三者三様

漫画を中心した書籍紹介みたいになってきた♪

おすすめ四コマ

さて久々に漫画紹介。

 ○うちのトコでは○

少し前にヘタリアという国を擬人化した漫画がありましたが、それの県民版で、各県の特徴を擬人化している四コマ漫画です。
岡山の特徴を持ったキャラ、香川の特徴を持ったキャラなど各都道県をキャラクターとして登場させ県民ネタを書いています。

元々ネット上で四国四兄弟というWEB漫画だったらしいですが詳しくは知りません。
基本的には県民ネタで結構笑えます。

基本4コマ漫画なのですが、後半「夢の架け橋」という長編作品があります。
前半は本州四国を結ぶ橋の計画の話、後半の話は想像におまかせします。
ただ何故かマジで泣けました。
元々涙もろい方ですが、表現がうまいというか、雰囲気の作り方うまいというか、妙に感情移入してしまいました。

4コマ漫画で300ページ近くあり、1300円という高価格。
2冊に分けた方が読みやすく買いやすく売れるだろうというつっこみは置いといて、私の中での評価はかなりおすすめです。

見たいけど見られない

劇場版ワンピースが絶好調のようです。

初の尾田っち監修作品なだけにアニメ映画で初めて見に行きたいと思った作品ですが、今月は全く時間がありません。
正月を過ぎても休みはなさそうな勢いなのでナイトショーでも見に行こうかと悩んでいます。

期待はずれな結果にならないことだけを祈るだけです。

しかし、先着限定150万冊って限定の数ではないような気がw
しかも100万冊増刷って。
まぁ視聴者全員に配布したいという原作者側の気遣いだと信じます。

お疲れモード

だいぶ疲れていることはわかっていました。
まぁ一カ月ぶりの休みでしたし。

でもまさか、ウインカーとワイパーを本気で間違えるとは・・・
何の疑問もなく左ウインカーをつけたらワイパーでしたよ

とりあえず寝ますw

恐るべきクマ

私は昔から直接会ってみたい動物が2種類いる。
ペンギンと熊である。

もちろん動物園や檻に入っているペンギンや熊は何度も見ています。
私が見たいのは野生の状態である。

今回岐阜県で観光客9名が熊に襲われたニュースが流れています。
もし野生の熊に出会ったらどうするだろう。

遭遇してみたい反面、めっちゃ怖いだろう。
下手したらあの世行きかもしれない。

でも一度会ってみたい。いざ出会ったら後悔するかもねw

試験をなめんなー

さてハングル語検定なる試験を受けてきました。
初級と中級は併願できるのですが初めての試験だしとりあえず初級を受けました。

まぁ初級なら何とかなるだろうと軽く考えていましたがカルピスの原液並みに甘い考えでした。

90分を2度で合計3時間の試験でしたが後半はグダグダ、わかんない単語がどんどん出てきて途中ウトウトしたりもうひどかったです。

聞き取り問題は大丈夫な自信があるのですが、韓作文なんてひどすぎて文章になってなかったように思えます。

そして何が一番の問題かといえば時計を持っていかなかったことです。
試験会場には壁時計があると思い込んでいたので全く時間がわからないまま試験が進んでいました。

合格発表はだいぶ先らしいですが絶望的です。
まぁ記念受験ということにしますか。

1円を笑う者は・・・

昨日某牛丼屋さんでカルビ定職を食べる。
580円也。
ふと財布を見ると5千円札と硬化が570円。

・・・微妙に悔しいが5千円札を手渡す。


今日は職場で100円のコーヒー買おうとする。
ふと財布を開くと1万円札と硬貨99円。

・・・あまりに悔しいので同僚に1円もらいました。

ネギを食べてはいけないのであーる

久々に記事でも書いてみよう。

先週久々に東京に出張してきました。
2年前は関東に住んでいた時期があったので懐かしい風景を眺めながらぶらついていました。

東京に遊・・・もとい仕事に行くので一応東京の知り合いにメールだけ入れていたのですがわざわざ品川駅まで来てくれて昼と夜の食事をそれぞれおごらせ・・・もといおごってくれました。

昼におごってもらったラーメン店でいつものようにラーメンをネギ抜きで頼むと、店長が「ネギは食べ物なんだから抜かねー、抜くのが面倒くさい」等と半ギレでぶつぶつ言ってました。

昔ならこちらもブチ切れて「それならいらねー」とか言って出て行ったと思いますがまぁネギを食わなければいいかと思い、注文することにしました。
我ながら大人になったものだw

味はまぁ普通。当然ネギは残しました。

西大寺裸祭り

日本三大奇祭として有名な(かな?)500の歴史があるこの祭り今年も異様なムードで行われました
( ちなみに私は訳あって会場にはいますが人ゴミや祭りは苦手です)

毎年一度行われ、裸の男たち(ふんどし)の集団が本堂から投下される宝木(しんぎ)を争奪する祭り。
最後は争奪のすえ熱くなっている参加者同士のもめごとも絶えませんがそれ目当ての観客も多そうです。

今年もかなりの参加客がおり、外国人の参加も増加してました。
たしかに内容は外国人向きの祭りです。
中には女性の参加者もおり、さすがにふんどしではありませんが露出度の高い白装束のような姿がいくらか見られ目の保養にはなりました。

http://www.youtube.com/watch?v=4AigWjIiu5g これは以前の状況

相変わらず目の前で見ると相当な迫力です。
本堂と争奪時の不気味とも取れるくらいの熱気と人の集団は異質な印象を受けるでしょう。

毎年裸の集団の中で人同士の圧力からなのか参加者が倒れ、救護班が出動しまくりのこの祭りですが今年も10回前後救護班が出動していて大変そうでした。

他人の目、自分の考え

私は周りから多趣味と言われることが多い。
はたして本当にそうなのであろうか?続きを読む

考える

先日某テレビ番組を見てました。

そのテレビの中で
   脳の微量な電力の違いを利用して
考えただけでゲームのキャラクターを動かす技術が紹介されてました。

手でコントローラーを扱わず頭のてっぺんに直接線を繋げて操作してました。
まだキャラクターを動かすくらいの技術ですが今後は技術が進むにしたがって多くの分野に応用可能でしょう。

未来の人間には「頭と指」しか残ってないという小説が昔ありましたが、この記事を見ていると「頭」しか残りそうにないですね

何にせよ技術の進化はすごいものだ
Profile
道雪(RO:ザボ)
今週の一言
「ここの欄すっかり忘れてたw」
Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ