トップページ » ためしてガッテン
ためしてガッテン

『死を招く感染症』?

 先日のためしてガッテンはある感染症がテーマでした。

「ミイラも感染」「日本人の7割が感染」「突然死を招く感染症」
 ???

 いつものように意味深なオープニングです。
 なんだろうと考えているうちに「失明」「足の切断」につながる、とナレーション。

 糖尿病の話し?糖尿病は感染症ではないのにな、と思っているところで、非常にコントロールが悪かった糖尿病の方が出てきました。
 この方、ある場所に行って治療をしたら糖尿病がよくなったと言うのです。

 さてその場所どこでしょう。僕はよく分かりませんでした。
 画面のモザイクが取れるとそこは歯医者さんでした。今回のテーマは「歯周病」です。

 歯周病はいくつもの歯周病菌によって起こるそうです。
 この感染症に対してマクロファージ(という免疫細胞)が働くと、インスリンの働きを抑える物質(ためしてガッテンでは阻害君と呼ばれていますね)を放出します。このため糖尿病が悪化するのです。

 そして糖尿病が悪化すると、免疫能が落ちて、更に歯周病が悪化するという悪循環に陥ります。
 ここらへんは、さすがNHK、詳細を省きつつもうまく説明しています。

 今回興味深かったのは、歯周病があると心臓病が2.8倍に、脳梗塞が2.9倍になるということです。
 どの研究のデータを引用しているのかわからないので、ここで数値を評価することは避けますが、歯周病が心臓病や脳梗塞の危険因子になるというのは確からしいようです。
(脳梗塞については2003年のある論文にRRが2.85と、それらしい記載があります)

 糖尿病は自覚症状がなくすすむ病気の代名詞ですが、歯周病も自覚症状がなく知らないうちに進むため、歯周病を早期発見するためには年に1回は歯科医で検診を受けることがおすすめされていました。

 「死を招く感染症」はややおおげさでしたが、勉強になりました。

doc_toyonaidoc_toyonai  at 10:41コメント(0) この記事をクリップ! 

ためしてガッテン「心臓が突然、止まる!200万人に潜む異常音」

 今日は日曜日。快晴の中、実家で町内会の清掃に駆り出されました。久々に母校である南浦和中学校のまわりも清掃してきました。近所のおじさん達と会うのも久しぶり。

 一汗かいて、
実家から豊洲へ戻りました。その途中のクルマで音声を聞いていた「ためしてガッテン」の再放送で気になるテーマが。

 

  「心臓が突然、止まる!200万人に潜む異常音」

  ただごとではありません。どうやら心拡大や心肥大の話し。

肥大型心筋症や拡張型心筋症でしょうか。 

拡張型だとバチスタ手術や心臓移植が有名ですが、さすがに200万人に潜む病気ではありません。

続きを読む

doc_toyonaidoc_toyonai  at 12:38コメント(0) この記事をクリップ!