回は歯科医で検診を受けることがおすすめされていました。

 「死を招く感染症」はややおおげさでしたが、勉強になりました。

doc_toyonaidoc_toyonai  at 10:41コメント(0) この記事をクリップ! 

ためしてガッテン「心臓が突然、止まる!200万人に潜む異常音」

 今日は日曜日。快晴の中、実家で町内会の清掃に駆り出されました。久々に母校である南浦和中学校のまわりも清掃してきました。近所のおじさん達と会うのも久しぶり。

 一汗かいて、
実家から豊洲へ戻りました。その途中のクルマで音声を聞いていた「ためしてガッテン」の再放送で気になるテーマが。

 

  「心臓が突然、止まる!200万人に潜む異常音」

  ただごとではありません。どうやら心拡大や心肥大の話し。

肥大型心筋症や拡張型心筋症でしょうか。 

拡張型だとバチスタ手術や心臓移植が有名ですが、さすがに200万人に潜む病気ではありません。

続きを読む

doc_toyonaidoc_toyonai  at 12:38コメント(0) この記事をクリップ!