DSC_3431
1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(中止 **ce-3Fwl) 2016/02/14(日) 19:57:17.35 ID:CAP_USER*St.V.net BE:348439423-PLT(13557)
sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
統合失調症をはじめとする急性期の精神障害の治療は、
薬物療法が基本とされている。機能の異常を調整し、症状を抑えるために
薬が使われているのだ。ところが、「オープンダイアローグ(開かれた対話)」
という治療法は薬をほとんど使わず、とにかく会話をして回復させるという。
この治療法はフィンランドの西ラップランド地方にあるケロプダス病院の
ファミリー・セラピストを中心に、1980年代から実践されている。

*+*+ EconomicNews +*+*
http://economic.jp/?p=58493 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured




3: 名無しさん@1周年 (中止W 2790-CWJk) 2016/02/14(日) 19:58:38.70 ID:xVMKUnhg0St.V.net
最大のストレスはダメだしする人

4: 名無しさん@1周年 (中止 2a38-3cZ6) 2016/02/14(日) 19:59:45.40 ID:OvnHbBvd0St.V.net
カウンセリングマインドとしてだな,統合失調症患者の話は聞いてはいけないというのがあるんだ。
まず,その段階で蹴られてしまう。(;´Д`)

154: 名無しさん@1周年 (オッペケ Sr72-1Guu) 2016/02/14(日) 23:02:56.54 ID:IJCJjgPAr.net
>>4
患者の気分がスッキリすればいいだけの話だから聞く側は内容云々より相手が話した気にさせるのが仕事
水商売みたいなもんだな

175: 名無しさん@1周年 (ワッチョイW 68c2-1Guu) 2016/02/14(日) 23:34:15.59 ID:/rACpD270.net
>>154
喋らせて無意識を言語化させることが目的だからな
フロイト先生は正しかった

5: 名無しさん@1周年 (中止 2d16-0wQW) 2016/02/14(日) 20:00:01.90 ID:3kkLg16H0St.V.net
>オープンダイアローグ

日本語で言えよカス
何が環太平洋パートナーシップ協定だよ

27: 名無しさん@1周年 (中止 a26f-Xsbi) 2016/02/14(日) 20:13:13.93 ID:FqvIZg6T0St.V.net
>>5
江戸時代以前だと「オープンダイアログ」ってどう表現するんだろう?

30: 名無しさん@1周年 (中止T SE95-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:14:42.08 ID:SLY7P7ENESt.V.net
>>27
茶の湯

38: 名無しさん@1周年 (中止 a26f-Xsbi) 2016/02/14(日) 20:18:07.86 ID:FqvIZg6T0St.V.net
>>30
ワロタ。

6: 名無しさん@1周年 (中止 59c5-gGIo) 2016/02/14(日) 20:01:35.23 ID:fU4hTBwS0St.V.net
注目は集まるかもしれないけれど、取り入れる医師はいないだろうな
製薬会社からのリベートが受けられなくなる

7: 名無しさん@1周年 (中止 3651-Iptu) 2016/02/14(日) 20:02:27.66 ID:MkxYX+co0St.V.net
向精神薬漬けになるよりセントジョーンズワートでも飲んでたほうが健康的だろ

8: 名無しさん@1周年 (中止 13d2-Xsbi) 2016/02/14(日) 20:02:43.95 ID:gStJjA2d0St.V.net
精神療法と大して違わなくね?

9: 名無しさん@1周年 (中止W 59e5-4cvf) 2016/02/14(日) 20:03:45.74 ID:fvslmNoR0St.V.net
no title

142: 名無しさん@1周年 (アウアウT Sabd-Yeuq) 2016/02/14(日) 22:22:17.48 ID:Va/EBw73a.net
>>9

10: 名無しさん@1周年 (中止 KK81-Nb+K) 2016/02/14(日) 20:04:16.12 ID:ptycqBp6KSt.V.net
急性期に薬物治療しないとカンカイまでの期間は概ね半分で済む
ただ患者の管理に関わる人員が増えて費用がかさむ
これは上級国民専用の医療だわ

11: 名無しさん@1周年 (中止W 4dfd-1Guu) 2016/02/14(日) 20:04:46.10 ID:gtM7mT270St.V.net
薬物療法と精神療法の併用は今でも主流だよ
でも自傷他害行為真っ盛りの急性期にそれは難しい

12: 名無しさん@1周年 (中止 f953-k4By) 2016/02/14(日) 20:04:56.51 ID:EaTE5Ub/0St.V.net
>とにかく会話をして回復させるという

え??そんなんされたら余計に病む。
マジで勘弁して欲しい。

13: 名無しさん@1周年 (中止 KK81-Nb+K) 2016/02/14(日) 20:05:47.89 ID:ptycqBp6KSt.V.net
>>12
急性期の患者はとにかくしゃべる

14: 名無しさん@1周年 (中止 334e-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:06:17.34 ID:93VXcpgm0St.V.net
「薬出しときゃいいだろ」みたいな医者よりは信用できるわ
診察時間長くなりそうだが

15: 名無しさん@1周年 (中止 Sde3-1Guu) 2016/02/14(日) 20:06:21.24 ID:lfdc1SpkdSt.V.net
糖質の話を聞いてたらこっちが病むからなw
これが大問題な訳で

16: 名無しさん@1周年 (中止T Sad6-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:07:45.27 ID:Dht5gbNPaSt.V.net
精神疾患は医者もわからない病気だ

17: 名無しさん@1周年 (中止 Sde3-pejn) 2016/02/14(日) 20:08:11.51 ID:E6Hd0TugdSt.V.net
そこで開発されたのが人工知能2chの登場である

18: 名無しさん@1周年 (中止 36eb-HAEV) 2016/02/14(日) 20:09:34.45 ID:DwT7Lf9n0St.V.net
統失のインフルエンザ患者に国産の某抗ウイルス剤出したら、
中身が入っていなかった、いや爆弾が入っていたと言う、
これだから統失には付き合いかねる。

19: 名無しさん@1周年 (中止W f941-1Guu) 2016/02/14(日) 20:10:02.34 ID:mCUlkbiQ0St.V.net
急性期は薬は使ったほうがいいと思うけど
だらだらと処方出されるのもなんだかね。
治療対象が「はい正常になりました!」ってものでもないから、医者も慎重だし診療中に治療活動は行われず
対話型治療は療法士に任せて、なおかつ保険対象外らしいし。

20: 名無しさん@1周年 (中止 5f2a-k4By) 2016/02/14(日) 20:10:07.24 ID:15zM/KRJ0St.V.net
薬なしで統失が治るんなら
100年以上前から標準治療が出来上がってるって

あ、お前らみたいな池沼や甘えは病気じゃないから薬は絶対に効かないから
治すには新小岩以外ない

49: 名無しさん@1周年 (中止 5fbc-vaSs) 2016/02/14(日) 20:28:38.01 ID:iv//dJsb0St.V.net
>>20
ほんこれ。

うつも同じ。話せば治るなら誰も苦労はしない。
健康人の間ですら会話が成立するとは限らないんだから。

とりあえず薬で症状を抑えてその間に、
本人の抱える問題を本人が解決するなり、環境調整するなりするしかないでしょ。

53: 名無しさん@1周年 (中止 MMa1-1gdm) 2016/02/14(日) 20:34:56.23 ID:I4BMjEZNMSt.V.net
>>49
>とりあえず薬で症状を抑えてその間に、

薬漬けにして保険料で食ってるのはどこの
精神科でしょうかねえ、東大病院を筆頭に

192: 名無しさん@1周年 (ワッチョイW 5c9d-pejn) 2016/02/14(日) 23:54:58.04 ID:Og104iXB0.net
>>53
まあいい病院に当たるのは運が良くないと無理だよな
色々調べたけど本当に少ない

21: 名無しさん@1周年 (中止W 62d1-78Xl) 2016/02/14(日) 20:10:47.66 ID:SHaiMBmr0St.V.net
有効性については、90年代に治療を受けた患者の追跡調査によると、2年後に症状が残っている割合、就労率、再発率で良好な数字が報告され、86%が回復したとのデータもあるが、症例数が少ないため科学的な検証が足りないとの指摘もある

症例数が少ないため科学的な検証が足りないとの指摘もある


これに尽きるだろ

25: 名無しさん@1周年 (中止 4a57-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:11:43.66 ID:nmTS6TrO0St.V.net
うちの会社は
パワハラが多くてうつ病になる人続出

26: 名無しさん@1周年 (中止T SE95-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:12:41.03 ID:SLY7P7ENESt.V.net
金掛かりそう
1時間2万円くらいか

29: 名無しさん@1周年 (中止 Sde3-pejn) 2016/02/14(日) 20:14:20.08 ID:E6Hd0TugdSt.V.net
冷静に考えると診療報酬請求できない
保険適用外だな

32: 名無しさん@1周年 (中止 1686-7b3t) 2016/02/14(日) 20:15:09.37 ID:d8+XzmGf0St.V.net
フロイトの自由連想法が起源だな

35: 名無しさん@1周年 (中止T Sa95-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:15:53.24 ID:+ms5eUMtaSt.V.net
遺産有るし、大量の薬でらっりって居るのが幸せ~~~

36: 名無しさん@1周年 (中止 6e88-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:16:56.38 ID:rkFh/RBS0St.V.net
で、こいつらと会話するのは臨床心理士だけなの?
誰もこいつらと会話したくないでしょ。

39: 名無しさん@1周年 (中止W 5384-1Guu) 2016/02/14(日) 20:19:05.90 ID:23glHzc+0St.V.net
統合失調症が治せるなら自己愛性パーソナリティー障害も治せそう

41: 名無しさん@1周年 (中止 360d-O6ee) 2016/02/14(日) 20:19:31.31 ID:fk9+YGk00St.V.net
メンタルクリニックに通院してるけど
確かに日本の精神科治療には患者に薬を出さなくてはいけないという風潮があるとは思う。
むしろ薬を出すのが仕事みたいな。
あと日本の精神科治療はなぜか処方される薬の量が外国に比べて異常に多いことが多いらしい。

68: 名無しさん@1周年 (中止W 3057-pejn) 2016/02/14(日) 20:50:36.70 ID:+CZSCHuu0St.V.net
>>41
んな事ないぞ。例えばパキシルの1日限度の量は日本の方が少なく設定してる。

80: 名無しさん@1周年 (中止 2d12-qGbG) 2016/02/14(日) 21:04:21.56 ID:wHWMeEO40St.V.net
>>41
別に日本の精神科医療が特別薬多いってわけでもない
あと、風邪だろうが腹痛だろうが病院行ったらほぼ薬出されるのに、
精神疾患だけ薬出さないで治してほしいみたいな感じになるはおかしいだろ

42: 名無しさん@1周年 (中止 5367-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:21:19.90 ID:veqsJ/kl0St.V.net
知らんけど、器質性の障害で、たとえばある脳内化学物質の分泌が足りないとかなら、
それは薬が必要だろう?

47: 名無しさん@1周年 (中止W 5384-1Guu) 2016/02/14(日) 20:25:27.43 ID:23glHzc+0St.V.net
>>42
あまり使われないから分泌されないなんて場合もあるから
意図的に使うようにすることでちゃんと分泌できるようにもなるんじゃないか
北海道の人間は汗をかかない、みたいな話で

48: 名無しさん@1周年 (中止W 4dfd-1Guu) 2016/02/14(日) 20:27:54.83 ID:gtM7mT270St.V.net
フロイト、ユング以降1970年くらいまでは精神療法も盛んに行われたけど
効果は今ひとつだった
その後ハロペリドールとかいい薬が出てきて薬物療法が主流になってからは
統合失調症の治療は格段に進歩したし、予後も良好になった
まあ必要以上に薬は使わないというのは大前提として
あるべきだけどさ

50: 名無しさん@1周年 (中止 Sa5a-CdX9) 2016/02/14(日) 20:29:46.13 ID:aFOUmRKZaSt.V.net
クスリが怖いから精神科に行けないという人もいるだろう

51: 名無しさん@1周年 (中止 3011-8isQ) 2016/02/14(日) 20:32:31.60 ID:NP9clJOF0St.V.net
気違いとボケは伝染る、人件費の方が高くつく。

58: 名無しさん@1周年 (中止 1686-7b3t) 2016/02/14(日) 20:41:39.91 ID:d8+XzmGf0St.V.net
患者が薬を望んでいて、プラシーボ的な効果を持つ。
だから医者も薬を与える。

59: 名無しさん@1周年 (中止 f905-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:42:07.28 ID:M2sFXCYr0St.V.net
でも臨床心理士は国家資格にはしませんww

だって精神科医の領域を食いつぶしてしまう可能性があるから

61: 名無しさん@1周年 (中止W ede0-pejn) 2016/02/14(日) 20:43:34.18 ID:k7Jt5pHr0St.V.net
点数稼げなきゃやらねーよ。
あいつらなにもしねえ

63: 名無しさん@1周年 (中止 Sa5a-tvQP) 2016/02/14(日) 20:46:50.80 ID:DUYW24KcaSt.V.net
鬱で変な医者にかかると薬漬け中毒で最後は自殺じゃん。
そういう医者の免許剥奪できるようにしろよ。
近隣の他の同業医はわかってるんだから。

66: 名無しさん@1周年 (中止 3088-2HJs) 2016/02/14(日) 20:49:23.91 ID:M7Q347ku0St.V.net
治らないんだから精神障害は身体障害と同じ扱いにすりゃいいんだよ
なんで通常の病気みたいに扱うんかな
いろいろと無駄すぎるだろ
医療事業者の金儲け以外のメリットないじゃん

70: 名無しさん@1周年 (中止 687d-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:52:50.29 ID:Q5cFucVx0St.V.net
>>66
そもそも障害じゃないからほっときゃいいだけなのにね

77: 名無しさん@1周年 (中止 KKbd-TOB4) 2016/02/14(日) 21:02:32.53 ID:P+R9k9AyKSt.V.net
>>66
そういう事だよ。

69: 名無しさん@1周年 (中止 3357-Yeuq) 2016/02/14(日) 20:52:20.61 ID:QkGMWvZK0St.V.net
妄想が出る病気の場合は薬で症状を抑えるのは止むを得ない
新型うつ病で薬漬けにするのが間違ってる

81: 名無しさん@1周年 (中止 5f6f-Yeuq) 2016/02/14(日) 21:04:29.18 ID:/HDopMM20St.V.net
薬使っても治らないしね

96: 名無しさん@1周年 (中止 46d7-Yeuq) 2016/02/14(日) 21:17:23.75 ID:TwFXhhyi0St.V.net
うつ病でTMS(磁気刺激療法)受けてる俺が素通りしますよ

106: 名無しさん@1周年 (中止 4a57-O6ee) 2016/02/14(日) 21:25:43.36 ID:Zbbyq9n50St.V.net
糖質とか薬物以外で治るの?
正確には薬物でも治らないんだけどさ

119: 名無しさん@1周年 (中止W 30a5-nduD) 2016/02/14(日) 21:33:15.82 ID:v+SH0Zoh0St.V.net
>>106
糖質は完治はしないけど寛解はするよ
薬がうまく合えばの話だけど

107: 名無しさん@1周年 (中止W 86d0-FFFQ) 2016/02/14(日) 21:25:51.62 ID:S4Qie6AA0St.V.net
環境要因も大きいけど遺伝的要因も大きいから
精神疾患は怖いね
だから精神科には大手を振って通院できない
心療内科ならややマイルドなイメージだけど実態は同じ

引用元: 【社会】薬を大量に使わない精神科治療「オープンダイアローグ」に注目集まる



記事閲覧ありがとうございます(・∀・)
応援していただける方、記事が参考になった方おりましたらTwitterでの拡散、はてなブックマークの登録いただけないでしょうか('д` ;)
多くの方に閲覧していただくことにより、管理人のモチベーション向上になり、より記事のクオリティー向上になります。
よろしくお願いいたします。

9999: 以下、再びDr.2ちゃんねるがお送りします 9999/99/99(??) ??:??:??.?? ID:Dr2ch

うちのブログは他のまとめブログよりも暗い話題が多いです。
下にオススメの他ブログRSSをのせております。
ぜひ、合わせてご覧になって少しでも元気をもらってください。



おすすめ記事