消費者金融を利用した時の体験ブログ

消費者金融はとっても便利です。
いざというときにすぐにお金を借りれるし、誰にも内緒で借りられます。

でも、絶対に気をつけていなければならないことがあります。
今、自分がいくら借りているかを把握することです。
最初に安易に手を出してしまうと、あまりにも簡単で利息を計算してもこのくらいなら簡単に返せると思ってしまい、どんどん借り入れを増やしてしまうというパターンがあります。
その場合、いつまでに返済した場合に総額でいくら支払うことになるのかを把握しておくのは意外と難しくなります。

また返済するときには、元本からではなく利息から返済していくことになります。
つまり少額を返済していくだけではいつまでたっても元本を返済してないことになるのです。
この点に注意しておかなければなりません。
利息をいくら返しても借金は減るどころか永遠と利息ばかりを返済するサイクルになってしまいかねないのです。
気がつくと借金が思った以上になり、毎月の返済では追いつかなくなります。
そのうちに利息が膨らみ、こんなはずじゃなかったと毎日の支払が圧迫してきます。
その前に、実際いくらなら借りれるか、利息を最小限に抑えるためにいつ払うことが出来るのか、確認しましょう。
キャンペーンなどで初回一定期間なら利息なしなどものもありますので、よく調べて活用しましょう。

費者金融は即日融資をうたっているところも多く、コンビニエンスストアのように便利にお金を借りることができます。 また、自宅のパソコンでオンラインでの申し込みもできます。 その手軽さゆえ、お金を借りているという意識を失い、いろんな会社から融資を受けてしまう場合があります。 消費者金融を利用するときに注意したいのが複数利用です。 消費者金融は多くの会社が営んでいる金融業です。 そのため、会社ごとの経営方針はもちろんのこと、ローン返済日や金利の方式、返済方法などが異なってきます。 そうすると、どうしてもローンの返済について把握することが難しくなり、そえゆえに本当に返せるかどうか精査しないまま、新しい消費者金融に申し込みをしてしまうことも少なくありません。 消費者金融に限らず、お金を借りるにあたっては、きちんと家計の状態を精査する必要があります。 しかし、その利便性があだとなり借りてしまい、今の会社が借りられなくなると、金利は高いけど融資してくれる消費者金融に行ってしまいがちです。 そうなると、もう利用者は盲目状態になり、どんどん融資をお願いしてしまうことになります。 消費者金融を複数利用するときには、きちんと確認をすることが大切です。

手軽に借りることのできる消費者金融は、わたしたちにとって身近な存在となりつつあります。
それゆえ、ついつい消費者金融を利用したり、カードを作成したりしてしまいますが、次にお金を借りるときに、消費者金融の履歴がネックになってしまうことがあります。  

実際、消費者金融で返済の遅延などがあると、俗にいうブラックリストに載ってしまう場合があります。
消費者金融はその手軽さから、ついつい融資をしてもらい、返済期限を忘れてしまうということが少なくないようです。
そうなると、延滞履歴のある人間としてチェックされてしまい、新しいローンが組めなくなってしまいます。  

また、遅延はしなくとも、こういった金融会社のキャッシング枠を持っていると、借金をできる可能性があるとして、次の審査に響く場合があります。
特に住宅ローンなどの多額の融資は、消費者金融と比べて審査が難しい場合があります。
そのため消費者金融から多くの借り入れがあるために断られてしまったというケースも少なくありません。
それゆえ、むやみに消費者金融から借り入れをするのは注意が必要と言えるでしょう。  
消費者金融からお金を借り入れるときには、本当に必要なものか考えてからにしましょう。

消費者金融からお金を借りることは、悪いことであるというイメージがずっとあります。
アコム、プロミス、無人君などいろいろありますが、金融機関といっても銀行とは違います。
三井住友銀行やりそな銀行などから借りるお金は、利子率が低く抑えられていますが、アコムやプロミスの場合にはそれが10%を超えています。

たとえば利子率15%は、100万円を借りたら15万円余分に返す必要が出てきてしまうことで、十分返せるかどうかが肝心です。
銀行よりも、消費者金融のほうが借りやすいようですが、銀行からお金を借りれない人が消費者金融から借りてお金を返せるかどうかというと不安定なところがあります。
通常は、お金を借りるときには、利子率の低い銀行から借りるため、わざわざ消費者金融に手を出すまでもないのです。
イメージとしては、破綻寸前の人とか、ギャンブルにはまってもうちょっとお金を借りたい人、などが消費者金融のATMへ行って借金契約をするといったことが考えられます。

誰も金銭的にあてにならないとき、もうちょっとお金があれば・・と思うことはあります。
そこで借りたら、あとあと四苦八苦することになるんでしょう。
夜逃げとか、借金取りに追われているとか、ネガティブな事柄の代名詞に聞こえます。

消費者金融、ほんとうはどこもお勧めできないんですよね。
金利がどんなに低いといっても、銀行に預ける金利が0.01%とか、それくらいしかない時代に、3%くらいからの金利ですからね。
複利計算なので、金利20%で返済しない場合、4年で借金が倍になることになります。
いかに、借りるリスクは高く、元本を減らしていくのが難しいか、考えてみてください。

まずは、ある程度のお金を貯蓄して、そこから使うことを考えてほしいんですけど、今の若い人達の中には、貯蓄がゼロっていう人達も、少ないんだそうで、今の経済状態の厳しさがうかがえます。
消費者金融を使う際の注意としては、まずは必ず貸金業登録がされている業者を選ぶのが基本。
そういった所は登録番号というものが載っていますし、貸金業協会等にも加入しています。
そうでないところは、闇金融なので、絶対にやめましょう。
金利は低ければ低いほどいいですね。
そういった会社は審査が厳しい場合もあるかもしれませんが、高い金利を払い続けていくことを考えたら、少々の手間は我慢するくらいの覚悟を。

初めて利用する人などに、無利息期間があるような消費者金融もありますので、そういったところを上手に利用して、なるべく早く、収入が入ってきたらパッと返す、そんな使い方をしてほしいです。
ネットバンクを利用した返済ができるかどうかも、チェックしてみましょう。

消費者金融からお金を借りようとする時には、まずどこの消費者金融から借りるのかを決めなければなりませんね。
各々の消費者金融にはそれぞれ魅力的なサービスがあることと思います。
しかし大抵の場合、まず目にいくのは利息や金利の数字ではないでしょうか。
3%とか18%など、良く見かけますよね。
そして大抵の場合、注目するのが最低金利です。
できるだけ安く借りたいのですから、最低金利に目が行くのは当然のことでしょう。

しかし、安易に最低金利が一番安いから・・・といった理由で消費者金融を決めない方が良いです。
なぜなら、その最低金利が適応されるのは、その金融会社の最高枠の金額を借りなければ適応されないからです。
この辺をよく理解して、借りるのであれば問題はないと思います。
しかしよくわからずに借りてしまうと、金利が3%のはずなのに、18%だった・・・なんてことにもなりかねませんね。
早く借りたい急いでる人などは、特にそういうことに合いやすいかもしれません。

まずは落ち着いて、自分の借りたい金額に対して一番安い金利の所を選ぶことを考えましょう。
50万や100万以下ですと、だいたい18%の最高金利に近い利息を取られるので、その辺も理解しておくと良いですね。

消費者金融は、私にとっても非常に便利なシステムです。
定期的な出費や、急な出費など色々な場面で活躍します。
コンビニATMを使う際でも、郵便局や、銀行は利用時間や利用可能日が最近では、かなりシビアになってきました。
その点消費者金融は、融通が利くので安心です。
という事で、結構多様する方だと自分では思っていますが、それなりにいくつかの注意点がありそれを自主的に守っています。
それは、返済期日です。
期日を過ぎれば、当然ながら追徴金が課せられますがそうではなく、通常の返済日が重要となります。
毎月の返済日にどれくらい前倒しできるのか?
前倒しというのは金額ではなく日数、そしてそれが重要です。
とはいっても結局は早め早めの返済という事になるのですが、そのちょっとした努力が、元金充当額と、利息充当額の割合を左右します。

そして、多少返済に余裕がある時は、少し多めに返済する事も重要です。
こちらの場合は、先ほどと違い日数ではなく金額です。
少ない返済額で長く、そして多くの資金を調達できる便利なシステムですが、あまりその少ない返済額に甘えると最終的な返済金額が元金を大きく超えてしまいます。
日常の中で、余裕があれば出来るだけ返済をこまめにする事。
それが私の消費者金融利用時の注意点です。

消費者金融は、申し込み時に審査があり、それに通らないとお金を借りることが出来ません。
しかし、その後は返済が滞るようなことが無い限り、借入限度額内であれば何度でも借り入れをすることが出来ます。
 しかも、コンビニにあるATMでお金を借りたり、インターネット上から借り入れの申し込みをして、銀行口座に入金してもらったりと、消費者金融の窓口に行ったりする手間なく借りることが出来るので、利用し続けていくうちにお金を借りることがずいぶん簡単なことに思えてくる場合があります。

以前は、お金が無ければなんとかやりくりする、不用なものを処分してお金を作る、などの工夫をしていた人も、無ければ借りればいいという感覚になってしまうと、多重債務に陥ってしまうこともあります。
こういったことを防ぐためには、借り入れをする場合には本当に必要な金額をよく考えて、余計なお金は借りない、また常に借り入れ残高を把握しておいて、返済がきちんと出来るかどうかもよく考えることが必要です。

消費者金融は、銀行のローンよりも優れている点も多くあり、使い方によってはお得に便利に使える物ですので、使う場合は計画的にということを忘れずに利用するようにして下さい。

好きな時にスピーディにお金を借りる手段として、消費者金融で借りる方法があります。
消費者金融では、比較的甘い審査で、簡単に借りることができるので便利で人気があります。

しかし注意しなければならない事も沢山あると思います。
まず、借りたいを思って審査申込するわけですが、申し込めば絶対に審査が通るとは限らないということです。
各々の消費者金融では、借りられる人の条件が必ずありますから、まずはその辺りを良く調べて、自分が借りられる人の条件に当てはまっているかを考える必要があります。
大抵の場合は、年齢、日本居住者かどうか、定職はあるのか、他に負債は無いのか・・・等の項目で条件があります。
借りられる金額も、一人一人違ってきます。
どれか一つでも、条件に当てはまっていなければ、審査に落ちて借りることはできないでしょう。
審査に落ちたら、別の所で借りれば良い・・・と思うかもしれませんが、審査ブラックというのがあって、審査を続けて何度か落ちるとブラックリストに載ってしまう危険性もあるのです。
そうなるとますます借りられなくなってしまいますから注意が必要です。

消費者金融で審査申込をする前に、自分が条件に当てはまるかどうかをよく調べてから、申し込みをすると良いでしょう。

あなたは、消費者金融を利用されたりすることはありますか?
もし、これから利用しようと思われているのなら利用前に注意し なければいけない点があります。

 まずは金利です。ここは一番始めにチェックしないといけない所 ですね。
金利は、法律で「年利29.2%」までと定めれられていま す。
ここが守られていないとまず信用できない会社と言えますし、も しこのような会社でお金を借りた場合は利息がいくらつくか全く 予測できません。
 中には、数日間借りていただけで借りた金額の半分ほどの利息 が付いたという話もあります。
20万円借りたとしたら、1週間で10 万円の利息が付くという感じですね。
ということは、一ヶ月で借り た額を超えてしまいます・・。
こんな違法な上に無茶苦茶な会社もまだ存在していると言いま すから、まずは金利がしっかりと表記されているかをチェックす る必要があります。

 それから、会社の電話番号などがしっかりと書かれているかも ポイントです。
間違っても携帯電話の番号しか書かれていない 所から借りてはいけません。
しっかりした会社ならそんなことは しないはずですから。

後は、あなた自身ですよね。しっかりとした返済計画を立てずに 何となく借りてしまうような事をすれば、いくらしっかりとした会社 で借りたとしても、大変な事になってしまいますからね。
目安としては、あなたの収入の2割くらいまでしか借りないように すれば基本的には問題ないんじゃないかなと思います。
消費者金融を利用すると凄く便利ではありますが、以上のよう な注意点を守っていないと取り返しの付かないことにもなりかね ませんから、借りる前にはチェックをしすぎるくらいでちょうど良 いと思いますよ。

このページのトップヘ