トップページ » 予防接種
予防接種

麻疹の流行 2018年


32沖縄で麻疹が流行しています。
なぜ麻疹がこれだけ騒がれるかと言えば、とても感染しやすく重症化することがあるからです。

感染の仕方はインフルエンザのように飛沫感染や接触感染するだけでなく、空気感染します。ウイルスが空気中に浮いているため同じ空間にいるだけで感染します。

 また麻疹にかかると免疫機能が一時的におさえられてしまうため、他のウイルスや細菌による感染症が重症化します。1000人に1人の割合で死亡する可能性があるとされています。

 つまりインフルエンザよりも感染しやすく、インフルエンザよりも死亡率が高いのです。更に言えば麻疹ワクチンはインフルエンザワクチンよりも予防効果が高いです。2回接種するだけでかなりの発症リスクを抑えられます。

 GWを控え、麻疹ワクチンの問い合わせが増えています。間に合うでしょうかという問い合わせもあります。抗体がつくまで2週間くらい必要とされています。その意味では厳密には間に合わないかもしれません。しかし麻疹患者と接して緊急(72時間以内)にワクチン接種することで発症を防ぐ可能性があり、実際に行われています。また麻疹に感染するリスクは今回だけではありません。今後も考えれば時期に関係なく接種する意味はあるでしょう。

麻疹の抗体が十分あることを確認された方や、母子手帳などで2回予防接種を受けている方以外は予防接種を検討して下さい。1度も接種していない方は2回が理想的ですがまずは1回打ってください。2回目は1ヶ月後からできますが、流行期に急いで確実に免疫をつけたいとき以外はもう少し時間をあけた方がよいようです。

抗体を持っている人が繰り返しワクチンを打っても問題ありません。迷ったら抗体測定ではなくワクチン接種でよいと思われます。

また麻疹のワクチンには、麻疹単体のワクチンの他に、風疹と混合のMRワクチン、更におたふくも入ったMMRワクチンがありますが、通常はMRワクチンやMMRワクチン(当院ではPriorix)で予防接種します。

風疹の予防も重要です。麻疹と同様に流行が数年ごとにみられます。
必ず一緒に予防してください。

なおMMRワクチンは輸入ワクチンのため重篤な副作用の際に公費での救済措置がないのがデメリットですが、安全性はMRワクチンと変わらず一度の接種で3つの病気を防げることが大きなメリットです。世界的にはMMRワクチンが一般的で、麻疹単独のワクチンやMRワクチンはある意味ガラパゴス的なようです。



doc_toyonaidoc_toyonai  at 14:00コメント(0) この記事をクリップ! 

平成28年4月から風疹抗体検査が全額助成(無料)されます。

江東区では風疹検査への助成対象が拡充されます。大きく変わったのは男性も対象となったことと、近隣の医療機関で毎日できるようになったことです。

詳しく見てみましょう。

昨年度の対象者は「19歳から49歳までの妊娠を予定または希望する女性」のみでした。
今年度の対象者は以下の条件のいずれかにあたる人です。
1.妊娠を予定または希望する19歳以上50歳未満の女性
2.対象1の配偶者・同居者等(15歳以上)
3.風しん抗体価が低い妊婦の配偶者・同居者等(15歳以上)
44女性だけでなく男性も対象となっています。更にパートナーだけでなく同居者まで拡大されており、孫を待つ祖父母までも対象になります。実際、ここ数年の風疹流行の分析から、既に抗体を持っていると思われている50代以上にも抗体が不十分な方々が多く見られたことが理由のようです。

また昨年度までは保健相談所(江東区内で4カ所)でしかできず、月2回だけしか機会がありませんでした。風疹対策をやっているというアリバイ作り程度にしか思えませんでしたが、今年度からは地元の医療機関(協力医療機関)でできます。
さらに事前に江東区への申し込みは不要で、各医療機関にある申込書で行うことができます。(医療機関によって予約が必要ですのでお問い合わせ下さい。当院では予約不要です)

またもう一つ大事なことは、今回の助成は風疹の予防接種を受けた事があっても受けられることです。ただし、1年以内に風疹の抗体検査を受けたことがある人、あるいは1年以内に風疹の予防接種を受けたことがある人は対象外です。


このように風疹検査の助成対象は、かなり広がりました。医師会で開かれた説明会で江東区の担当者は、対象者を絞り込みたいのではなく、「必要な人に検査を受けて欲しい。とにかく先天性風疹症候群をなくすためにやっている。」と何度も言っていました。

江東区はやる気です。あとは対象となる方々が受けるかどうかです。
詳細は江東区のHPをご覧下さい。 
(平成28年度(成人対象)風しん抗体検査・風しん予防接種費用を全額助成)

ただし、抗体価が低かった場合のワクチンについてはこれまで通り、「妊娠を予定または希望する19歳から49歳までの女性で、風しん抗体価が低い方」が助成(無料)の対象となり、男性は含まれません。ここは残念なところです。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 08:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ドラマ「コウノドリ」で先天性風疹症候群

今話題のドラマの「コウノドリ」ですが、うちにもその原作マンガの単行本があります。特に4巻はたくさん置いてあります。
 
なぜ4巻かといえば、ここに風疹編が出ているからです。
 
03432620


ところで、以前「パパになる前に風疹対策を」というブログ記事を書きました。もう3年前のことです。この2012年から2013年にかけて風疹は流行しニュースでも話題になりました。妊娠を希望する女性や、妊婦の夫に予防接種の費用が補助されたりして、ワクチン不足さえ起こりました。
 
この流行によって、先天性風疹症候群の赤ちゃんは2013年には32人も生まれています。
 2010年には0人、2011年にはたった1人だったのに、です。
 
CRS_report2
(国立感染症研究所のHPより作成) 

風疹といえば子どもの病気のように聞こえますが、この流行で多かったのは男性では30代、女性では20代前半でした。また先天性風疹症候群を考えると女性の病気と考えがちかですが、女性より男性の方が3倍多かったのです。

先天性風疹症候群を防ぐには妊婦や妊婦予備軍を対象とした対策では不十分です。女性のワクチン接種は当然重要ですが、流行を防ぐには男性のワクチン接種が重要です。それは結婚していようがしていまいが、子どもを作ろうとしているいないに関係なく全ての人が意識して下さい。初孫を心待ちにしているような年齢の方々も他人事ではありません

 国立感染症研究所のHPに風疹抗体保有状況が出ていますが、20代以上の男性では概ね80-90%程度の抗体保有率です。これではまだ不十分なのです。
df398a2
(国立感染症研究所のHPより) 


話しをドラマのコウノドリに戻りましょう。
今週の10月30日のコウノドリは第4巻にある「風疹編」です。

 

 
第4巻を読んでもらいたくて単行本をたくさん置いていましたが、ついにテレビで放映されます。よかったら見て下さい。

産科のドラマですが、誰にでも共感できる内容だと思います。
その上で風疹のことを考えてもらえればと思います。

今の状況ではまた風疹の流行はやってくるでしょう。。
その時慌ててワクチンを打つのではなく、今から対策しておきましょう。

2回の風疹ワクチン(あるいはMRワクチン)の予防接種を受けてない方は抗体の検査を行うか、ワクチン接種を検討して下さい。特に1回も受けてない方は要注意です。
 
これからインフルエンザの予防接種で医療機関に行く人もいるでしょう。インフルエンザワクチンと一緒に抗体検査や風疹ワクチン(MRワクチン)を打つことができます。医療機関に確認の上行って下さい。
(母子手帳があれば持参して下さい)

風疹対策はこれから子作りをする家族だけの話しではありません。全ての人です。
みんなで先天性風疹症候群をなくしましょう。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30コメント(0) この記事をクリップ! 

インフルエンザ予防接種(2014/2015シーズン)

IMG_2343 10月1日からインフルエンザワクチンの接種を開始しています。
 しかしワクチンの効果持続期間が5ヶ月くらいということで、受験を控えたお子さんのように明確にターゲットとなる日程がある方を除いて、10月中は積極的にお薦めすることは控えてきました。例年3月後半や4月中旬までインフルエンザが流行することを考えると、11月以降で十分と考えたからです。

 そろそろ11月中旬となります。まだ幸いインフルエンザの流行の兆しはありませんが(少なくとも豊洲では)、今シーズンの接種を考えている方は遅くとも12月中旬までには接種することをお薦めします。

  なお当院では例年通り「予約なし」で行っています。通常の診療の合間に優先して接種して、お待たせする時間が少なくなるように努めています。(小学生の接種はなるべく小児科で行うことをお薦めしています)


 またこれまでのインフルの記事でも書いてきたように2点書かせていただきます。

「学校保健安全法施行規則」の改正により、
出席停止期間の基準が「発症した後5日を経過し,かつ,解熱した後2日(幼児にあっては,3日)を経過するまで」となっています。勤務されている方にも同様の対処をお薦めしております。
 
当クリニックではインフルエンザの「治癒証明書」はおすすめしません


doc_toyonaidoc_toyonai  at 10:00コメント(0) この記事をクリップ! 

2種類の肺炎球菌ワクチン(成人の定期接種化を受けて)

 成人(65歳以上)の肺炎球菌ワクチンが10月から定期予防接種になりました。これまでも江東区では独自に助成してきましたが、定期接種になっても自己負担は4000円と変わりません。違いは対象年齢が5歳刻みとなるところです。
 最近その影響で公費の対象ではない方から自費で打ちたいという問い合わせがありますが、説明で悩むことがあります。

 というのも、現在成人に使用できる肺炎球菌ワクチンは「ニューモバックスNP」「プレベナー13」の2種類があるからです。これまでプレベナーは小児のみの適用で、成人はニューモバックス(2歳以上に適応)しか選択肢がありませんでした。この6月からプレベナーも65歳以上に使用できるようになりましたが、成人が公費で使用できるのは今のところニューモバックスのみです。自費なら両方とも使えますがどちらのワクチンをすすめるべきでしょうか。
 
 この2つのワクチンの特徴を簡単に列挙します。
ニューモバックス(PPV23)
 ポリサッカライドワクチン/23価
 免疫記憶効果がなく持続効果が劣る。
 ワクチン接種を繰り返してのブースター効果なし
 鼻や喉の粘膜への定着(保菌)を防止できない
 プレベナーより安価 
 成人は公費で接種可能
 脾摘患者は保険で接種可能  

プレベナー(PCV13)
 コンジュゲートワクチン(結合型ワクチン)/13価
 免疫記憶効果あり。
 ワクチン接種を繰り返してのブースター効果あり
 鼻や喉の粘膜への定着(保菌)を防止できる
 ニューモバックスよりも高価
 成人は自費のみ。公費で接種できない
 小児は公費で接種可能


 ここからは長いので結論を先に書きますと、

 自費で接種する高齢者には現時点ではプレベナーをお勧めします。


 さて、肺炎球菌が問題なのは髄膜炎や菌血症といった本来無菌である部位に菌が入り込む侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)を起こすことですが、高齢者では当然肺炎も大きな脅威となります。ニューモバックスは敗血症などIPDの予防効果は認められていますが、「敗血症を伴わない肺炎」を予防できるかは意見が割れています(日本の高齢者介護施設でニューモバックスの肺炎予防を支持する報告がありますが、他にも両意見あります文献(引用47-55))
 また肺炎球菌の特徴の一つは、何も症状がない健康なヒトの鼻やのどの粘膜に菌が付着していることです。これを保菌と言い、小児で20-40%、成人で10%程度といわれています。ニューモバックスは多糖体(ポリサッカライド)を抗原とするポリサッカライドワクチンで、保菌を防げません。一方でプレベナーは、多糖体に蛋白質(ジフテリア由来)を結合した結合型ワクチンであり、粘膜への免疫が誘導され保菌を防ぐとされています。

 他にも違いをあげると、肺炎球菌は約90種類の型がありますがニューモバックスは23種類プレベナーは13種類に対応しています。ある型を予防すればまた別の型が増えるようであり、実際に感染して問題となる主な型は両ワクチンともカバーしているため数字ほどの大きな差はないようですがニューモバックスの利点です。
 もう一点ニューモバックスが優れているのはプレベナーよりも安いことです。

 これらを念頭に自費希望の患者さんにニューモバックスとプレベナーのどちらを接種するかを相談しています。

 ところで厚生労働省とアメリカCDCの情報は以下のようなものです。
厚生労働省
Q&Aにはプレベナーの情報は定期接種関連にとどまり、プレベナーとニューモバックスの位置付けについての情報はありません。
 
アメリカ疾病対策センター(CDC)
はじめて肺炎球菌ワクチンを打つ方にはまずプレベナー(PCV13)を接種することを推奨しています。更にその6-12ヶ月後にニューモバックス(PPSV23)の接種を薦めています。

Adults who are 65 years of age or older and who have not previously received PCV13, should receive a dose of PCV13 first, followed 6 to 12 months later by a dose of PPSV23.  

 CDCのサイトは読みやすく書いてあり参考になります。

 なお、抗生物質があるから予防しなくても心配ないのではと思う方がいるかもしれませんが、抗生物質が効きにくい肺炎球菌が増加して問題となっています。
 肺炎球菌ワクチンはこのような薬剤耐性肺炎球菌にも効果があります。予防で対処しましょう。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:45コメント(0) この記事をクリップ!