トップページ » がん検診
がん検診

6月21日から平成25年度の江東区健診がはじまります。

 6月21日から平成25年度の健康診査がはじまります。
 対象は40歳以上の方で、以下にあてはまる方々です。
  • 江東区国民健康保険加入者
  • 後期高齢者医療制度加入者
  • 生活保護受給者

 その他の被用者保険(健康保険組合全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)共済組合など)に加入されている方や、その被扶養者の方は、この江東区が実施する健診ではなく、健康保険組合が実施する健診を受診して下さい。
(大腸がん検診や前立腺がん検診は受けられます)

 健康診査に含まれる項目は、問診・腹囲・血圧・血液検査・尿検査・貧血検査・胸部X線・心電図等であり、特定健診(いわゆるメタボ健診)には含まれない項目(胸部X線・心電図・腎機能・貧血等)も含まれていて充実しています。また必要と認めた場合には眼底検査も受けることができます(他院へご紹介させていただきます)。

 その他、同時に肝炎ウイルス検診大腸がん検診前立腺がん検診(55、60、65、66歳男性)を受けられますが、がん検診は今年から有料になっており、大腸がん検診と前立腺がん検診は500円かかります。
 その他にも胃がん検診・肺がん検診・乳がん検診・子宮頚がん検診などありますが詳細は江東区のHP(がん検診の概要)もご参照下さい。

 なお健診の期間は6月21日から来年の2月20日までですが、インフルエンザシーズンとぶつかる終盤は混雑が考えられます。また寒い中たくさん着た服を脱いだり着たりするのは大変ですから、寒くなる前に受診することをおすすめします。
 まずはお近くのかかりつけの内科医院にご相談下さい。 

 当院では予約制で行っております。
 電話(03-5144-5155)やクリニックのHPからご予約下さい。
 (大腸がん検診・前立腺がん検診は予約不要です)

 あいていれば当日申し込みでも可能です。お気軽にご連絡下さい。



doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:04コメント(0) この記事をクリップ! 

6月21日から江東区の健診がはじまります。

 江東区では6月21日から平成24年度の健康診査がはじまります。
 対象者は40歳以上で、以下にあてはまる方々となります。
 
  • 江東区国民健康保険加入者
  • 後期高齢者医療制度加入者
  • 生活保護受給者

 対象者にはそろそろお手元に受診券が届きます。
 なお、その他の被用者保険(健康保険組合全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)共済組合など)に加入されている方や、その被扶養者の方は、この江東区が実施する健診ではなく、健康保険組合が実施する健診を受診して下さい。
(大腸がん検診などのがん検診は受けられます)

 この健診は特定健診(いわゆるメタボ健診)を兼ねています。特定健診は一時話題になりましたが、実態は項目が削られ、住民健診として内容が後退した感は否めません。
 しかし、江東区の健診では血液検査・尿検査だけでなく、特定健診には含まれないレントゲン・心電図(※)などが含まれており、血液検査項目に腎機能や貧血の検査が含まれるなど充実しています。
((※)当初間違えて「聴力検査・視力検査 」も含まれると記載していました。正確には含まれません。6/26に訂正しました。申し訳ありませんでした。)

 今回の江東区の健診ではいくつか変更点があります。大きな特徴は、これまで分かれていた高齢者健診と成人健診が一緒になったことです。期間も同じとなり、受ける項目も一緒になります。

 同時に肝炎ウイルス検診や大腸がん検診、前立腺がん検診(55、60、65、66歳男性)を受けることができます。

 健診の期間は6月21日から来年の2月20日までです。インフルエンザシーズンとぶつかる終盤は混雑が考えられます。また寒い中たくさん着た服を脱いだり着たりするのは大変でしょうから、暖かいうちに受診することをおすすめします。
 まずはかかりつけの内科医院にご相談下さい。

 なお当院では今年は予約制で行います。待ち時間を減らすためですのでご協力お願いします。電話(03-5144-5155)やクリニックHPからご予約下さい。
(大腸がん検診・前立腺がん検診は予約不要です)

 あいていれば当日申し込みでも可能ですのでお気軽にご連絡下さい。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 08:35コメント(0) この記事をクリップ! 

検診  Q&A

 5/17に書きました、『お父さんお母さんが子どものためにすべきこと ~検診のすすめ~』を、「知ろう!小児医療 守ろう!子供達」の会に投稿した際、一緒にQ&Aをつけたのを忘れていました。

 今回はそれをご紹介します。

 もともと小さなお子さんがいるお父さんお母さん向けの記事でしたので、今回は少し改変しました。
■何がんの検診をまず受ければよいでしょうか?
 まずは住民検診で採用されている「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「乳がん」「子宮がん(子宮頸がん)」の5つを考えたらいいと思います。この5つは死亡率低下に根拠があると判断されたものであり、「対策型検診」に組み込まれています。
  
■対策型検診ってなんですか? -「対策型」と「任意型」-
 検診は「対策型」と「任意型」と大きく2つに分けることができ、住民検診は対策型、人間ドックは任意型とされます。
 対策型の目的は「集団のがんを減らすこと」です。公費が投じられる事もあり、利益(効果)と不利益(費用や負担)のバランスをとって、限られた資源の中で集団にとって最大限の利益を目標としています。その中で根拠があると考えられているのが、前記した5つのがんです。
 一方で「任意型」は「個人の死亡リスクを下げること」が目的です。効果がはっきりしなくても、費用が高くても、時間がかかっても、時に害があっても、ご自身がその検査を了解すればいいのです。
 
■何歳から受ければいいですか?
 対策型検診として行われる住民検診は、多くの自治体では40歳からとされています。例外は子宮がん検診で20歳からです。
  しかし対策型は「集団の利益」が主であり、個人の諸事情は勘案されていません。ですから対策型の年齢を参考にして、更に必要な検査があれば、年齢に達していなくても個別に検診やドックを追加されるといいと思います。
 
■なぜ子宮がん検診だけ20歳からなのですか?
 子宮がんには「子宮頚がん」と「子宮体がん」がありますが、通常、「子宮がん検診」は「子宮頸がん」に対する検診を指します
 子宮頸がんは性行為によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与することがわかってきました。そのため性活動が活発となる若い年代から問題となっています。既に妊娠時に検査を受けている方もいると思いますが、2年に1度は受診して下さい。
 ちなみに子宮体がんですが、通常子宮体がんの検診は特定の条件にあたる人にしか行われないようです。婦人科の先生に聞いたところでは、子宮体がんの検査は、子宮頸がんと同じ細胞診で行いますが、更に子宮の中まで進めて行うとのことでした。発見率を考えると経腟エコー併用が望ましいようですが、経腟エコーまで行うのは大抵は人間ドックだとのことでした。
 
■乳がん検診も40歳からでいいの?
 乳がん検診は以前は30代からとされていましたが、平成16年に自治体検診の見直しを厚労省がまとめ、30代の乳がん検診の廃止が提言されました。その理由は、30代では乳腺が発達していてマンモグラフィでがんを見つけにくいことなどがあるようです。他に乳腺エコーを使う検診もありますが、そちらはまだデータが蓄積されていないようです。
 つまり対策型として考えた場合、乳がん検診は40歳から推奨ということであって、必ずしも30代で不要というわけではありません。特に危険因子をお持ちの方は、40歳を待たずにご検討下さい。
《乳がんの危険因子:40歳以上、未婚・未産、初産年齢が30歳以上、初潮が早い、閉経が遅い、肥満、アルコール・脂肪の摂取が多い、乳腺疾患(乳腺症・乳がんなど)の既往がある、家族に乳がんがいるなどなど。》

■がん検診よりも、人間ドッグを受けたほうがいいのですか?
 まずは対策型として自治体・会社等で行っているものは必ずカバーして下さい。
その上で、年齢、性別、ライフスタイル、ご家族の病気(いわゆるがん家系)などを考慮して、更に何を追加する必要があるか自分で決めていただく必要があります。もちろん懐具合も考えて。
 人間ドックはがんだけでなく生活習慣病も含めた多彩な検査が含まれていて有用ですが、一律におすすめするものではありません。
 
■そもそも検診の種類がいっぱいあってよくわかりません。
 検診は大雑把に分けて、住民検診、特定健診(メタボ健診)、職場検診、人間ドックなどがあります。
 ◎住民検診
    がん検診としての住民検診は老人保健法に基づいて行われていますが、
   1998年度から国庫補助がなくなり予算が地方に一般財源化されました。各
   地の特性や予算の事情にあわせて自治体の裁量で行われています。なの
   でお住まいの自治体によって内容や費用が異なりますのでご確認下さい。
   不十分なら住民としての声を自治体に届けましょう。
 
 ◎特定健診
    生活習慣病に対する住民検診は現在はありません。市町村で行われてい
   た検診は、2008年度から実施主体が医療保険者(健保組合)に変わり、特定
   健診(メタボ健診)となりました。そのため、実施主体ががん検診とは別れてし
   まい、わかりにくくなってしまいました。40歳以上の方は保険証を発行している
   健保組合にお問い合わせ下さい。
 
 ◎職場検診
    職場検診は労働安全衛生法によって雇用主に対して義務づけられたもので、
   基本的にはがん検診ではありません
   胸部レントゲンも撮影しますが肺結核の発見を主目的としており、肺がん検診と
   しては適切ではないことがあります。職場検診を兼ねて人間ドックを行っている
   会社はいいのですが、通常の職場検診であれば「がん検診」としては当てにしな
   い方がいいでしょう。
 
 ◎人間ドック
    任意型で行われるもので、対策型のものは通常含まれています。更に脳ドック
   や骨粗鬆症の検査などさまざまな内容がありますので、ご自身の都合にあわせ
   て選んで下さい。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 21:15コメント(0) この記事をクリップ! 

『お父さんお母さんが子どものためにすべきこと ~検診のすすめ~』

 以前から応援している団体があります。「知ろう!小児医療 守ろう!子供達」の会です。ご存知の方おられますか?http://shirouiryo.com/

 この団体の詳細はHPをみて下されば分かるかと思いますが、小児医療や医療崩壊についてパパ・ママの視点で捉えて活動されている貴重な団体です。そのため厚労省の班会議や様々な調査でも声がかかります。(→ 母乳安全調査について )

 この会のメルマガなどでは子供の病気やその対処法について広報することがありますが、昨年、目先を変えてパパ・ママの健康などについて内科医から何かないかというお話があり寄稿させていただきました。 
 今回はそ
の内容をそのまま(手抜き(^^;))載せてみたいと思います。今でもこの思いに変わりはありませんので。

 


お父さんお母さんが子どものためにすべきこと ~検診のすすめ~』

                       内科医師 金澤信彦

            (2010/04/15 しろうジャーナル No.20より)

続きを読む

doc_toyonaidoc_toyonai  at 23:00コメント(0) この記事をクリップ!