hansen11
1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2016/01/25(月) 05:58:58.34 ID:CAP_USER*.net BE:348439423-PLT(13557)
sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
国のハンセン病隔離政策によって、元患者の子どもら家族が
被害を受けたとして、国に謝罪や損害賠償を求める集団訴訟の
原告団と弁護団が24日、熊本市で記者会見した。熊本地裁への
提訴は第1陣が2月に59人、第2陣は3月を予定。
最終的に原告は70人を超える見込みという。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/articles/ASJ1S5KB6J1STLVB019.html




5: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:02:46.16 ID:naGfmWy70.net
確かに、国の政策もアレだったが
患者が訴えるならともかく
家族だって、患者の存在を他人に隠したり
差別したりしてたんじゃねえの?

21: 2016/01/25(月) 06:46:48.16 ID:nuC9Q8Ep0.net
>>5
だよね。『らい病患者が出て恥ずかしい』みたいな感じで、どっかの島の隔離施設に
無理やり入所させてたんだよな。

これは流石に、金が欲しいだけだろ。

63: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 14:11:44.30 ID:SucidEFe0.net
>>5
うん
一緒に住むのを嫌がったりな

8: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:07:26.40 ID:XNU+4dPI0.net
いっちゃなんだが、この人たちはどちらかといえば、
迫害した側じゃねえのか、と思わないでもないんだがw

10: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:10:33.50 ID:LLezcd4M0.net
らい病は隔離しなきゃ移るだろう

43: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 08:23:01.64 ID:FSd1lAPg0.net
>>10
空気感染や飛沫感染ではないので、隔離しなくてもうつりません。
母と乳児くらいの濃厚な接触が必要なのです。
しかも増殖が遅いので潜伏期間が異常に長いので、感染源の特定は不可能に近い。

65: !id:vvvvv(東京都) 2016/01/25(月) 14:33:44.08 ID:l75uCU9k0.net
>>43
ウソつくな
空気感染だぞ

11: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:11:20.49 ID:6E7Ik/CxO.net
うーんエイズとかの現状見てると、隔離して根絶しようとするのは間違ってないんじゃね?
感染力が弱いから、なんて病人側の理屈でしかないと思うんだが

22: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:49:55.29 ID:3VOrqdzW0.net
>>11
日本の場合は薬ができてからも隔離を続けてたから
エボラ蔓延してたのに死体触りまくってた土人国家と同じだった

12: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:18:52.42 ID:wJ8GSPdu0.net
結婚して子供までいたんだな

13: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:23:25.82 ID:zAtLEpOK0.net
当時の医学的観点から隔離は仕方ないでしょ

47: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 08:44:46.79 ID:dJxAqbbQ0.net
>>13
同意

17: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:41:02.89 ID:gjZJKVs50.net
チョンが便乗

18: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:43:05.59 ID:tAO0PIub0.net
>>17
弁護団らとかどうせチョンだろうと思ってる。
患者本人でもないのに訴訟とか意味わかんないよ。

19: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:43:10.76 ID:9P7C0VJW0.net
まあこれ認めたら判事は出世ないわな

20: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:43:33.66 ID:olGljzrNO.net
隔離は当然だと思うが。
隣に住んでたら困るだろ。子供とかどうするよ!

23: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:51:20.40 ID:I3hF9lUk0.net
特効薬発明されてから隔離政策とったのは日本と旧植民地国だけ
無癩県運動の中心だった光田健輔は西洋医学を憎悪してたらしいw
こんなバカが権力持ってたからハンセン病患者は悲惨な目にあった

31: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:35:35.09 ID:HxBVz6RdO.net
>>23
アメリカもハワイではやってたぞ。

36: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:45:50.73 ID:I3hF9lUk0.net
>>31
>>特効薬発明されてから

52: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 09:10:09.81 ID:pJOfzjyy0.net
>>36
世間の偏見から患者を守るためだったのに
海外みたいに治ったからって病院から追い出せってことだな

25: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 06:55:58.79 ID:GceUE5Sh0.net
最近は 氏 をつけないんだな。
昔は、ハンセン氏病、カウパー氏腺液って言ってたのに。

28: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:32:32.57 ID:3M/1c11m0.net
患者でもない、家族と称する、

日本に密入国してきた患者、
気の毒に思って、日本人は、生活保障医療保障したら、

お人好しの日本人から、むしり取れ、としか思わない。

29: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:32:52.72 ID:HxBVz6RdO.net
なら入所中の生活費も払うんだよな?
食費、住居費、衣料費、健康保険料、医療費その他。
生活全部国にみさしておいてなんだよ。
戦時中ですら面倒みてやってたんだから。

30: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:33:56.03 ID:l1sKfBs70.net
自分たちが発症した家族を毛嫌いして施設に隔離した
その罪業を国の責任に転化して国から金をむしり取り、一部を患者に渡して罪の意識を帳消しにするサヨク理論の馬鹿訴訟
まあ、常識の通用しない連中を非常識な弁護士たちが煽りに煽る、いつもの案件ね

32: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:35:37.98 ID:4Ok3xPUe0.net
永久機関だなww

38: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 07:49:57.78 ID:+KDeAHE10.net
特効薬ってもまだ当時は色々不安があったんだろうね

45: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 08:41:21.98 ID:rQmDfqI80.net
もう解決したと思っていたら子供さんだった

46: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 08:44:36.60 ID:8aIeK43T0.net
一度乞食の味をしめるとその子にも遺伝してしまうんだな

48: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 08:49:28.91 ID:IXimKRSd0.net
今は様々な誤解もとけただろうけど
当時はわけのわからない奇病だったなら
致し方ないような気もするけどね

53: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 09:21:05.92 ID:jk1BZFyZ0.net
治療薬の変遷
古代?大風子油→1943プロミン→1950年代タブゾン→1960~70年代にかけてタブゾンの耐性菌発生
→1981年多剤併用療法(MDT)
プロミンが発見されてバンザイではない。
その後もハンセン病との戦いは続いている。
真に治療法が確立したのは1981年つい最近だと言える。

54: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 09:51:09.95 ID:DOdm/c3Y0.net
全生園は「ぜんしょうえん」が正しいのか?
西武バスの停車放送では「ぜんせいえん」って言ってたんだが。

66: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 14:50:35.60 ID:wiia60QXO.net
>>54
正式には「ぜんしょうえん」だね
でも付近では「ぜんせいえん」呼びが一般的かも

昔あの辺りに住んでて子供時代は園内でもよく遊んだけど亡くなっても故郷に帰れない方の為の納骨堂とかあるんだよね
外見が大きく変わる病気だから恐れられやすいのはわかるが気の毒だ
まあ付近には結核療養所も多くてそちらでは自殺者が結構居たらしいがね
特に若い女性
治ったとしても結核を患った身では嫁の貰い手が無いんじゃないかと将来を悲観する方が多かったようだ
いま不治の病気も早く治せるようになればいいなあ

55: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 10:12:18.75 ID:PBBNVb710.net
遅いんだよ。 体制にカネもらって遅らせるように誘導してきたのか?  ほとんどの遺族が死亡するのを待ち、賠償額を減額させるために。  

56: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 10:52:37.09 ID:NT1v2/le0.net
実際にはライ菌の感染力は相当に強力なのだが、それを言うとヘイトスピーチになるので言えないのだ
ライ菌に感染しても発症するとは限らず、むしろ発症しない者の方が多い
発症するかしないかは遺伝体質によるので、父母が共にハンセン病患者の場合に、子供は略々確実にハンセン病を発症する
ハンセン病患者の妊婦に対して強制堕胎という非人道的な処置が行われた結果、ハンセン病を発症する遺伝情報の持ち主が
激減し、現在の日本で新規発症するのは外国人と沖縄県人に略々限られるようになった
沖縄県ではハンセン病患者に対する非人道的な処置が徹底していなかったのではなかろうか
もしそうなら、沖縄の人たちは立派だと思う

57: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 12:04:34.03 ID:s+2puKtZ0.net
まだ治療薬がない時代は隔離するしかなかったんだと思う。感染すると言われてたころ
もし家族や近所にそういう患者が出たら隔離してもらう。
自分がなっても家族に迷惑をかけたkないから出ていくと思う。
今思えばひどいことをしたかもしれないが当時は仕方なかったんだよ。外見が変わっていくから怖いし。

58: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 12:05:37.54 ID:OsZye/0C0.net
患者本人じゃない被害者とかwww
孫ひ孫と永遠に続くんですね

61: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 13:52:58.74 ID:rQmDfqI80.net
>>58
どうも慰安婦問題を思わせますねえ

59: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 12:41:52.55 ID:3Ji6nPaA0.net
新薬で感染の危険性が少なくなったのに、隔離を続けてた国が悪いってことだけど。
だからって隔離施設から開放したって患者の行き場所なんてないから
そのまま施設に居られるようにしてただけじゃないの?

で、患者も高齢になって年金貰えたり生活保護を受けやすくなったりして
施設から自立できるようになってから国を訴え始めたって印象あるけどな。

60: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 13:18:16.69 ID:riXCnvU80.net
国が拐っていった訳ではなくて
家族や周囲が強引に連れていったんだろ

62: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 13:59:09.68 ID:8SG7nU7bO.net
当時は医学的な問題もあったやろ
みながみな、伝染性が高い思うてはった時代やったんや
そうはいっても、現代では医学的に間違いやったと判ってはるんやから、相応の保障ちゃっちゃと済ませるべきやね

70: 名無しさん@1周年 2016/01/25(月) 23:58:43.99 ID:BclRPvB2O.net
必ずしも乳児だけじゃない
成人した看護士が発病してる例もある
外国でもキリスト教の教会施設で看護士が発病し死亡
聖人に叙せられてるらしい
しかしいつ感染したか潜伏期間が長くて突き止めきれない
それがこの病気の厄介なところ

更に結核同様に糖尿やエイズで寛解した人が再発させる例もあるとか
多剤耐性の厄介な菌を撒き散らかす

71: 名無しさん@1周年 2016/01/26(火) 00:53:20.86 ID:1H845FHL0.net
>>70
関係者の生き残りかなんか知らんけど未だにデマ流してんじゃねーよ
WHO基準では薬を投与した時点で菌検査の有無を問わず完治とする。また、患者としても除外される。
ってなってるんだけど

引用元: 【社会】ハンセン病元患者の家族ら会見…国家賠償求め集団提訴へ



記事閲覧ありがとうございます(・∀・)
応援していただける方、記事が参考になった方おりましたらTwitterでの拡散、はてなブックマークの登録いただけないでしょうか('д` ;)
多くの方に閲覧していただくことにより、管理人のモチベーション向上になり、より記事のクオリティー向上になります。
よろしくお願いいたします。

9999: 以下、再びDr.2ちゃんねるがお送りします 9999/99/99(??) ??:??:??.?? ID:Dr2ch

うちのブログは他のまとめブログよりも暗い話題が多いです。
下にオススメの他ブログRSSをのせております。
ぜひ、合わせてご覧になって少しでも元気をもらってください。



おすすめ記事