2007年09月17日

飼い方

犬の上手な飼い方について
上手な飼い方の説明を読むと「社会性を身につける」などとよく言われています。
では社会性とはなんでしょうか?

人間でも社会性がなく人付き合いの下手な人のことを
「内弁慶」といいます。
外ではおとなしいが家の中で手のひらを返したように家族の前では我がままで傲慢な態度をする人のことをいうのではないでしょうか。

犬の場合も同じで子犬のころにまったく外へ連れ出さずに育てるとまさに内弁慶になってしまうのではないでしょうか。

社会性を身につけさせる飼い方とは適度に外へ連れ出し飼い主以外の人に触れられたり自分以外の犬との交流をはかることが社会性を身につけるということではないでしょうか。

多少怖い思いはするかもしれないけど世の中には強い相手もいれば優しい人もおりさまざまな体験をすることで立派な成犬になるのではないでしょうか。

可愛い子には旅をさせろといいますが子犬にも同じことがいえると思います。
http://m-pro.org/%8e%94%82%a2%95%fb/

しつけ

しつけのし易い犬種について。
犬種によってしつけのし易いタイプとしつけが難しいタイプがあります。
しつけの難しい犬種を上手に手なずけるというやりがいもありますが問題犬育ってしまったらどうしよう・・と言う人は比較的しつけのし易い犬種を選んでください。

トイプードル
人なつっこい性格で頭もいいトイプードルはしつけがし易い犬です。
しっかりしつけると子供さんらのよき遊び相手になってくれるのではないでしょうか。

マルチーズ
子犬のころから外へ連れ出して社会性を身につけることで比較的しつけがしやすくなるのがマルチーズです。飼い主への集中度が高いのでよくいうことをきく子に育つと思います。

しつけのし易さといえばレトリバーなどの大型犬を思い浮かべますが小型犬は小さいくせにいうことを聞いてくれないというのが一般的な意見ではないかと思います。

上手にしつけるには子犬のころに愛情をたっぷり注ぎよく対話することで解決できるのではないかと思います。
http://m-pro.org/%8e%94%82%a2%95%fb/




無駄吠え

近所迷惑や家族構成などで無駄吠えが出来るだけ少ない犬をお探しの方もおられると思います。犬の性格にもよりますが犬種の特性として無駄吠えが少ない犬を選んだ方が間違いないと思います。
小さい犬ほどよく無駄吠えすると昔からいいますが室内で飼うような小型犬は往々にして無駄吠えが多いのではないかと思います。
その中で比較的に無駄吠えの少ない犬をご紹介させていただきます。

パグ
運動量の少ない犬種としても紹介させていただきましたがパグは無駄吠えの少ない犬としても有名です。

シーズー
同じくシーズーも無駄吠えの少ない犬種です。中国の愛玩犬は無駄吠えが少ないの?と思えるほどです。

テリア系やスピッツ系などは元々吠えることが仕事として育てられているので吠えるなというのが無理かもしれません。

どうしても無駄吠えが気になるようであれば大型犬をお勧めします。
http://m-pro.org/%8e%94%82%a2%95%fb/

運動量の多い犬と少ない犬

犬を飼うときにその犬種の運動量も非常に重要な要素だと思います。
子供さんと一緒に遊びまわりたいとかアジリティなどの競技にも参加したいと思われる方。シニア世代になり子育てが終わったご夫婦が癒しを求めて犬を探される場合。
などなど飼われる人の目的によって犬種の運動量が大切になります。

運動量が豊富な犬

ジャックラッセルテリア
大型犬なみの運動量を誇るのがこのジャックラッセルテリアではないでしょうか。
テリア特有の気性の激しさもありますがドッグスポーツなどをお考えの方は是非ご検討ください。

ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ
見た目が胴長短足で運動上手には見えませんがこのウェルシュ・コーギー・ペンブローグもジャックラッセルテリアと並ぶ運動量の豊富な犬です。
元々は牧羊犬としてかわれていたと聞くと納得できるのではないでしょうか。

パピヨン
宮廷犬として優雅なスタイルのパピヨンも運動量が豊富です。
パピヨンは頭が良くて運動能力が高いためアジリティーの常連となっています。


運動量が少ない犬

チワワ
CMでお馴染みのチワワも運動量が少なくて飼い方が比較的簡単な犬です。
小さいくせに物怖じしない性格がとても可愛いです。

シーズー
シーズーは元々中国の宮廷犬として飼われており愛玩犬としての歴史もあり、飼い方の簡単な犬種だと言われています。無駄吠えも少なく気性も優しいことから飼い主を引っ張りまわすこともないためシニア世代にはうってつけです。

パグ
パグもシーズーと同じく中国原産の犬です。
運動量が少ないので子供やお年寄りでも安心して散歩できます。


運動量が少ない犬種について
運動量が少ないからといって散歩の必要がないというわけではありません。
適度な運動はどの犬にとっても社会性を身につけることと動き回りたいというストレス発散のためにも少なからず必要です。
http://m-pro.org/%8e%94%82%a2%95%fb/



抜け毛の少ない室内犬

室内犬を飼うなら抜け毛が少ない方がいいですよね。
抜け毛の少ない室内犬をご紹介します。

トイプードル
一見するとくるくるした毛がすぐ抜け毛になりそうですが、意外にも一番抜け毛が少ないのがトイプードルだと思います。
元々は水辺の狩猟犬として飼われていたスタンダードプードルを小型化したものがトイプードルで綺麗にトリミングされたトイプードルは目を引く存在ではないでしょうか。

ヨークシャー・テリア
このヨークシャー・テリアも抜け毛が少ない犬として有名です。
テリア系の犬は気性の激しさを持ち合わせていますがヨークシャー・テリアは利口な犬なので子犬のころにしっかりとしたしつけをすることで社会性を身につけてくれます。

パピヨン
蝶のような耳を持つパピヨンも抜け毛が少ない犬種です。
フランスの宮廷犬として飼われておりしつけのし易さもあり小さくてもアジリティなどで活躍しているパピヨンも多いと思います。

マルチーズ
真っ白な外見が印象的なマルチーズも抜け毛が少ない犬です。
小型犬の中でも性格が温厚で飼い方も比較的簡単だと言われています。
ブラッシングはこまめにしてあげることが望ましいです。

ミニチュア・シュナウザー
ふさふさの口ひげが生えたような顔つきをしたミニチュア・シュナウザーも抜け毛が少ないです。
運動量が豊富で活発な犬ですので子供さんらの相手にはぴったりかもしれません。


私は最初に毛の短い犬の毛が抜けにくく、長い毛の犬の方が抜け易いと勘違いしておりましたがまったく逆で長い毛の犬の方が抜けにくいようです。

飼い方として抜け毛は少なくて部屋の掃除は楽ですが、ブラッシングの手間とトリミングの費用がかかることをお忘れなく。
http://m-pro.org/%8e%94%82%a2%95%fb/