Fotolia_99046599_Subscription_Monthly_M-e1455870382459


    これまでにいろいろとダイエットや筋トレに関する記事を書いてきましたが、ご覧になっていただき、「家庭で小さい子供の面倒をみなきゃいけないから、ダイエットを行う運動や筋トレを行うのは無理!!」と思われた方もいたかと思います。


    また、自宅内でできるような運動を紹介してきましたが、時間のある時を筋トレなどに費やしていたら他の家族から「子供の面倒もみないで、自分のことばっかりして!!」と言われ、肩身を狭くしてしまうこともあるのではないでしょうか?


    そんな方に子供と一緒に筋トレをしたり、子供と面倒を見ながら行えるカロリー消費を行う運動についてご紹介したいと思います。


    子供の年齢としては、幼稚園児〜小学校低学年程度と想定しています。


    紹介する前に一つ注意事項ですが、もしこれから紹介するやり方を実践してみるにしても、事故を起こしたりや子供に怪我など負わせないよう注意し、あくまで自己責任で行ってください。


    興味のある方は記事の続きをご覧ください。
    続きを読む

    筋トレ

    これまでの中年男性が中年太りを克服するための管理人的なダイエットと筋トレの記事のまとめになります。


    これまでのダイエットに関する記事は、下記のリンクを参照ください。

    食事療法編  


    運動療法その1


    運動療法2−1 腹筋編


    運動療法2−2 胸筋編


    腹筋を割るための効率的な運動について(番外編)


    運動療法2−3 上腕・背筋・握力編


    それでは続きからダイエットのまとめに入ります。
    続きを読む

    E5AF9DE9A194-418c4



    運動療法編を何回かに分けましたが、今回が最後になると思います。

    これまでの記事に関しては、下記のリンクをご参照ください。


    食事療法編  


    運動療法その1


    運動療法2−1 腹筋編


    運動療法2−2 胸筋編


    腹筋を割るための効率的な運動について(番外編)


    今回は、上腕・背筋・握力の筋トレについて、管理人なりに行っているトレーニングを解説させていただきたいと思います。


    (続きます・・・)
    続きを読む

    1fd9dbdd



    2chのまとめ記事ではなく、管理人自身のことです(´;ω;`)


    管理人は喫煙歴10年ほどで、最近では1日1箱くらいの量を吸っています。
    なので、おそらく立派なニコチン依存症者だと思います。


    実は、何年か前に禁煙に挑戦しましたが、3ヶ月くらいで挫折してしまいました・・・


    というのも、初期の頃の離脱症状(管理人は、幻覚等はありませんでしたが、とにかくイライラしたのと焦燥感?のような症状がでました)はなんとか耐えたのですが、その後、激しくはないですが時々吸いたくなる衝動感が起こり、なんとか我慢していたのですが、仕事などでストレスや疲れがたまっているときにその衝動が起こり、耐えきれず、禁煙に失敗してしまったという経緯があります。


    それからしばらく経ちますが、ここにきてなんとかまた禁煙してみようと考えました。


    (続きます・・・)
    続きを読む

    normal

    運動療法の番外編の記事になります。


    テーマは腹筋のトレーニングについてです。


    以前紹介した腹筋のトレーニングに関しては、下記のリンクをご参照ください。


    運動療法2−1 腹筋編


    基本的には、↑のやり方で腹筋を鍛えていくことが、回数もこなせて腹筋がそんなについていない状態でもそれほど苦にならず、行えるかと思います。


    管理人はそのやり方を半年ほどほぼ毎日続け、中年太りのだらしないお腹から、うっすら割れた腹筋ができてきましたが、そろそろ次のステップに移行できないものかと考えていました。


    最近、腹筋のトレーニングのやり方を以前記事で紹介したやり方と変えたので、現在、行っている腹筋のトレーニングを番外編としてご紹介したいと思います。
    続きを読む

    normal

    今回は、前回の筋トレ記事の続きで、胸筋のトレーニングについて管理人が実践していることについて解説していきたいと思います。

    これまでの中年男性が細マッチョになるであろうダイエット法については下記のリンクをご参照ください。


    食事療法編  


    運動療法その1


    運動療法2−1 腹筋編




    前回の腹筋の記事では、ワンダーコアというトレーニング器具を使うことにより、無理なく、腹筋運動をし、徐々に腹筋をつけていくということで、今回の「胸筋」を鍛えていくことには、管理人自身かなり試行錯誤をして今に至ります。



    さすがに↑の写真のようにマッチョな胸筋はまだありませんが、いかにも脂肪でできた男性の胸から一応それなりに貧相ではありますが、胸筋がつきつつあるというところまできています。



    おそらくこれから紹介する方法以外にもっと効率の良い方法はありそうですが、参考程度に続きから管理人が実践している胸筋のトレーニングをご紹介いたします。
    続きを読む

    31937654_m



    ダイエットに関する最後の記事になると思います。
    これまでの解説に関しては、下記のリンクを参照ください。

    食事療法編  

    運動療法その1

    今回はダイエットで体重は落とせたけど、その後、よりスタイルをよく見せるために体を鍛えるため、管理人が実践している「筋トレ」に関する解説を行っていきます。


    本題に入る前に運動療法1で紹介したカロリーを消費する運動において、補足です。

    より効率化するため、暖房をつけて、サウナスーツを着て運動しているとお伝えしましたが、もう一つあって、お小遣いに余裕のあるときは、


    [トクホ]ヘルシアウォーター グレープフルーツ 500ml×24本


    ↑のようなドリンクを運動前に飲んでから運動するようにしています。
    お茶のタイプや炭酸になっているものといろいろ種類はありますが、いわゆる飲むことで脂肪消費をしやすくなるとの効果をうたっている飲み物になります。


    正直、飲んだ時と飲まない時の違いがいまいちわかりにくいですが、実際に飲んでみてから運動すると、気持ち飲まない時よりも発汗量が多くなるような気がしますが、劇的に多くなるともいいがたいです。


    飲まないよりも飲んでから運動したほうがいいのかもしれませんが、そこまで大きく変わるわけでもなく、1本200円近くするので、あまりコスパがいいとは思えません。


    あくまで微々たる補助的なことだと思ってください。



    ちなみにもし飲むのであれば、お茶タイプ、炭酸タイプ、スポーツドリンクタイプに味がわかれますが、↑のヘルシアウオーターのグレープフルーツ味が一番飲みやすあったです。


    それでは本題からずれましたが、続きから筋トレに関する記事を書いていきます・・・
    続きを読む

    38895_original

    なかなかリアル生活が忙しくて記事更新ができず、前回の記事から時間が結構経ってしまいました・・・

    今回は前回記事にしたダイエットのなんちゃって食事療法に続き、管理人が実施しているなんちゃって運動療法について解説します。

    特に医学的に根拠のあるものではないので、参考程度に読んでいただければと思います。
    もしやってみるのであれば、自己責任でお願いします。


    食事療法についてはこちらの記事を参照してください。




    運動療法といえるのかどうかわかりませんが、とりあえず、身体を動かすことをやっておりますが、あくまで食事療法がダイエットの主体で、運動療法がその補助と身体を綺麗にみせるためにやっています。


    わりとありがちかもしれませんが、正直、食事療法をせず、運動だけで痩せようとするのは、よっぽどアスリート並みの運動量をこなさなければ、不可能だと思います。


    というのも、後々書いていきますが、食事療法の記事で少し触れましたが、ご飯を茶碗一杯食べた時の摂取カロリーがだいたい350〜400カロリー程度であり、これを運動で消費するとなると、自転車をだいたい20km代後半の平均スピードで1時間くらい持続しないと消費できません。


    >>自転車をだいたい20km代後半の平均スピードで1時間くらい持続しないと

    これ簡単に聞こえますが、実際やってみるとかなりきついです。
    しかも1〜2日程度やっても意味なく、ほぼ毎日のように続けなければよい結果は得られないと思います。


    なので、とりあえず、痩せることを目標にするのであれば食事療法を主体と考えましょう。
    ただ、食事療法に加えて、運動することにより、基礎代謝が上がったり、基礎代謝以外のカロリー消費ができて効率的になったりするので、無理のないように継続的に取り組むのと、あと、実際に食事療法で痩せたとしてもスタイルが綺麗にみえなくなってくるかもしれないので、そういう面でも運動療法を行った方が良いと思います。

    極端なことを言うと痩せても↓みたいなスタイルにはなりたくないですよね。

    mus7


    (続きから具体的な運動療法について書いていきます)
    続きを読む

    このページのトップヘ