1988年8月31日

zuen
エルンスト・ツュンデル

   1988年5月31日エルンスト・ツュンデル は、カナダ、トロント市オンタリオ地方裁判所ロン・トーマス裁判官から九ヶ月の禁固刑の判決を受け、即座に投獄された。罪状は十四年前に出版された『本当に六百万人死んだのか?』という歴史検証主義雑誌を配布したことだった。

   エルンスト・ツュンデルは、近年までトロントに住み、グラフィックデザイン、広告デザイン業を営んできた。四十九歳。ドイツに生まれ、ドイツ国籍を保持してきている。ツュンデルの人生が激動したのは、1981年頃に彼が、リチャード・ハーウッドのパンフレット『本当に六百万人死んだのか?』 Did Six Million Really Die ? の再配布を始めたときだった。このパンフレットが世界で初めて公開されたのは、1974年イギリスでのことで、翌年 Books and Bookmen 上では大論争が巻き起こった。南アフリカでは、同国ユダヤ人コミュニティの介入によって禁書扱いとなっていた。
   カナダでは、1985年にツュンデルに対して行なわれた一回目の裁判で、彼は十五ヶ月の禁固刑の判決を受けていたが、1987年判決は無効とされた。1988年1月18日に新たな裁判が開始し、私は裁判の準備と法廷での訴訟の双方に参加した。エルンスト・ツュンデルを弁護するための仕事に私は何千という時間を費やした。


最初の犠牲者フランソワ・デュプラ
 
  既に1967年、フランソワ・デュプラ [訳注:フランスの作家、政治運動家、フロン・ナショナル党創設者の一人(1940~1978)] が、<ガス室の謎>についての記事を発表していた [原注1] 。彼もリチャード・ハーウッドのパンフレットに興味を持ち、再配布を手掛けたが、1978年3月18日に暗殺された。犯行は秘密諜報局によるものとしか判断しようのない高度な技術を要するものだったが、<記憶の守護人>及び<ユダヤ革命グループ>を名乗る者達が犯行声明を発表した [原注2]。
   デュプラの住所を『ネオナチ・ファイル』上に公表したのは [フランスの作家] パトリス・シェロフだった。シェロフは、『ル・モンド』紙のコラムにデュプラ暗殺を正当化する記事を発表し(1978年4月26日、9頁)、デュプラの歴史検証主義的態度について次のようなコメントを行なった:「暗殺はフランソワ・デュプラの自己責任である。死を招く責任というものがある。」
   また、LICRA(人種差別とユダヤ差別に対する国際リーグ)の出版物『生きる権利』の中では、ジャン・ピエール=ブロッシュが、殺人行為を断罪しながらも、同時に歴史検証の道を選ぶ者に対しては、この犠牲者と同じように、同情の余地はないと示唆する態度を表明した [原注3]。


ピエール・ヴィアンソン=ポンテ

   デュプラ暗殺の八ヶ月前、ジャーナリストのピエール・ヴィアンソン=ポンテが、リチャード・ハーウッドのパンフレットに対する激しいバッシングを始めていた。彼のコラムは『噓』というタイトルで[原注4]、上記のLICRA『生きる権利』誌にも絶賛とともに転載された。暗殺の六ヵ月後、ヴィアンソン=ポンテは、パンフレットの攻撃を再開した [原注5]。デュプラ暗殺については口を噤みつつ、歴史検証主義の読者三名の氏名と在住都市を公開し、歴史検証主義者に対する法的追及を呼びかけた。


サビーナ・シトロン対エルンスト・ツュンデル

   1984年、カナダでは、「ホロコースト追悼の責任を担う協会」の責任者であるサビーナ・シトロンが、エルンスト・ツュンデルに対して過激な運動を開始した。ツュンデルの自宅はテロ攻撃の対象となり、カナダの郵便行政は、歴史検証主義文学をポルノ文学と同等とみなし、ツュンデルの郵便送受信を一切拒否した。ツュンデルが郵便送受信の権利を再び取得するには、一年間にわたる訴訟が必要だった。その間、ツュンデル事件の火は収まりかけていた。すると今度は、サビーナ・シトロンの訴えによって、オンタリオ州検事総長がツュンデルを「虚偽の主張(または虚偽の情報)を伝播した」という罪状で起訴したのだ。
   起訴状によれば、被告はリチャード・ハーウッドのパンフレットを配布することによって、言論の自由の権利を濫用し、虚偽の情報を虚偽と承知の上で伝播したという。何故ならば、被告は<[ナチスによる]ユダヤ人の虐殺>と<ガス室>が、実証された事実であることを知らないはずがないから、というものだった。
   またエルンスト・ツュンデルは、パンフレットの内容と同義の文書を自らも執筆・配布していたが、その罪によっても起訴された。


1985年の第一回ツュンデル裁判

   最初の裁判は七週間にわたって行われ、陪審の判決は、エルンスト・ツュンデルの自著に関しては無罪、パンフレットの配布に対しては有罪と下った。ヒュー・ロック裁判官は、ツュンデルに十五ヶ月の禁固刑を申し渡し、トロントのドイツ領事は彼のパスポートを没収した。西ドイツは、ツュンデルに対していわゆる「強制移送」の手続きを始め、その前に、国内全土でツュンデルの交信相手全員を警察に大規模捜査させた。1987年アメリカはツュンデルの入国を禁止した。
   それにも拘わらずツュンデルは、この裁判によって、メディア上の勝利を収めたのだった。七週間の間、あらゆる英語圏のメディアが来る日も来る日も、劇的な暴露に満ちた裁判の内容を報道したからだ。歴史検証主義者という人々が最高の資料と論拠を手にしているのに対して、絶滅主義者達が太刀打ちできず追い詰められる実態が日の目に曝されたのだ。

zue



絶滅主義者のエキスパート:ラウル・ヒルバーグ

   この最初の裁判での検察側のエキスパートは、ユダヤ系のアメリカ人教授ラウル・ヒルバーグだった。このテーマの規範とされる『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』(1961年)の著者である。ポール・ラシニエ  [フランスの歴史検証主義者・元ブーヘンワルト強制収容所捕虜] が自著『ヨーロッパ・ユダヤ人の悲劇』(1964年)で扱った作品だ。
    ヒルバーグは、はじめなんの障害もなく自分のユダヤ人絶滅論を披露した。続いて、ケルティ・ズブコと私自身のサポートを受けたツュンデルの弁護士ダグラス・クリスティによる反対尋問が行なわれた。最初の質問が発せられただけでたちまち、ホロコーストの歴史に関する世界最高権威であるはずのラウル・ヒルバーグが、アウシュヴィッツはおろか、[ナチスの] 強制収容所を一箇所たりとも調査した経験のない事実が判明した。著書を刊行した1961年以前にも、以後にもである。1985年には、三巻からなる同書の改訂・修正・増補版の刊行が大々的に発表されていたのにも拘わらず、彼はなおも強制収容所を調査したことはなかった。たった一度1979年にセレモニーに参加するためアウシュヴィッツに赴いたことがあるだけだった。研究テーマにかかわる現場やアーカイヴを確かめる好奇心など、彼はこれっぽちも持ち合わせていなかったのだ。<オリジナル>の状態であろうと、廃墟になったものであろうと、ヒルバーグは、生涯に一度たりとも<ガス室>を目にしたことはなかったわけである(廃墟というものは、歴史家にとっては常に饒舌なものだ)。
   また彼は、<ユダヤ人絶滅政策>と研究書の中で彼が呼んでいるものについて、計画書も、執行組織も、中枢機関も、予算も、検査機関も存在したためしのないことを認めざるを得なかった。さらには1945年以来、連合国は殺人用のガス室の存在を証明するために一度も<凶器>の鑑識を行なったことがないことも認めなければならなかった。毒ガスを使用した捕虜の殺害を証明する検死報告も存在しないのだ。
   ラウル・ヒルバーグは、ヒトラーがユダヤ人絶滅の指令を下し、ヒムラーが1944年11月25日(なんたる詳細!)にこれを停止させる指令を出したと断言しながら、これらの指令書を提示することさえできなかった。弁護側が、彼の著作の改訂版には、ヒトラーの指令に関するくだりは保持されるのかと尋問すると、答えは「イエス」だった。だがそれは噓だった。偽りの宣誓を行なったわけである。というのも、新たに刊行された版の序文は1984年9月付けとなっているのだが、本文内のヒトラーの指令に関する箇所は、ことごとく削除されていたのだから [原注6]。
   弁護側は、ドイツ人が計画書もないまま、いかにして数百万人のユダヤ人の虐殺という壮大なプランを実行できたのか説明を求めると、ヒルバーグは、ナチスの様々な機関の中での「官僚同士の心中の合意による信じ難い以心伝心による (an incredible meeting of minds, a consensus mind-reading by a far-flung bureaucracy) 」と答えたのだった。



証人アーノルド・フリードマン

   検察側は、<生残り>の証言に期待していた。細心の注意を払って選り抜かれた<生残り>証人達だった。彼等こそ、ガス殺人が準備され、実行される過程をその目で見たことを証言してくれるはずだ。戦後、ニュルンベルク裁判(1945~46年)、イエルサレム裁判(1961年)、あるいはフランクフルト裁判(1963~65年)といった一連の裁判は、必ずこのような生き証人を召喚してきたものだ。しかしながら、私自身がしばしば指摘してきたように、ガス殺そのものに関する彼等の証言に対して反対尋問を行なう勇気、または能力のある弁護士は、これまで一人もいなかったのだ。
   1985年、トロント裁判の被告弁護士ダグラス・クリスティ弁護士は史上初めて、(私が用意した)地図や建物の設計図、またガス殺に使用されたというガスの性質や、火葬炉や火葬台の稼働能力に関する科学的資料を参考にして、証人達に説明を求めたのだ。この試練を無事にくぐり抜けることのできた証人は一人としていなかった。特にアーノルド・フリードマンという証人は、問い詰められ、答えに窮した末に、自分は確かにアウシュヴィッツ・ビルケナウにいたが(しかもそこでは強制労働は一度限り、ジャガイモの荷卸をさせられただけだった)、ガス殺に関しては、話に聞いたことを繰り返しただけだと打ち明けざるを得なかった。



証人ルドルフ・ヴェルバ

   ルドルフ・ヴェルバという名の証人は、世界中に名を馳せている。ユダヤ系スロヴァキア人で、アウシュヴィッツとビルケナウに捕囚されていた。彼の語るところでは、1944年4月にフレッド・ヴェッツラーなる人物と共に脱走し、スロヴァキア帰国後、アウシュヴィッツ及びビルケナウ強制収容所の火葬炉と<ガス室>なるものについての報告書を作成した。ヴェルバの報告書はスロヴァキア、ハンガリー、スイスのユダヤ人団体の仲介によって、ワシントンに届けられ、1944年11月に発表された名高い『戦争難民評議会報告書』のベースとして用いられた。連合軍側で<戦争犯罪>を追及するあらゆる組織、又<戦争犯罪者>を告訴する裁判を担当するあらゆる検察官は、こうしてナチスの強制収容所に関する公式報告書を手にすることになったのだ。
   ルドルフ・ヴェルバはやがてイギリス国籍を取得し、自伝 『私は許さない』 I Cannot Forgive を発表した。1964年に出版されたこの本の真の著者は序文を執筆したアラン・ベスティック自身だった。その序文の中でべスティックは、「(ルドルフ・ヴェルバ)の細部に対する並々ならぬ配慮」と「正確に物語ることに対する彼の熱狂的とさえ言える細心の敬い」を絶賛していたのだ。
   1964年11月30日、ヴェルバはフランクフルト裁判で証人として証言を行なった。その後カナダに移住し、カナダ国籍を取得。アウシュヴィッツをテーマにした数々の映画、特にクロード・ランズマン『ショア』に出演している。まさに1985年のツュンデル裁判で容赦ない反対尋問を体験するまでは、飛ぶ鳥も落とす勢いだったわけだ。だがツュンデル裁判で、この詐欺師の仮面は剝がされた。1944年に彼の作成した報告書にある<ガス室>や火葬炉の数も、位置も、すべてが彼の作り話であることが発覚したのだ。
   1964年の彼の著書は、ヒムラーが1943年1月にビルケナウ収容所の新たな<ガス室>付き火葬炉の落成式に訪れるシーンから始る。ところが実際にはヒムラーが最後にビルケナウを訪問したのは1942年7月であり、1943年1月には新たに建設中だった火葬炉群の最初の一基さえ、完成からは程遠い状態にあった。
   またルドルフ・ヴェルバは、特別な記憶術と偏在術のおかげで、1942年4月から1944年4月の25ヶ月間の間に、ビルケナウ収容所だけでも176万5千人のユダヤ人(そのうち15万人はフランス出身)がドイツ人に<ガス殺>されたことを計算できたそうだ。ところが、セルジュ・クラースフェルド [ユダヤ系フランス人の弁護士・歴史家] は、1978年に出版した『フランス・ユダヤ人強制移送の回想録』の中で、大戦の全期間を通じて、ドイツが全強制収容所に強制移送したフランスのユダヤ人の総数が7万5千721人であると結論しているのだ。ここで何よりも深刻なのは、ヴェルバが挙げた176万5千人という、ビルケナウで<ガス殺された>ユダヤ人の数が、ニュルンベルグ裁判の書類(L-022)に採用されたことである。
   詐欺師ヴェルバは、エルンスト・ツュンデルの弁護士クリスティーに四方八方から攻められ、とうとう法廷で、自著が<詩法上の破格語法>licentia poetarum 、つまり詩人に許されるフィクションの範疇で解釈すべきものだと告白したのである。つい最近ヴェルバの本は、フランスでも刊行された。フランス語訳版では、著者名は「ルドルフ・ヴェルバとアラン・べスティック」になり、アラン・べスティックの手による熱狂的な序文は姿を消した。そしてエミール・コプフェルマンの手短な紹介文の中で「ルドルフ・ヴェルバの同意のもと、英語版に含まれる二つの付記は削除された」と断られている。この付記のせいで著者が1985年のトロント裁判で苦境に立たされる羽目になった事実については触れられていない。


第二回ツュンデル裁判(1988年)

   1987年1月、五名の高位司法官から構成される法廷が1985年の裁判の無効を決定した。その理由は、裁判官のヒュー・ロックが陪審の選抜において被告側にいかなる保証も認めなかったことと、また陪審が裁判官によって裁判の意義そのものを誤解させられていたことだった。
   私個人は、これまでの人生で、粛清時代のフランスのものも含めた相当な数の裁判を経験してきたが、ヒュー・ロックほど不公正で、権威主義的、乱暴な司法官には出会ったことはない。
   アングロ・サクソン圏の法廷はフランスのものに比べて、遙かに多くの保証を提供するものだが、たった一人の司法官によって、最高のシステムすら失墜させることが可能なのだ。ヒュー・ロックとはまさにそのたった一人の司法官だった。
   二度目の裁判は1988年1月18日にロン・トーマス裁判官の指揮下で開始した。ロン・トーマスは、ヒュー・ロックの友人だそうだ。激しやすく、被告に対する敵意の露わな人物だったが、前任者よりも巧妙だった。また五人の高位司法官が監視の目を光らせていたため、ある程度手綱は握られていた。
   ロック裁判官は1985年の裁判で、被告弁護側の証人や専門家が自由に証言を行なうことに幾度となく制限を加えたものだった。例えば私はアウシュヴィッツで撮影した写真を使うことも、化学的・地理的・建築学的立場からの論拠を展開することも禁じられた(アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所の火葬炉の地図を世界で初めて公開したのは私自身であるにも拘わらずだ。) またアメリカのガス室について語ることも禁止、アウシュヴィッツ及びビルケナウ収容所の航空写真を用いることも許されなかった。名高い化学者ウィリアム・リンゼイでさえが、その証言に制限を加えられた。1988年のロン・トーマス裁判官は、被告弁護側にずっと自由に証言させたが、原告側の要請に従って、当初から陪審を束縛する性質の決定を採択していた。


ロン・トーマス裁判官の「法的通知書」

   アングロ・サクソン圏の法廷では、あらゆる事柄は実証されなければいけない。ただし、幾つかの自明の事実(<公知の事実>)は例外とされる(例えば「イギリスは王制である」とか、「イギリスの首都はロンドンである」、あるいは「日が昇ると夜が明ける」等と言ったものだ)。そのため裁判官には、原告または被告側の要請に従って、こうした<公知の事実> (judicial notice) について「法的通知書」を作成することが求められる。
   検事のジョン・ピアーソンは、裁判官にホロコーストに関する「法的通知書」の作成を要請した。つまりこの用語の定義を行なわれなければならないことになったのだ。おそらく弁護側の介入がなければ、裁判官は、ホロコーストという用語の定義を、まさに1945~46年と同様に行なっていただろう。45~46年当時には、<ユダヤ民族の虐殺>(ホロコーストという表現はまだ使用されていなかった)と言えば、「指令に従った六百万人のユダヤ民族の特にガス室を使用しての計画的抹殺」という風に定義することができただろう。
   しかし今回、原告側にとっての頭痛の種は、被告側が裁判官に、1945~46年以降、絶滅主義的歴史家達自身の間で、ユダヤ民族絶滅についての考えが大きく変化していることをあらかじめ伝えていたことだった。そもそも絶滅主義者達は、「絶滅させた」ではなく「絶滅させる意向があった」と表現するようになっていた。さらに彼等は、「これ以上ない専門的な調査にも拘わらず」、ユダヤ民族の絶滅を命じる文書の片鱗すら発見されないことを認めざるを得なくなっていた。ついには「絶滅意向主義者」と「絶滅主義者」との間で分裂が起こったのだった。ユダヤ民族を絶滅させる意図を証明する証拠がないと皆が口を揃える中、前者は、それでもやはりナチスドイツにはそのような意図があったことが推測されると主張し、後者は、絶滅政策はローカルで無秩序な個人的イニシアチヴの下に実施された、つまり実際の行為が起こることによってある種の組織が形成されたのだ、と主張するようになったのだ。
   また六百万という数字は、象徴的なものであることが明らかにされ、<ガス室問題>をめぐっては様々な対立する立場が発生している、といった情報の山に、ロン・トーマス裁判官は明らかに虚を衝かれた。彼は慎重を期し、しばらく考えてから、次のような定義を採択した:ホロコーストとは、国家社会主義の手による「大量のユダヤ人の絶滅/及び/又は虐殺」のことである。
   この定義には特筆すべき点が複数ある。絶滅命令又は計画という表現、あるいは<ガス室>や六百万という表現が消えたのだ。ホロコーストという用語から大部分の中身が削がれ、この言葉はほとんど意味を失いかけた。いったい「大量のユダヤ人の虐殺」とは何か(裁判官は慎重に、”ユダヤ民族の虐殺”ではなく、”大量のユダヤ人の虐殺”と表現した)。この定義ひとつを取っただけでも、1945年から1988年にかけて、歴史検証主義者達が達成した進歩を確認することができるのだった。


ラウル・ヒルバーグ、再度の出廷を拒否する

   1988年第二回の裁判では、検事のジョン・ピアーソンにとって不都合な事態が発生した。度重なる懇願にも拘わらず、ラウル・ヒルバーグが再び法廷で証言することを拒否したのだ。
   ピアーソン検事とヒルバーグが文通していることを風の便りに知った被告弁護側は、その遣り取りの公表を要求し、これは受諾された。こうして我々が目にすることができた特に「親展」扱いの一通の書簡の中で、ヒルバーグは、1985年の法廷での尋問が彼に取って決して良い思い出ではないことを打ち明けていたのだ。彼は、被告弁護士ダグラス・クリスティーから、当時と同じ点について再び攻撃されることを危惧していた。書簡の文を文字通り引用すると、ヒルバーグは「[被告弁護側が、] 前回の私の証言と、1988年に私が新たに答える可能性のあることとを比較して、まったく些細な点であろうと、表面的な矛盾を指摘することによって私を罠に陥れようとする ( every attempt to entrap me by pointing out to any seeming contradiction, however trivial the subject might be, between my earlier testimony and an answer that I might give in 1988 ) 」ことを恐れていると書いていた。実際、ラウル・ヒルバーグは、既に上述したように1985年に典型的な偽りの宣誓を犯しているため、当然、それを断罪されることを恐れなければならない立場にあったのだ。


検察側エキスパート、クリストファー・ブラウニング

   ラウル・ヒルバーグに代わって、彼の友人で、ホロコーストを専門とするアメリカの教授クリストファー・ブラウニングが登場した。エキスパートの肩書きを認可され(何日にもわたってカナダの税金から時給600フランという報酬を受け取った)ブラウニングは、リチャード・ハーウッドのパンフレットの内容がデタラメであり、ユダヤ民族絶滅の意図は科学的に実証された事実であることの立証を試みた。結果は惨憺たるものだった。反対尋問で被告弁護側は、彼を論破するのに彼自身の論拠を利用した。
   最初胸を張って仁王立ちしていたこの無邪気な大先生は、裁判の日が経つにつれて、証言台の向こうで立ち上がることもできなくなり、間違いを指摘された生徒のように身を縮めていった。そしてとうとう服従しきった小声で「まったくこの裁判では、歴史学の知識について実に学ばされることが多い」と打ち明けるに至ったのだ。
   ラウル・ヒルバーグと同様、この教授も強制収容所を実地調査したことは一度もなかった。<ガス室>と言われている施設を一つも訪れたことはなかった。この“凶器”に関する鑑識を探そう、要求しようなどという考えは、一度も彼の脳裏をよぎったことはなかったのだ。
   自著の中で、殺人用のガス室を搭載したトラックについて大々的に論じているのにも拘わらず、本物の写真も、設計図も、技術的研究も、鑑識も提示することができなかった。ドイツ語のGaswagen(ガス車)、Spezialwagen(特別車)や、 Entläusungswagen(虱駆除車)と言った単語が、まったく無害な意味を持つことがありえることすら、彼は知らなかった。技術上の知識は皆無だったし、アウシュヴィッツ収容所の航空写真を確かめた経験すらなかった。また、ガス殺について告白したルドルフ・ヘスらのドイツ人が受けた拷問についてもまったく何も知らずにいた。幾つかのヒムラーの演説やゲッペルスの日記に寄せられる疑惑についても無知だった。

   戦争犯罪人裁判の大ファンである彼は、ひたすら検事ばかりにインタビューを行い、弁護士に質問をしたことは一度もなかった。ニュルンベルク裁判議事録に関する彼の無知ぶりは、目を覆わんばかりのものだった。旧ポーランド総督ハンス・フランクが、自分の<日記>や<ユダヤ人絶滅>について法廷で述べた内容について読んだことすらなかったのだ。許され難い手落ちである。
   ブラウニング教授は、ハンス・フランクの<日記>に書かれた内容こそが、ユダヤ人絶滅政策が存在したことの押しも押されぬ証拠だと信じ込んでいたのだ。この<日記>内に、「断罪」できる文を発見したと思っていた。ハンス・フランクが、およそ1万1500ページからなる個人的事務日記中の何万という文の中から選抜されたこうしたタイプの文に対して、ニュルンベルク法廷で釈明を行なっていたことを、彼は知らずにいた。そもそもハンス・フランクは米軍が彼を逮捕しに来た時、自発的にこの<日記>を差し出したのだ。旧総督の供述を読んだ者にとっては、その信憑性には疑いの余地はなく、引用文の朗読を聞かされたブラウニングは、微塵も反論を試みようとしなかった。

   だが彼の生き恥はまだ終わらなかった。

   彼は自分の理論を立証するために、1942年1月20日に開催されたヴァンゼー会議の議事録から一文を引用し、自ら訳を付けていたが、それが大変な誤訳だったのだ。そのために彼の理論そのものが成り立たなくなっていた。
   最終的に、ブラウニングが解説した<ユダヤ民族絶滅政策>なるものは、ラウル・ヒルバーグのものと五十歩百歩だった。ブラウニングによれば、ヒトラーが<頷く>(the nod) ことで合図が送られたというのだ。つまりドイツの総統は、ユダヤ民族を絶滅させるための文書による命令文も口頭による指令も必要としせず、ただ<頷く>だけで、作戦は開始され、その後も連続して<合図> (signals) を送るだけで、誰もが総統の意向を理解したそうである!


シャルル・ビーデルマン

   検察側に召喚されたもう一人のエキスパートは、赤十字国際委員会(ICRC)代表で、西ドイツ、バード・アロールセンに置かれた国際調査局(ITS)の事務局長、スイス人シャルル・ビーデルマンだった。後者は、国家社会主義政権下の犠牲者、特に強制収容所元捕虜達の個人的運命に関するとてつもない量の情報を保有する機関である。バード・アロールセンにこそ、第二次世界大戦中に死亡したユダヤ人の本当の数を突き止める資料があると言うのが私の意見だ。本当にそれを突き止めようという意志さえあれば。

   しかし検察側は、このエキスパートが所持している宝の山を自分達の有利に利用することがまったくできなかった。逆に弁護側の反対尋問が、再び多くの得点を稼いだのだった。
   ビーデルマンは、ドイツの強制収容所に殺人用のガス室が存在したという証拠を赤十字国際委員会は一度も発見したことのないことを認めた。1944年9月にアウシュヴィッツ収容所を視察した国際赤十字代表団の一人はむしろ、ガス室という風評が多かれ少なかれ存在するに過ぎないという結論に達していた。
   ビーデルマンは混乱の末、<絶滅収容所>という表現を国家社会主義者が使用したものであるとしたのは誤りであると認めた。<絶滅収容所>という表現が、実際には連合国が捏造したものであることに、彼は気づかなかったのだ。また彼は、赤十字が、戦中も戦後も公正な立場を保ったと主張したが、我々はその反対を証明することに成功した。戦後、赤十字は連合軍に口裏を合わせたのだった。
   ビーデルマンは、戦争末期及び戦後にドイツ人が体験した残虐極まりない状況に関する赤十字の報告書を知らないと主張した。欧州東部の少数民族だったドイツ人達の大量強制移送についても、<大崩壊> [赤軍を前にした東部ドイツ民族の悲劇的逃走、数百万の死者を出した] 時の惨劇についても、ドイツ兵の大量処刑についても、特に1945年4月29日アメリカ軍にダッハウ強制収容所を引き渡した520名のドイツ兵及び将校の銃、機関銃、シャベル、ツルハシによる虐殺についても、赤十字はいっさい資料を保有していないそうだ。
   またITSは、ドイツの強制収容所に収監されていた刑事犯罪者さえも、<ナチスドイツによる迫害者>の数に含めていた。ITSは<アウシュヴィッツ博物館>(共産党組織)が提示するデータを盲信していた。1978年以降、ITSは、歴史検証の研究を妨げるために、歴史家及び研究者への門戸を閉じた。閲覧を許されるのは、ITSの活動を監視する十カ国(イスラエルを含む)から特別許可を得た者だけである。ITSは今や、これまで行なってきたように各収容所で死亡した捕虜の統計を作成することも禁止されている。年間活動に関する貴重な報告書も、研究者にはなんの意味も持たない最初の三分の一を除いては、今後は一般には公開されなくなった。
   1964年のフランクフルト裁判で漏洩した情報が正しいことを、ビーデルマンは認めた。その情報によると、アウシュヴィッツが解放された時、ソ連とポーランドは、この三十九の収容所と付属収容所から成る複合施設全体での死亡記録簿を発見していたのだ。それは全三十八~九巻からなる記録簿だった。そのうちの三十六~七巻はモスクワに保管され、ポーランドは<アウシュヴィッツ博物館>に残りの二~三巻を保管し、そのコピーをアロールセンのITSに送付した。ビーデルマンは、ITSがコピーを所持しているこの数巻に記載された死亡者数すら公開することを拒否した。アウシュヴィッツ収容所死亡記録簿に掲載された数値が公けになった暁には、この収容所での数百万の犠牲者という神話が崩れ去ることは明らかである。


検察側、<生残り証人>を召喚せず

   裁判官は検事に、<生残り>を証人として召喚したか尋ねると、答えは「否」だった。1985年の第一回裁判における経験が、あまりに苛酷だったためだ。<生残り>証人への反対尋問という試練は、検察側にとって大打撃だったのだ。
   残念ながら1987年にフランスで行なわれたバルビー裁判や、1987~88年イスラエルで行なわれたデムジャンジュク裁判では、カナダのダグラス・クリスティー弁護士が1985年の第一回ツュンデル裁判で披露した手腕を見習える弁護士は、一人もいなかった。ダグラス・クリスティーは、<ガス殺>が行なわれた行程について的確な反対尋問を行なうことによって、<絶滅収容所神話>をその根本から解体することが可能であることを、証明したのだった。

(後半に続く)


[原注1]『西洋擁護』 Défense de l’Occident, 1967年6月, 30~33頁
[原注2]『ル・モンド』紙、1977年3月23日 1977、7頁
[原注3]『ル・モンド』紙、1978年5月7~8日
[原注4]『ル・モンド』紙、 1977年7月17~18日、13頁
[原注5]『ル・モンド』紙、「噓(続き)」、1978年9月3~4日、9頁
[原注6]  この件については、クリストファー・ブラウニングの書評『検証されたヒルバーグ』The Revised Hilberg, 294頁を参照のこと。