トップページ » 生活習慣病
生活習慣病

脂肪肝が肝硬変や肝臓がんの原因に ~NASH~

 ちらっと先日の「ためしてガッテン」をみてみました。連続でためしてガッテンを書くのも何ですが(^^;、一応専門の肝臓の話しだったので、ちょっとだけ触れたいと思います。

 今回のテーマは脂肪肝、特にNASHについてでした。NASHは「ナッシュ」と読み、非アルコール性脂肪性肝炎といわれます。NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)という呼び方をされることもあります。(ナッフルドと読みます)

 長い間、脂肪肝は肝臓に脂肪がたまるだけと考えられあまり注意を払われてきませんでした。これはB型肝炎・C型肝炎・アルコール性肝障害が進行すると肝硬変や肝臓がんにすすむため、皆用心されていたのとは対照的です。しかし、実は脂肪肝の中には、肝臓に炎症を起こし肝硬変や肝臓がんになる方がいることが分かってきました。この炎症を起こしている脂肪肝がNASHです。

 その原因が肥満や糖尿病・高コレステロール血症といった生活習慣病であることから、にわかに注目されているのです。

 10年以上前の話しですが、僕もとても印象に残っている患者さんがいました。
 お酒を飲まない60代の女性で、肝臓がんの治療をしていましたが、肝生検などの検査を行っても肝硬変の原因が不明でした。
 この方は今回番組で岡上先生(元京都府立医大教授)が解説されていた burn out NASHだったのだと思われます。おそらく若い頃は脂肪肝があって、炎症による肝細胞の破壊と再生を繰り返す中で、脂肪肝としての所見が徐々に失われ、肝硬変だけが残ったのでしょう。

 しかし脂肪肝があれば、全ての方がNASHになったり、肝硬変や肝臓がんに進んだりするわけではありません。こうした疑問点は今後NASH/NAFLDの研究が進み解明されていくでしょう。ひとまず現在脂肪肝の方は、NASHや肝硬変・肝がんに進行する可能性を考え、病気を進行させないように肝臓をいたわることが大事だと思います。
 

 なお番組の後半で触れられていた「ウコン」の話しですが、こういった「食品」で肝臓が治ることはまずありません。また、一部のウコンもそうですが、鉄がたくさん含まれている健康食品は肝炎(特にC型肝炎)には害があります。
 高いお金を払ってまで飲む必要があるかどうかは、主治医と相談してご検討下さい。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 01:31コメント(0) この記事をクリップ! 

高血圧の治療を開始するタイミング

 今日は血圧のことを書きたいと思います。高血圧を知らない方はいないでしょうね。
 また、ほとんどの人が一度くらい血圧測定したことがあると思います。

 しかし実際に血圧が高くても、放置されている方が多くいます。
 そもそも症状がないので、なかなか自分から治療したいと思うことはありません。また「まずは塩分制限」なんて言われちゃうと、いつまでも食事でなんとかしようと思ってしまう方もみられます。

 しかし忘れてはいけないのは、その間も動脈硬化が進むと言うことです。
IMG_0563_1
 動脈硬化がすすむと、心筋梗塞脳卒中が引き起こされます。
 こうした命に関わる病気も、医療の進歩によって救命率は上がりましたが、それでも運動機能低下や麻痺などを完全に克服できるとは限りません。寝たきりとなり介護が必要となることもあります。

 すなわち、高血圧を放置することは、自分自身への影響だけでなく、ご家族を否応なしに介護に巻き込んでいくという側面があります。

 それではどのタイミングで治療を始めたらよいのでしょうか。

 日本高血圧学会が出している「高血圧治療ガイドライン」があります。
 血圧の分類がたくさんありすぎて分かりにくいですね。もちろんこれは医師が判断するためのものですから、分からなくても心配いりません。

 これを簡単に説明すると、どんな方でも3ヶ月間の指導のもとで血圧が140/90以下に下がらない場合は治療を開始すると言うことです。
 他に病気がある方はもっと早めに治療開始することになりますので主治医にご相談下さい。

 健診やドックで高血圧を言われていながら、内科を受診していなかったり、生活習慣改善を怠っている方いませんか?その間にも動脈硬化は少しずつ着実に進行します。
 家族の為という視点で高血圧を見直してみてみたらいかがでしょうか。


doc_toyonaidoc_toyonai  at 16:36コメント(1) この記事をクリップ! 

ためしてガッテン「心臓が突然、止まる!200万人に潜む異常音」

 今日は日曜日。快晴の中、実家で町内会の清掃に駆り出されました。久々に母校である南浦和中学校のまわりも清掃してきました。近所のおじさん達と会うのも久しぶり。

 一汗かいて、
実家から豊洲へ戻りました。その途中のクルマで音声を聞いていた「ためしてガッテン」の再放送で気になるテーマが。

 

  「心臓が突然、止まる!200万人に潜む異常音」

  ただごとではありません。どうやら心拡大や心肥大の話し。

肥大型心筋症や拡張型心筋症でしょうか。 

拡張型だとバチスタ手術や心臓移植が有名ですが、さすがに200万人に潜む病気ではありません。

続きを読む

doc_toyonaidoc_toyonai  at 12:38コメント(0) この記事をクリップ!