2008年12月08日

俳優・上地雄輔「セレブと貧乏太郎 #08」

セレブと貧乏太郎
#08:さよなら父ちゃん(2008年12月02日放送)

<ストーリー>
ラブ・アリスの社員旅行日。美田園アリス(上戸彩)の休日。
美田園真紀子(若村麻由美)が現れ、美田園グループの自分への
権限委譲がすべて終わったといい、アリスにも、自分には逆らえない。
佐藤太郎(上地雄輔)もクビにする、と、告げる。

アリスは真紀子から離れるために、社員旅行へ参加。
ところが社員旅行のゲームのくじ引きでアリスは召使い扱いに
なってしまう。召使として皆にこき使われるアリス。

太郎の家の借金の取立てが厳しくなり、それはすべて真紀子が
手配したことだった。
アリスに二度と会わないよう、大金を積んで太郎に迫る真紀子。
しかし、太郎はそういうやり方は嫌いだと拒絶する。
だが、太郎の家が火事になり、太郎と子供たちは公園で暮らすことに。
運転手をクビになってお金もなく、子供たちに食べさせる
ことができない太郎。
二郎(小林海人)が栄養失調で倒れ、子供たちを児童相談所に
連れて行かれそうになり、太郎は真紀子に土下座して、助けを乞う。
真紀子は子供たちは助けるが、太郎はアフリカ、ジンバブエへ
仕事に行くように契約させる。

後藤田(柏原崇)に太郎がたいへんだと聞いたアリスは、太郎の家に。
太郎がジンバブエに旅立とうとしていることを知ったアリスは
子供たちを連れてバス亭へ。
太郎は「こうするしかなかった」と、
バスに乗るが、追ってくる子供たちに、バスを降りて戻ってくる。

アリスは真紀子に、太郎や子供たちのことを
「あなたの思い通りにさせない」という。
真紀子は、後藤田のことで、アリスが知らない事実があると
アリスに語る・・・
                                 (敬称略でm(_ _)m) 
 
「佐藤太郎」のいろんな表情が見えました。
「上地雄輔」という役者は、表情を作るのが上手い役者だと
思っていますが、それを再確認しました。
いい表情をみせていただきました。
ごちそうさまでした♪

・・・で、えっと、ストーリーの方は・・・

m(_ _)m 私にとって、4話に続く、ダメ回でした。

せっかくの胸にくるドラマになるはずだったんですけれど、
話がつながってないのと、
太郎が何もできてないのと、
(真紀子は結局火事も起こしてないし、太郎が思い込みで
 追いつめられていったことに)
ディティールが作りこめてないのとで・・。

物語の「芯」がしっかりしていないので、
お遊びも楽しめなかったです(^^;
アリスが召使としてこき使われるというお遊びは、
普段、アリスが社員に対して気持ちがわかってないとか、
高圧的に振舞っているとか、していれば逆転劇が
面白いと思うのですけれど、アリスは社員にひどいことは
していないし(むしろ社員の方が裏切っているし)
せっかく幸子がお酒でアリスにからむなら、太郎のことで
幸子の本音を聞けるシーンになるかと思ったのに、
それもただ絡んだだけで、太郎との話はなし(涙)

ここで唐突に後藤田と幸子を近づけたのにも???

太郎がジンバブエで働くこと、わざわざ契約書に
サインさせたのなら、そのままじゃ太郎は帰ってこれないので
真紀子との対決のときにアリスに破かせるか、
最初から契約書うんぬんのエピソードはいれないか
どちらかにして欲しかった・・・。

一番の問題は「佐藤太郎」という人物が
「魅力的に描かれていない」ということ。

アリスが惹かれるべき要素
「大事なものは、お金ではない」
それを体現していないのが・・・。
空回りしていて、実質的には、自分では何も解決できていない。

太郎がお金では解決できないことを、解決する
お金では手に入れられないものでの幸せをアリスに示す、
そういうエピソードを少し入れるだけで印象が変わると
思うのですけれど・・・いろいろ残念です(^^;


<キャスト>
美田園アリス(上戸彩)
佐藤太郎(上地雄輔)

安田幸子(国仲涼子)
後藤田司(柏原崇)
大野緑(三浦理恵子)
江原まなみ(中山恵)
市井静(上野なつひ)
坂本丈二(田村裕:麒麟)
坂本和樹(黒木辰哉)
柳沢茂(田山涼成)
河田陽子(キムラ緑子)
戸川誠一(酒井敏也)
津田智彦(是近敦之)
佐藤優希(いとうあいこ)
佐藤一郎(清水優哉)
佐藤花子(北村燦來)
佐藤二郎(小林海人)
美田園真紀子(若村麻由美)
安田啓一(山下真司)
郡司康夫(風間杜夫)

ナレーション(森山周一郎)

(伊藤正之)
(野口雅弘,藤井亜紀,白木ケイ,古奏ひつとし,伊藤圭,国保裕子
 長友光弘・小林優介(響),中尾豪佑,水野美優
 大須賀王子,澤口渉,勢堂公大,山崎崇史,染谷夏子,池田和歌子
 青木一,松崎由香,黒木真耶,金時むすこ,臼井英,赤坂美穂
 本田よしみ,須田邦裕,坂本三成,)

古賀プロダクション,劇団東俳
Storm Rider,マリブマネージメント

<スタッフ>
脚本:田中一彦
演出:松田秀和
音楽:山下康介
企画:後藤博幸,成河広明
プロデューサー:土屋健
制作:フジテレビ・共同テレビ
主題歌:いきものがかり『気まぐれロマンティック
挿入歌:Safarii『Hero


★羞恥心と3人のスケジュールはこちらで。
※抜けや変更もあるかと思いますので、公式サイトや新聞でご確認ください。

「羞恥心」
(羞)つるの剛士(つるのたけし) 1975年5月26日生(33歳)
   「つるたけ日記」 キース千葉のつるチャンネル☆(仮))
(恥)野久保直樹(のくぼなおき)1981年5月14日生(27歳)
   「ハッピース♪
(心)上地雄輔(かみじゆうすけ)1979年4月18日(29歳)
   「神児遊助

----------------------------------------------------------
弱虫サンタ<CD+DVD>/羞恥心
B001J0DTC6
弱虫サンタ<限定生産スペシャルプライス盤>/羞恥心
B001JIM334

お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件(限定版)
B001H1FXGW

お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件(通常版)
カドカワムック ザテレビジョンHOMME Vol.4
4048950304

ごくせんスペシャル 「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」
B0000A5B3S

貧乏男子
ハケンの品格 DVD-BOX
ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版
ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOX

WE LOVE ヘキサゴン リミテッドエディション(完全限定生産盤)
WE LOVE ヘキサゴン スタンダードエディション
WE LOVE ヘキサゴン(CD ONLY)
陽は、また昇る(DVD付)/アラジン
泣かないで(DVD付)/羞恥心
羞恥心(DVD付)/羞恥心
----------------------------------------------------------

docomade7 at 04:11│Comments(5)TrackBack(4)上地雄輔 | セレブと貧乏太郎

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. セレブと貧乏太郎 第8話 家がなくなる日  [ レベル999のマニアな講義 ]   2008年12月08日 07:40
『さよなら父ちゃん』内容ラブ・アリスの社員旅行の日。家でゆっくりしたかったアリス(上戸彩)であったが、そこに、継母・真紀子(若村麻由美)が現れる。美田園ホールディングスの経営権を手に入れたと宣言全ては、自分の思うがままだと言う。一緒にいたくないアリスは...
2. セレブと貧乏太郎 第8話「さよなら父ちゃん」  [ Happy☆Lucky ]   2008年12月08日 11:37
第8話「さよなら父ちゃん」
3. セレブと貧乏太郎 第八話「さよなら父ちゃん」  [ 掃き溜め日記-てれびな日々- ]   2008年12月08日 19:09
アリス(上戸彩)は真紀子(若村麻由美)から、会社の経営権を全部手中に収めたと聞かされ、行く気のなかったラブアリスの社員旅行に急遽行く事にする。一方、家の物を全部差し押さえられた太郎(上地雄輔)の家では、真紀
4. 「セレブと貧乏太郎」(第8話:「さよなら父ちゃん」)  [ 鉄火丼のつれづれ日記 ]   2008年12月11日 23:25
12月2日に放送された「セレブと貧乏太郎」(第8話)の主な内容は、アリス(上戸 彩)がラブ・アリスの社員と一緒に社員旅行に出かけたり、太郎(上地雄輔)の家が火事になってしまって、太郎一家がホームレス生活を送るようになってしまう、というものであった。社員旅行に...

この記事へのコメント

1. Posted by りえ   2008年12月08日 08:06
正直、このドラマって、人情に恵まれ過ぎて世間を知らない若い父親と、継母にいじめられ続け、部下にも恵まれず、苦労する女社長としか見えません。設定とまるで逆。

そもそもアリスの実の父親が、長年の娘の苦しみに気が付かないのも不自然ですよね。
よほど子供に関心がないのか?

そもそも上戸彩は、下町っ子顔だし、上地くんは真顔が端正で、いかにもセレブ顔だから、役柄が逆なら、同じ脚本でも上手く行ったかも。
2. Posted by るり   2008年12月08日 19:29
上地君の演技が良いのに内容が、伴わないね〜
やはり原作物のドラマ化の方が良いと思う
次回を期待してます
シリアスな演技は、本当に素晴らしい♪
3. Posted by アリエス   2008年12月08日 22:41
太郎とうちゃんはほんとに素敵。
こんなふうに愛された子供たちは幸せだ〜。

もっと、貧乏な親子が元気に生きていく様子を描いたストーリーの方が純粋に感動できるのかな。
4. Posted by norinori   2008年12月09日 15:01
5 アクアさんへ

結局このドラマ、私にとって残念な思い出になっちゃいそうです。

アクアさんの建設的かつ生産的な物の見方に影響されようと、毎回努力して前向きに視聴しているのですが、残尿感(失礼)を抱えたまま、もう終盤になってしまいました。

当初気になっていた「ありえない展開」や「強過ぎるコメディー色」は克服することができたのですが、肝心の二人が歩み寄る心理描写がなされな過ぎと言うか、説得力に欠けているのが寂しいです。これって、アクアさんが何度もおっしゃっていますよね。

アリスが太郎のどういうところを気に入ってここまで入れ込むようになったのか、いつのどのエピソードがアリスをその気にさせたのか、太郎も何をきっかけにアリスを好きになったのか、ちゃんと描いてほしかったです。
さらに真紀子がなぜあれ程までに太郎を潰しにかからなくてはならないのか、真紀子一人を悪者にして物語を進めている感もちょっと・・・。

佐藤家の貧乏描写について言えば、家の造りや食事の粗末さだけを強調するのではなく、そういう立場からでしか見えてこない価値観や信念、大切な教えなどを毎回挿入することによって太郎にアリスの心を開かせる、という手段も採ってほしかった。

もっと単純でよかったんです。一方の考えをもう一方が理解できず、価値観を主張し合って譲らない。金に物を言わせた利害関係もからまり大きな誤解へと発展。それぞれ恋の相手もできつつあり・・・という筋書きで6話くらいまで進めて、後半は、大事件が起こり解決する途上で双方の生き方に共鳴し心打たれる、っていう単純だけどわかりやすい展開にしてほしかった。

上地君の魅力を再確認するだけの番組になってます。あーあ。
5. Posted by アクア   2008年12月09日 20:25
UPが遅かったので、次の放送日がきてしまいましたm(_ _)m
今日は楽しいラブコメな展開になると、嬉しいな。

>りえさん
こんばんは。
上戸彩ちゃんは下町顔なのですか?
セレブ顔は芸能人でいうと誰なんでしょう(マリエちゃんとか?)
普段見るチャンスがなくて、よくわかりません(笑)

アリスは苦労しらずのお嬢さま設定のはずが、
全然そんなことなかったですね。
アリスにも幸せになって欲しいです。

>るりさん
こんばんは。
芸達者な役者さんたちが出演しているので
もったいないなと、と思うところがあるのが残念です。
上地くんはシリアスな役でも見たいですね♪

>アリエスさん
こんばんは。
貧乏な親子の奮闘記も面白そうですね♪
私はまだラブコメに未練がありますが(苦笑)

太郎パパ。子供たちに愛されてて
収録終わって、子供たちと別れるとき、上地くんが
この日以上に泣きそうな気がしています(;^_^A

>norinoriさん
こんばんは。
コメディなのもオーバーリアクションも、ありえない展開も
まだかまわないのです。
ただ、ストーリーの繋がりと太郎とアリスの心の交流だけは
描いて欲しいと・・・今も願ってます。
norinoriさんもおっしゃっている
「単純だけどわかりやすい展開」
それでよかったのですけれど。
変わったことをして欲しいのではなく、ベタなラブコメが見たかった。
いえ、まだ、期待してるのですけれども(^^;
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔