この前、三味線コンサートを聞いたきました。

昔の曲では無くて、今風の曲を三味線で弾くコンサートです。

その中で聞いた話ですが、

三味線は普通、猫の皮が使われているそうですが、

津軽三味線の場合は、犬の皮が材料となっており、なんでも秋田犬の雌が

最高級品なのだそうです。

ところが、今では犬が少ない事からアジアからの輸入品が

多くなったとのことですが、こんなところにも時代の流れを感じますね。

三味線の音色で聴く浜崎あゆみの曲は普段とは違い、

犬の皮がこの音を出しているのかと思うと、

実に感慨深いものがありました。