151103quantum_teleportation-thumb-640x360-91477
1: ニライカナイφ ★ 2016/01/27(水) 23:27:23.82 ID:CAP_USER*.net
◆「人間の転送装置」が実現する日も近い? 微生物のテレポーテーション実験が本格化、驚愕の実験内容とは?

ケーブルも電波も使わずに量子の“もつれ”状態を利用して情報伝達を行う「量子テレポーテーション」――。
人類にとって夢のコミュニケーション手段だが、この技術を用いて我々人間のような有機生物の“中身”を
転送できる可能性が見えてきたというから驚きだ。
まさに海外ドラマ『スタートレック』で使われている“転送装置”が実現する日も近いのだろうか。

■有機生物の“中身”をテレポーテーションする

量子力学の実用化の試みは、昨今目覚しい発展を遂げている。2014年にNASAのJPL(ジェット推進研究所)、
NIST(アメリカ国立標準技術研究所)、スイス・ジュネーブ大学などの物理学者からなる研究チームが、
光ファイバーを用いてこれまでの「量子テレポーテーション」最長記録を大幅に更新する25kmの隔離に
成功したのもつかの間、2015年11月にはNTT物性科学基礎研究所の武居弘樹氏が主導する研究チームが、
およそ100kmの距離で成功し、世界記録を塗り替えた。

これまでのニュートン力学や、アインシュタインの理論による理解の範囲を超えた量子論だが、
研究と実用化の試みは着々と進められている。
その中でも、米・インディアナ州パデュー大学のトンカン・リィ教授と、
中国・清華大学のツァン・クィ・イン博士が共同で行っている実験は、ひときわ斬新で奇妙なものである。
それというのも、微生物を量子テレポーションで瞬間移動させようという前代未聞の実験なのだ。
ということは、もしこの実験が成功したとするなら、いずれ我々の肉体を瞬間移動させることができる
“転送装置”が現実のものになるかもしれないのだ。

だが気を急いてはいけないようだ。現状では有機生物の“中身”をテレポーテーションすることがまずは試みられている。
しかし、そんなことが可能なのか?

■量子的重ね合わせの状態をつくりだす

実験のカギを握るのは、テレポーテーションさせようとする有機体を、量子的重ね合わせという状態におくことである。
では、この量子的重ね合わせとはどんな状態なのか?
これを説明するためには、前世紀の初旬にまでさかのぼることになる。
それは以前トカナでも紹介しているが、オーストリア人物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが
1935年に行った思考実験「シュレーディンガーの猫」のことだ。

ここでは詳しい説明は避けるが、わかりやすく手短にいってしまえば、
「シュレーディンガーの猫」とは確率50%で生死の境目にいる箱の中の猫のことだ。
青酸ガスを仕掛けた箱に入れられた猫が、一定の時間が経過した後に、はたして生きているのか死んでいるのか、
当然のことながら箱を開けてみるまでわからない。
これを量子論では“観察”することで猫の生死が決定されると解釈するのだ。
つまり、開ける前の箱の中にいる猫は生きてもいるし、死んでもいるという2つの可能性が共存した存在なのである。
そしてこの状態こそが、量子的重ね合わせの状態なのだ。

リィ教授らは、有機体がテレポーテーションをするには、
まずこの量子的重ね合わせの状態にしなくてはならないと考えている。
しかし、思考実験の中の話ではなく有機体を実際に量子的重ね合わせの状態にするには、一体どうすればよいのだろうか。

■記憶などの情報が離れた有機体の間でテレポートできるようになる

リィ教授らによれば、有機体を量子的重ね合わせの状態にするには、まず冷凍状態にしなければならないという。
冷凍にすることで有機体内の化学的活動とエネルギー消費、外界との相互干渉がなくなり、いわば物質化する。
実験では、テレポーテーションさせる有機体を微生物に設定していることから、まずはこの微生物を冷凍状態にするのである。

写真:startrekstyle1.JPG「Daily Mail」より
no title


TOCANA 2016/01/25
http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry.html
http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry_2.html
http://tocana.jp/2016/01/post_8643_entry_3.html

>>2以降へ続きます。




2: ニライカナイφ ★ 2016/01/27(水) 23:27:39.59 ID:CAP_USER*.net
>>1の続きです。

次に、この冷凍した微生物を、電動で細かく振動する薄い皮膜の上に配置する。
イメージとしては、叩いた時の太鼓の張り皮のように薄皮が細かく振動している状態だ。
こうして振動する皮膜の上に置かれた冷凍の微生物は、量子的重ね合わせの状態になるとリィ博士らは主張している。

実際にコロラド大学の研究開発チームは2年前に、アルミニウム製の振動する皮膜を開発し、
マイクロ波光子を量子的重ね合わせの状態にして維持することに成功しているということだ。

そしてこの冷凍した微生物と振動する“太鼓”を2セット用意し、その間を超伝導回路で結ぶと、
2つの微生物の“中身”はまったく同じものになるというのだ。
つまり一方の“中身”が他方へテレポートし、同じ内部状態の微生物が別々の場所に同時に存在することになるのである。

テレポートする“中身”といっても内臓や体液などではなく、今のところは“情報”だけである。
たとえば記憶や感情などが離れた有機体の間でテレポートできるのではないかと考えられているのだ。
「Daily Mail」の取材に応えたリィ教授は、次のように胸を張る。

「我々は、2つの微生物が同時に存在できる方法を真正面から提案しました。
そして将来、量子的重ね合わせの状態の微生物がテレポートできる青写真を描いてみせたのです」

もちろんこの研究の最終目標は、人間を含む生物のテレポーテーションであることは間違いない。
まさに『スタートレック』の“転送装置”の実現である。
量子テレポーテーションについては、まずはインターネット網に代わる量子ネットワークの実用化が先決だと思っていたが、
意外にも早く“転送装置”の可能性が見えてきたことになる。

しかし微生物ならともかく、人間の場合は冷凍後に蘇生できる技術が確立されていないため、
まだまだ課題は山積みだろう。
それでも、まったくのSF的な夢物語と考えられていたテレポーテーション実現の糸口が見つかったことには驚くばかりだ。
実用化は遠い将来のことではあるが、今後の研究に期待したい。

※以上です。

3: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:28:46.94 ID:Qe+u/XqT0.net
ハエが転送装置に入ってしまうんですね

32: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:35:57.52 ID:fkH6mdYA0.net
>>3
The Fly は気持ち悪かったな

105: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:59:08.08 ID:s0uhFrYO0.net
>>32
ハエ男の恐怖だよ

198: 名無しさん@1周年 2016/01/28(木) 00:42:34.93 ID:Le4nc190O.net
>>3
ハエじゃなくてGだったら…とふと思ってgkbr

4: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:28:48.19 ID:cizVYjPM0.net
ウザそうだな、
嫌な上司が出張先から突然帰ってきたりするのか

5: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:28:56.30 ID:N2y3YnSL0.net
ちょっとハエ仕込んでくる

7: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:29:07.15 ID:Odr5lakH0.net
ハエと同化してしまいそうで嫌だな

11: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:30:14.14 ID:vHEJ+KsQ0.net
ハエのネタ元ってなに?

30: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:35:32.04 ID:Qe+u/XqT0.net
>>11
ザ フライって映画
邦題はハエ男の恐怖
名作やで

37: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:36:41.13 ID:vHEJ+KsQ0.net
>>30
ありがとう

16: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:31:24.60 ID:c1DddOli0.net
覚醒状態で転送すると精神が崩壊する

21: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:33:01.19 ID:mZ0cXS2V0.net
行き先を間違えて女子風呂に転送されたい。

38: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:36:51.19 ID:2g2xTqU+0.net
>>21
そのまま交番へ転送じゃん

23: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:33:42.64 ID:HyDw71et0.net
まったくもって意味不明w

とある人の体温が36.5度だったから
B地点の温度も36.5度にします。
これで情報は転送できました

って事と同じだろw

そもそも量子テレポテーションは
世間一般で認識されている瞬間移動とは
全然違うと思うんだけど・・・

36: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:36:40.04 ID:8LVTwQlw0.net
>>23
そういうことなの?
言ったもん勝ちだなw

25: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:34:24.64 ID:Saz4Bccc0.net
ベルゼブブシステムか
アリやクモとかバリエーション豊富だな

27: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:34:47.35 ID:fhAYOG4M0.net
ウイルスで二重スリット実験の干渉縞が作れるか作れないかとか言ってるんだから
微生物レベルの、原子から見たら大きなものに、そういう量子的な性質を持たせることは
不可能ではないんじゃないの(適当)

28: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:35:08.74 ID:fobyGKF40.net
ハエと同化すると精力抜群になる

29: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:35:28.34 ID:qENiGK9Q0.net
テレポートって、転送元と転送先の空間を入れ替えるならわかるけど
一方的に転送先に送りつけるなら、その空間にある粒子や微生物と
一体化してしまうのでは? ってガキの頃からの疑問。

73: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:47:58.76 ID:p12BeJAE0.net
>>29
崩壊だろう。
辺り一面吹き飛ぶ。

33: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:35:58.02 ID:JD6Zugih0.net
冷凍微生物の”情報”ってなんだよw?
そしてそれが移動したという証明はw?

41: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:37:25.07 ID:UrSUzAXu0.net
記憶だけ送られても困るよな

54: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:40:50.34 ID:TNs7zGGm0.net
>>41
俺の栄光の人生の記憶をお前にも分けてやりたいわw

42: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:37:30.38 ID:7eLh6l1Y0.net
現時点では研究資金を集めるためのホラ話なんだろうが
日本も10年後を見据えて研究は続ける必要がある

44: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:38:15.55 ID:NotUv1GN0.net
新しい技術なんて無くても現状でも人間が2箇所に同時に存在することは可能だけどな

51: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:40:15.45 ID:eoWkIpi00.net
なんで最初から微生物なんだよ、まず、無生物の個体で成功してからやれよw

55: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:40:57.65 ID:EEFQ1xiC0.net
座標の設定はどうするのかな。地球は動き回っているのに。

66: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:45:10.92 ID:u372U+7G0.net
>>55
記事をよく読め
ケーブル間の移動だから厳密に言えばテレポートではなく亜光速での移動

58: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:41:43.17 ID:jy1stpb60.net
無機物より有機物のほうが転送が楽ってことなのかな。
遺伝子をデータボックス化できれば、いろんな応用ができそう。
かなりグロなスタートレックになるけど。

63: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:44:36.89 ID:2bKM8Pah0.net
元の人はそのままってことは、コピーじゃないの

65: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:44:45.93 ID:mkB9Shtx0.net
人間のコピー取れる技術なら需要が、いや、何でもないです

70: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:47:17.36 ID:fhAYOG4M0.net
量子テレポーテーション自体は
荒唐無稽な話ではなくて最近実現できてきた話だぞ
日本人のノーベル賞候補者も何人かいるジャンル

79: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:50:53.94 ID:p12BeJAE0.net
>>70
遠隔地で量子のスピンを再現するんであって、分子送ってるわけじゃねぇだろーw

72: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:47:48.56 ID:TCk6X2pR0.net
量子テレポーテーションは時差なく通信を送る手段として開発が進められているものであって
物質を運ぶ話じゃないはずだけどなw

78: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:50:16.48 ID:VBOMYljt0.net
>>72
記事でも物質ではなく情報を運ぶだけって書いてるじゃん・・・・

75: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:48:55.42 ID:cx+Tctwt0.net
転送できるということはコピーができるということ、すごいことだ
そしてコピーが主体になるためには本体を処分しなければならないということ、恐ろしいことだ

81: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:51:41.79 ID:6V4EXCtG0.net
記事を読んでもよくわからない
肉体が転送されるのではなく、記憶や感情などが離れた有機体の間でテレポートできる?
まるでテレパシーのようだけど、人間だと肉体の違う記憶や情報が同じ自分のコピーが出来上がるって事か?
もしそうなら、肉体は、入れ物で性別体格の違う自分のコピーを無限増殖出来るみたいな事だろ
気味が悪いな

82: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:51:41.96 ID:g0UxBtIP0.net
地球自体の自転、あと太陽の周りを回ってるからその公転。
そういったテレポーテーション先の座標的なものはどうすんだろ?

84: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:53:55.55 ID:ksGqabaz0.net
要約すると?

馬鹿でクズの無能で早く死んだ方が世の中の為になる俺に教えて

89: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:55:38.60 ID:cxbyt1VUO.net
>>84
ビーズはもう要りません

86: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:55:23.83 ID:ZwEs9y3u0.net
中国なら人体実験もやりたい放題だろう

88: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:55:38.33 ID:A8BZJGXs0.net
ハエと合体するのが落ちだわ

91: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:56:03.61 ID:P2qKpfkB0.net
ハエの体で蜘蛛の巣にかかって
石で潰されるのは嫌だな

98: 名無しさん@1周年 2016/01/27(水) 23:57:53.41 ID:TC8OOH7o0.net
ファックスの延長みたいなものだな

引用元: 【技術】「人間の転送装置」が実現する日も近い?微生物のテレポーテーション実験が本格化、驚愕の実験内容とは?



記事閲覧ありがとうございます(・∀・)
応援していただける方、記事が参考になった方おりましたらTwitterでの拡散、はてなブックマークの登録いただけないでしょうか('д` ;)
多くの方に閲覧していただくことにより、管理人のモチベーション向上になり、より記事のクオリティー向上になります。
よろしくお願いいたします。

9999: 以下、再びDr.2ちゃんねるがお送りします 9999/99/99(??) ??:??:??.?? ID:Dr2ch

うちのブログは他のまとめブログよりも暗い話題が多いです。
下にオススメの他ブログRSSをのせております。
ぜひ、合わせてご覧になって少しでも元気をもらってください。



おすすめ記事