トップページ » 予防接種
予防接種

麻疹の流行 2018年


32沖縄で麻疹が流行しています。
なぜ麻疹がこれだけ騒がれるかと言えば、とても感染しやすく重症化することがあるからです。

感染の仕方はインフルエンザのように飛沫感染や接触感染するだけでなく、空気感染します。ウイルスが空気中に浮いているため同じ空間にいるだけで感染します。

 また麻疹にかかると免疫機能が一時的におさえられてしまうため、他のウイルスや細菌による感染症が重症化します。1000人に1人の割合で死亡する可能性があるとされています。

 つまりインフルエンザよりも感染しやすく、インフルエンザよりも死亡率が高いのです。更に言えば麻疹ワクチンはインフルエンザワクチンよりも予防効果が高いです。2回接種するだけでかなりの発症リスクを抑えられます。

 GWを控え、麻疹ワクチンの問い合わせが増えています。間に合うでしょうかという問い合わせもあります。抗体がつくまで2週間くらい必要とされています。その意味では厳密には間に合わないかもしれません。しかし麻疹患者と接して緊急(72時間以内)にワクチン接種することで発症を防ぐ可能性があり、実際に行われています。また麻疹に感染するリスクは今回だけではありません。今後も考えれば時期に関係なく接種する意味はあるでしょう。

麻疹の抗体が十分あることを確認された方や、母子手帳などで2回予防接種を受けている方以外は予防接種を検討して下さい。1度も接種していない方は2回が理想的ですがまずは1回打ってください。2回目は1ヶ月後からできますが、流行期に急いで確実に免疫をつけたいとき以外はもう少し時間をあけた方がよいようです。

抗体を持っている人が繰り返しワクチンを打っても問題ありません。迷ったら抗体測定ではなくワクチン接種でよいと思われます。

また麻疹のワクチンには、麻疹単体のワクチンの他に、風疹と混合のMRワクチン、更におたふくも入ったMMRワクチンがありますが、通常はMRワクチンやMMRワクチン(当院ではPriorix)で予防接種します。

風疹の予防も重要です。麻疹と同様に流行が数年ごとにみられます。
必ず一緒に予防してください。

なおMMRワクチンは輸入ワクチンのため重篤な副作用の際に公費での救済措置がないのがデメリットですが、安全性はMRワクチンと変わらず一度の接種で3つの病気を防げることが大きなメリットです。世界的にはMMRワクチンが一般的で、麻疹単独のワクチンやMRワクチンはある意味ガラパゴス的なようです。



doc_toyonaidoc_toyonai  at 14:00コメント(0) この記事をクリップ! 

平成28年4月から風疹抗体検査が全額助成(無料)されます。

江東区では風疹検査への助成対象が拡充されます。大きく変わったのは男性も対象となったことと、近隣の医療機関で毎日できるようになったことです。

詳しく見てみましょう。

昨年度の対象者は「19歳から49歳までの妊娠を予定または希望する女性」のみでした。
今年度の対象者は以下の条件のいずれかにあたる人です。
1.妊娠を予定または希望する19歳以上50歳未満の女性
2.対象1の配偶者・同居者等(15歳以上)
3.風しん抗体価が低い妊婦の配偶者・同居者等(15歳以上)
44女性だけでなく男性も対象となっています。更にパートナーだけでなく同居者まで拡大されており、孫を待つ祖父母までも対象になります。実際、ここ数年の風疹流行の分析から、既に抗体を持っていると思われている50代以上にも抗体が不十分な方々が多く見られたことが理由のようです。

また昨年度までは保健相談所(江東区内で4カ所)でしかできず、月2回だけしか機会がありませんでした。風疹対策をやっているというアリバイ作り程度にしか思えませんでしたが、今年度からは地元の医療機関(協力医療機関)でできます。
さらに事前に江東区への申し込みは不要で、各医療機関にある申込書で行うことができます。(医療機関によって予約が必要ですのでお問い合わせ下さい。当院では予約不要です)

またもう一つ大事なことは、今回の助成は風疹の予防接種を受けた事があっても受けられることです。ただし、1年以内に風疹の抗体検査を受けたことがある人、あるいは1年以内に風疹の予防接種を受けたことがある人は対象外です。


このように風疹検査の助成対象は、かなり広がりました。医師会で開かれた説明会で江東区の担当者は、対象者を絞り込みたいのではなく、「必要な人に検査を受けて欲しい。とにかく先天性風疹症候群をなくすためにやっている。」と何度も言っていました。

江東区はやる気です。あとは対象となる方々が受けるかどうかです。
詳細は江東区のHPをご覧下さい。 
(平成28年度(成人対象)風しん抗体検査・風しん予防接種費用を全額助成)

ただし、抗体価が低かった場合のワクチンについてはこれまで通り、「妊娠を予定または希望する19歳から49歳までの女性で、風しん抗体価が低い方」が助成(無料)の対象となり、男性は含まれません。ここは残念なところです。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 08:30コメント(0) この記事をクリップ! 

予防接種の履歴管理 ~母子手帳とイエローカード~

IMG_2239s 海外駐在や留学が決まった方から予防接種の相談を受けることがあります。
 その際、これまでの予防接種歴を尋ねますが、ほとんどの方は把握していません。破傷風(三種混合)や日本脳炎などは小さい頃に定期接種で打っていて基礎免疫がついている可能性があります。それがわかれば追加接種の1回だけでよいことになります。またアジア諸国では麻疹や風疹が流行している国があります。その国ではそれが当たり前なので問題になっていないだけで、日本からの渡航者にとっては重要な問題のはずですが、肝心の予防接種が済んでいるかどうかが把握されていないことがしばしばあります。

 幼少期の予防接種は母子手帳を確認できれば話しはスムースなのですが、なかなか持参される方はいません。
 また数年前に出張で予防接種を受けたというのに、詳細の記録がなく、打った肝炎の予防接種がA型肝炎なのかB型肝炎なのかわからないといった方もいます。
 
 予防接種の履歴の管理は重要です。そのため当院では国際予防接種証明書(通称・イエローカード)を用意しています。この証明書の正式名は International certificate of vaccination or prophylaxis といい、黄熱病などの予防接種を証明するためにWHOがモデルとして作成した国際証明書です。当院で使用しているものはアメリカ政府(HHSとCDC)が監修したアメリカ版です。

 現在、入国時に予防接種が義務づけられることがあるのは黄熱病のみで、イエローカードにはそのためのページがありますが、黄熱病のワクチンは検疫所など特定の施設でしか接種できないため当院では使用しません。

IMG_2236s しかしアメリカの大学のように、予防接種を済ませていることが入学の条件となる場合には、イエローカードで接種の証明することが役立つでしょう。(実際には英文の診断書が必要になることが多いようですが)

 また海外渡航後に追加のワクチンを打つ場合、これまで打ったワクチンが分かることには意味があります。

 このイエローカードは複数のワクチンを同時接種されるなどトラベルワクチンとして接種される方には渡すようにしていますが、それ以外でも必要な方には渡しています。
 母子手帳やイエローカードを通じて、ワクチン接種を管理する意識が高まることを願っています。

 なお、ワールドカップでブラジルに渡航予定の方は黄熱病にご注意下さい。厚生労働省検疫所のHPに注意事項が掲載されています。特に予選第三戦のコロンビア戦が行われるクイアパは黄熱病ワクチンの接種推奨地域のようです。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:45コメント(0) この記事をクリップ! 

インフルエンザ予防接種開始です(2013/2014シーズン)

 10月なのに真夏日だそうです。各地で桜が咲いたというニュースまで流れています。しかし温かい日と寒い日の差のためか、だんだんと咳が続く方や喉の痛みを訴える方も増えてきました。全くそんな気はしませんが、もうすぐ冬がくるんですね。

IMG_2155 そんな中、今週からインフルエンザのワクチン接種が始まっています。
 インフルエンザワクチンは接種してから2週間くらいで効果が出て、5ヶ月間持続すると言われています。
 そのため3月下旬までの効果を期待して、当院では10月中旬以降の接種をお薦めしていますが、希望される方には接種しています。

 ワクチンの有効性は概ね60%程度と言われています。これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれでしょう。僕は毎年打っていますが、それはインフルエンザの患者さんが来る最前線にいますので、たとえ60%の有効性でも防御しておきたいと考えています。ですからまだ少し早いかなと思いながらも僕は10月はじめのうちにワクチンを打ちました。

 ワクチンの流通に関しては、数年前のような品不足は一切ありません。当院に限らずどこの医療機関(主に内科・小児科)でも同じように打てると思います。慌てることなく、適切な時期に便利なところで打って下さい。
 なお当院では例年通り「予約なし」で行っています。通常の診療の合間に優先して接種して、なるべくお待たせしないように努めています。

 また昨年のインフルの記事でも書きましたように2点書かせていただきます。

昨年4月に「学校保健安全法施行規則」が改正されました。
出席停止期間の基準が「発症した後5日を経過し,かつ,解熱した後2日(幼児にあっては,3日)を経過するまで」となっています。ご注意ください。
 
当クリニックではインフルエンザの「治癒証明書」はおすすめしません


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30コメント(7) この記事をクリップ! 

先天性風疹症候群を防ぎたい

 このイラストはアメリカ国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の記事からお借りしたもので、伝染病と免疫(ワクチン接種)の関係を簡単に示したものです。

 =健康(免疫なし)  =健康(免疫あり) =病気
community-immunity-niaid
 
 一番上の囲みは、誰も免疫がないため、病気の人が来ると伝染病が集団発生してしまいました。

 二段目は、免疫を持った人が一定数がいますが十分ではないため、やはりほぼ全員が病気にかかってしまっています。

 三段目では多くの人が免疫を持っています。そのため免疫を持っている人が感染しないだけでなく、免疫を持っていない人も守られています

 このようにあらかじめワクチンで免疫を持った人が多ければ、その集団で病気が発生しにくくなり、免疫がない人も守ることができます。これを集団免疫といいます。先進国でいまだに麻疹や風疹の集団免疫が成功しておらず流行が話題になっている国なんて日本だけです。

 免疫を持っていないヒトの中には、ワクチンを打っていても免疫が不十分な人や、病気などでワクチンを打てない人、あるいはワクチンが打てない生まれたばかりの赤ちゃんも含まれます。更にはまだお腹の中にいる赤ちゃんもそうです。お腹の中で風疹に感染すると、先天性風疹症候群といって、重い後遺症が残ることが知られています。

 この記事の一行目にはこう書いてあります。
 
Vaccines can prevent outbreaks of disease and save lives.
(ワクチンは病気の集団発生を防ぎ、命を守る)

 僕には先天性風疹症候群の子ども達の白内障の治療も、心臓の手術も、難聴を治すこともできませんが、皆さんと共に行動を起こすことで、何かそれ以上のことができるのではないかと思っています。検査で抗体が十分にあることを確認できていない方や、ワクチンを受けていない方は行動を起こしてください。周りでそのような人がいないか声をかけてください。

 これから生まれてくる子ども達の先天性風疹症候群をみんなで防ぎませんか?


doc_toyonaidoc_toyonai  at 14:39コメント(1) この記事をクリップ!