2008年11月05日

俳優・野久保直樹(パンダが町にやってくる#03)

パンダが町にやってくる
第3話:遺されたケーキの巻(2008年11月05放送)

<ストーリー>
仁史(野久保直樹)の姉、左右田幸子(藤森夕子)は
交通事故で帰らぬ人となった。
お葬式に、翔子(村上知子)が仕事で参列できなかったことに、
仁史の親代わりである十条初子(吉沢京子)は、納得がいかない。
翔子の母、若菜ゆり(浅茅陽子)と言い合いになってしまう。

仁史は幸子の夫に連絡をつけようとするが、連絡がとれず、
幸子の長女の沙紀(村崎真彩)も、「知らない」という。
実は連絡先を知っている沙紀に、長男の元紀(酒村圭太)は、
自分が連絡をとると言うが、沙紀は頑なに拒否。
「パパはね、私たちやママを捨てた人よ。
 どうしてむかえにくるって思うのよ。
 捨てられたのよ、わたしたち!」

仕事から帰宅した翔子から、姉の離婚を聞いた仁史は、
現実的な問題を考えようとする翔子に反発。
「ひとりにしてくれよ」と言ってしまう。
仁史の母は、幼い仁史を置いて家を出て行った。
その母の代りに、自分を育て守ってくれた幸子を失った
仁史のショックは大きい。
幸子が残していた手作りケーキを見つけ、
こみ上げてくるものを押さえる・・・。

一方、DJ「如月奈々」としての深夜のラジオ番組の
仕事を終えた翔子は、まっすぐ家に帰らず、
ゆりのジャズバーに寄る。
「私ね、ただ仁史と一緒にいたいだけなんだよ」
ゆりに語る翔子の携帯に東城浩二という人からの着信が・・。
                        (敬称略でm(_ _)m)

今回はドラマが仁史中心でしたね。
仁史にとって、姉である幸子がどれだけ大切な人か、
幸子がどれだけ仁史を大事に育ててくれたか
回想シーンを挟んでそれがよくわかる構成でした。

大切な姉の子供たちだから、仁史が次回
子供をひきとりたいと言い出すのは
目に見えるわけですが・・・(^^;
新婚早々(まだ正式に籍は入れてないみたいですが)
翔子はたいへんです。

今日の萌えポイントもいろいろありましたが
予告の
「俺も大好きだよ」

で、ぶっとびました。
その声、反則すぎです(笑)

<キャスト>
若菜翔子(村上知子:森三中)
鷲尾仁史(野久保直樹)
竜小太郎(竜小太郎)
小牧雄太(明樂哲典)
左右田沙紀(村崎真彩)
左右田元紀(酒村圭太)
左右田有紀(北村実優)
左右田幸子(藤森夕子):友情出演
十条直哉(櫻木健一)
十条初子(吉沢京子)
若菜ゆり(浅茅陽子)

【特別ゲスト】
第1週ゲスト:渡辺美里(渡辺美里):友情出演

【その他出演者】
(たくませいこ)
(是近敦之)
(高松いく)
(Erina)
(笹野佳奈子)
(斉藤寛子)
(堺翔太)

劇団東俳
キャストプラン

<スタッフ>
脚本:井上登紀子
演出:鈴木晴之
プロデューサー:亀井弘明,中村雅人
制作協力:MBS企画
製作著作:毎日放送
主題歌:ZUKAN「シャイン(DVD付)」(R and C)


★羞恥心と3人のスケジュールはこちらで。
※抜けや変更もあるかと思いますので、公式サイトや新聞でご確認ください。

「羞恥心」
(羞)つるの剛士(つるのたけし) 1975年5月26日生(33歳)
   「つるたけ日記」 キース千葉のつるチャンネル☆(仮))
(恥)野久保直樹(のくぼなおき)1981年5月14日生(27歳)
   「ハッピース♪
(心)上地雄輔(かみじゆうすけ)1979年4月18日(29歳)
   「神児遊助

----------------------------------------------------------
弱虫サンタ<CD+DVD>/羞恥心
B001J0DTC6
弱虫サンタ<限定生産スペシャルプライス盤>/羞恥心
B001JIM334

お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件(限定版)
お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件(通常版)

トワイライト・シンドローム デッドクルーズ デラックス版
B001ISBKKC

クジラの親子と出逢った!~タヒチ・ルルツ 碧の楽園の物語~
B001GGWE0Q
逃走中3~run for money~

WE LOVE ヘキサゴン リミテッドエディション(完全限定生産盤)
WE LOVE ヘキサゴン スタンダードエディション
WE LOVE ヘキサゴン CD ONLY
陽は、また昇る(DVD付)/アラジン
泣かないで(DVD付)/羞恥心
羞恥心(DVD付)/羞恥心
----------------------------------------------------------

docomade7 at 18:40│Comments(3)TrackBack(0) 野久保直樹 | パンダが町へやってくる

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アリエス   2008年11月06日 00:43
今日はお姉ちゃんとの思い出のシーンに泣かされました。
すごく胸がきゅーんとなって泣いて・・・

予告の「俺も大好きだよ

ノッキー、ほんと心臓持ちませんって!
あの声で言われたら。。。

今日は全国のノッキーファンが、あの瞬間にノックアウトされたと思われます
2. Posted by りえ   2008年11月06日 13:35
野久保くんの、悲しみの演技は得意分野かも知れませんね。

姉の離婚を知った衝撃と混乱、自分への苛立ち、子供達への想い、改めて湧き上がる涙と、一連の演技には、野久保くんの底力が出ていた気がします。

これから特に長女との関係が気になりますね。

あまりにも不運な子供達ですから、幸せになって欲しいです。
3. Posted by アクア   2008年11月06日 20:09
>アリエスさん
こんばんは。
あの声には今日もきゅん!とさせられました♪
今日も萌ポイント、いろいろありましたね。
ドラマも先が気になる展開で、明日が待ち遠しいです。

>りえさん
こんばんは。
野久保くんは「仁史」という役で、様々な感情の
経験を積めそうですね。

長女との関係はひとつのポイントになりそうで
先の展開が気になります。
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔