トップページ » 食道癌
食道癌

進行食道がんの放射線療法

 今回は食道がんに対して放射線治療を行ったあとの写真です。その前に少しだけノーベル賞の話しを。

 今年のノーベル生理学医学賞は本庶佑先生が受賞されました。
 本庶先生は、がん細胞が免疫から逃れるのに重要な物質を発見し、この応用により画期的ながん免疫療法が可能となりました。高価なことで話題になったオプジーボやキイトルーダがそれです。

 これまでがん治療は、手術、放射線、抗がん剤(化学療法)の3つが主だったものでした。
 免疫療法と言う名の治療分野はこれまでにもありましたが、効果が乏しく信用に足る治療はないに等しい状況でした。今後は大きく発展するでしょう。しかし本庶先生のノーベル賞受賞により免疫療法の情報が錯綜する可能性があります。ニセ免疫療法に皆様ご注意を
 自費診療しているところでの免疫療法はおすすめしません。主治医と相談を。

名称未設定 4
 さて今回の写真ですが80代後半の方です。飲み込みが悪いとのことでした。
 見るからに進行した食道がんです。全身状態は悪くはないもののご高齢であり手術はよくないかもなと思っていました。
 ご本人の希望により紹介した自宅近くの病院は手術や放射線療法をやってないとのことで別の病院へ紹介されたようです(僕としては迂闊でした)。そのためもあり治療した施設から報告書が来ず、今回書いていることも本人のお話での治療経過です。

 それから1年、久々に来院されました。
 癌の治療は、手術は負担が大きいので放射線治療をすすめられたそうです。週5回で合計30回。抗がん剤は併用しませんでした。通常その後もフォローするものですが、ご高齢だからかその後の通院指示がないようでCTや内視鏡もされていません。

 今回は胸のつかえ感があって胃カメラをやりたいとのことでした。治療した病院をすすめましたが、大きい病院は大変なようで当院でやりました。

名称未設定 2 それがこの写真です。(放射線1年後)

 わずかに狭くなっていますが粘膜は瘢痕化して綺麗でした。つかえはこの狭くなったところが原因のようです。

 化学療法を併用しておらず今後再発があるかもしれません。しかし90歳近い方が進行食道癌をうまくあしらって、つかえがあるとはいえ身体に大きな負担を残さずこうして日常生活を送っていることに感動を覚えます。

 ノーベル賞でにわかに免疫療法が注目されていますが、現場は粛々と患者さんに適切な治療を行っています。ブログを書いている僕が書くのも変ですが、がんの患者の皆さんにはネットの情報に右往左往せず医療機関で主治医と相談して下さい。
 魔法のような治療はありません。皆さんがよりよい治療を受けられるよう願っています。(現在食道癌はオプジーボ/キイトルーダの治療適応となっておりません)


doc_toyonaidoc_toyonai  at 09:30コメント(0) この記事をクリップ!